【科捜研の女 season21】感想 まとめ

科捜研の女
科捜研の女
スポンサーリンク

最終回後に振り返っての感想まとめです。
各話のサブタイトルに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ移動できます。
各話の下についている星は、話の個人的評価です。
★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。
本当に超個人的な点数表なので、何の役にも立ちませんが何かの目安にでもなれば幸いです。

「前と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、
そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




第1話 榊マリコの選択
★★★☆
ゲスト:渡辺いっけい、沢城みゆき、田邊和也、東山龍平、松本海希、中村凜太郎
マリコさんの選択や如何に。わかりきってはいるけれど?
トレンディー!


第2話 殺人を消毒する女
★★★☆
ゲスト:佐津川愛美、谷田歩、奥山かずさ、瑛蓮、泉川実穂、奥田ワレタ、竹下健人、森口幸音
科学は人の心を掬って救うかも話。
劇場版からは秦さんが登場。でも扱いひどくない!?


第3話 マリコのラーメン大作戦
★★★
ゲスト:松尾諭、兵頭功海、智順、西ノ園達大、や乃えいじ、伊島空、三角園直樹、U.K.
ラーメン回、ではなくアプリ回。
カモン、マッチョ!


第4話 マリコの靴みがき
★★
ゲスト:音月桂、ダンカン、阿部亮平、村崎真彩、山本志づ世、梅林亮太、吉田輝生、湯浅崇、栗田倫太郎
靴みがき職人回。
人情話のはず、たぶん……


第5話 殺しのエチュード
★★★★
ゲスト:崎山つばさ、山岸門人、渋谷飛鳥、川野直輝、峰蘭太郎、楠見薫、ミルタ、まつむら眞弓
ピアニスト回。
才能が全て。ピアニストはクソ!


第6話 マリコVS鑑定王子
★★★★
ゲスト:元木聖也、生田智子、町井祥真、岩井拳士朗、松木賢三、中道裕子、桑原良二、町野あかり
仏像回。
宇宙の神秘としいたけ!


第7話 犯人オーディション
★★☆
ゲスト:佐野岳、松島庄汰、斉藤陽一郎、川野快晴、岡部尚子、清水学、祐楽、加藤千果、松原由希子、西川すばる、澤田佳波、小山紗愛
イケメンアイドル回。
干し芋が可哀想だよ!


第8話 マリコVS殺人AI
★★★★
ゲスト:美村里江、近江谷太朗、小日向星一、野田晋市、田中沙依、渡辺佑登
vsAI回その1。
ミステリとしても面白い回。


第9話 衝撃…マリコVS科捜研!!
★★★★
ゲスト:長嶋一茂、宮本真希、山崎一、小島梨里杏、松澤一之、大林素子、西尾塁、寒川綾奈、粕谷吉洋、我妻三輪子
科捜研アベンジャーズ回。
劇場版から宮前元所長が登場。嫌な予感!!!!!


第10話 新春かくし芸鑑定
★★★
ゲスト:林家正蔵、高橋かおり、吉住、伊庭剛、小堀正博、満腹満、三宅唯真
かくし芸回。
ネタ部分が粗い。


第11話 デジタル舞子殺人事件
★★★☆
ゲスト:川津明日香、三澤紗千香、南圭介、野島透也、佐渡山順久、村角ダイチ
デジタル舞子回。
ネタ回かと思いきや、しっとり演出をお楽しみください。


第12話 女優コート殺人事件
★★
ゲスト:藤真利子、桃月なしこ、染野有来、篠原真衣、奥田ワレタ、しまずい香奈、柴田善行
ブランドすげー&サブスクも悪くないよね回。
風丘先生はいい人。


第13話 マリコのソロキャンプ
★★
ゲスト:斉木しげる、藤田富、小林万里子、市瀬由宇、竹田和哲、山西規喜、大脇あかね
ソロキャンプ回。
なんか印象に残らない回だったんだよな……


第14話 復讐する臓器
★★★★
ゲスト:橋本じゅん、遊井亮子、潤浩、柳美稀、浅野彰一、石田剛太、奥井隆一、諏訪雅、折目真穂
イショク(移植・異色)回。
記憶は細胞にも宿るのか?


第15話 救助犬ゾイ
★★
ゲスト:奥野壮、里々佳、平岡秀幸、宇仁菅真、尾本祐菜、辻葉子
救助犬回。
ゾイかわいい。


第16話 マリコ先生の実験教室
★★★
ゲスト:三浦涼介、大島さと子、千原せいじ、石田登星、芹沢凛、吉田鼓太良、松本和真、岡嶋秀昭、行澤孝
呂太くん回&小学校回。
あの科学クラブの子たちは、科学バカになれるだろうか?


第17話 マリコのジビエデート
★★★☆
ゲスト:藤井隆、梶原ひかり、山田明郷、野添義弘、小松利昌、安澤千草、佐々木誠
ドモマリ(どもマリではない)ジビエデート回。
マリコさんは人の噂を気にしない人……?


最終回 マリコ、最後の事件…衝撃ラスト
★★★★☆
ゲスト:美村里江、久保田悠来、柾木玲弥、藤田宗久、宮田圭子、安永稔、松代沙織、田辺ひと心、大島守人、宮地雅子、小野武彦(声の出演)
vsAIその2。
マリコさんは永遠に。


【劇場版】
【ネタバレあり】『科捜研の女』劇場版のBlu-rayを買ったので、感想を書いたよ。
劇場版。
ディスクでの鑑賞のお供や、配信視聴する際の一助にでもなれば。



雑すぎる雑感

 最終回の感想でも書きましたが、公式からの発表もないのに現時点ではゴシップにすぎない週刊誌報道を真に受けて騒ぐファンも嫌いだし、それを利用して煽る公式の宣伝も嫌いです。どっちも同じぐらい嫌い。
 なので私は、まず何より「面白いS21をありがとう」と言いたい。
 マンネリしてるかもしれない。それでも、その中でも変化をもたらそうと様々な工夫をこらす『科捜研』スタッフや演者の皆さんが大好きだ。
 それが劇場版から最終回まで、ずっと続いていたから、私は「ありがとう」と言いたい。

 もしかしたらまた会えるかもしれないし、もう会えないかもしれない。
 どちらになろうとも、私は受け入れる所存です。
 別に聞き分けの良いファンでありたいとかじゃなく、ただただ、この最終回後の多幸感を汚したくないんだ。
 マリコさんたちは、少なくとも私の中にたくさん大切なものを残してくれた。そう実感できるから、余計な感情でその思い出も思いも汚したくない。
 個人的なゴシップへの思いを語るなら、こんな感じです。
 本当に木曜ミステリー枠が無くなるならとてもとても悲しくて寂しいけど、それでも私の中には大切なものがたくさん残ったから、まず言う言葉は「ありがとう」でありたい。そういうことです。


 S21。
 23年間。
 そんな途方も無い数字を積み重ねてきたマリコさん、いや沢口靖子さんと、他キャストの皆様、スタッフの皆様に、ただただ感謝しかありません。
 願わくば、またいつかどこかでお会いできますように。
 本当に、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました