【警視庁・捜査一課長】感想 まとめ

警視庁・捜査一課長
スポンサーリンク

『警視庁・捜査一課長 season2』まとめへ→


サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「前と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




第1話 終着駅同時殺人!? 捜査範囲は路線全域!! セレブ妻vs680円のブラウス女、サバ塩焼きのアリバイトリック
★★★
ゲスト:賀来千香子、榊原郁恵、岡田浩暉、石橋保、野村宏伸、蛭子能収
簡単あらすじ:武蔵野線と京葉線はマイナー路線。
萌えor笑い所:土ワイ時代からのお約束の再確認。
真面目に一言:これ、最終的にどういう罪で起訴するつもりなんだろう。


第2話 殺す相手を間違えた女!? 高尾山~新宿50キロ瞬間移動トリック!!
★★
ゲスト:矢田亜希子、石橋けい、神尾佑、浜田学、一柳みる
簡単あらすじ:高尾山と新宿区が舞台だけど、別に京王線は関係してません。
萌えor笑い所:凶器見せられて飛び退く大福
真面目に一言:正直者が馬鹿を見る、でも馬鹿をやるのが正直者とは限らない。


第3話 誰かが誘拐された!? 空飛ぶ3000万円と伸縮する東京タワーの謎
★★☆
ゲスト:大路恵美、林泰文、小野了
簡単あらすじ:盗みも誘拐ももちろん殺人も、いい結果は引き起こしません。
萌えor笑い所:ヤマさんの腹パン
真面目に一言:スカイツリーより東京タワーの方が、東京のシンボルっぽいよねぇ。


第4話 潮干狩り中の留守宅殺人!? 神津島から180キロ移動した死体の謎
★★★
ゲスト:遊井亮子、池内万作
簡単あらすじ:お台場で潮干狩り!
萌えor笑い所:皆が潮干狩りに毒されてる……
真面目に一言:家族は仲良しが一番ですよね。


第5話 妻が空から降ってきた!? 殺害場所のない死体とワンピースの謎
★★
ゲスト:中山忍、舟木幸、寺田千穂、大浦龍宇一
簡単あらすじ:一課長! 空からご遺体が!
萌えor笑い所:時代は肩ポン
真面目に一言:俺の忍はやっぱり薄幸


第6話 虹色に輝く死体!? 美人妻に裏の顔…1500万円強奪トリック!!
★★★☆
ゲスト:若村麻由美、山中聡、井田國彦
簡単あらすじ:一課長! 七色に光るご遺体が!
萌えor笑い所:ラメはぶっかけたり押収したりするもの。
真面目に一言:若村さんの演技力を堪能してください。


第7話 遺産100億円の富豪殺人!! アリバイ作りにもう一人殺した女!?
★★★
ゲスト:洞口依子、羽場裕一、三輪ひとみ、湯江健幸
簡単あらすじ:刑事さんたちが東京隠れ観光名所を巡るはめになったのは、全部クズのせい。
萌えor笑い所:ヤマさんが大福好きすぎ。
真面目に一言:羽場裕一さんの演技をご堪能ください。


第8話 死を呼ぶ結婚招待状~代理出席を頼んで殺した花嫁の父!?
★★☆
ゲスト:渡辺徹、石川梨華、古村比呂、野村真美
簡単あらすじ:父親って大変。
萌えor笑い所:壁ドンにするべきか、ホタルコントにすべきか。
真面目に一言:しょうがないってなんだよ!


第9話 夫を殺された女医が復讐…犯人を蘇生して2度殺す心臓手術!?
★★☆
ゲスト:紺野まひる、前田耕陽
簡単あらすじ:世の中は理不尽ばかりですけど、殺人はダメです。
萌えor笑い所:人間ピラミッドのポーズ!
真面目に一言:蕎麦を探した果てがあのクズ奥さんですよ。


第10話 最終章! 殺人事件の凶器をネットオークションに出品する女!?
★★☆
ゲスト:笛木優子、風見しんご、三津谷葉子、比留間由哲
簡単あらすじ:結局全ては人間のせい。
萌えor笑い所:ネタといえば、全部がネタではあった。
真面目に一言:全体的に何をどこまで言っていいのかわかんない……


最終回 さらば大岩一課長…暴かれた衝撃の過去! 冤罪で服役した母娘が復讐!? 180年前の浮世絵に描かれたスカイツリーと連続殺人の謎
★★★☆
ゲスト:清水美沙、伊達みきお(サンドウィッチマン)、ジュディ・オング
簡単あらすじ:ジャンプ黄金期の最終回展開。
萌えor笑い所:色々あるけど、選ぶなら大福から一課長への遠回りな告白。
真面目に一言:みんな大岩一課長好きだな。




大岩一課長
少なくとも「等身大」ではないよなー、と思いながら観てました。途中から「タチ悪い」呼ばわりしてて申し訳ない。
でも、意図せずぽろっとその言葉が漏れたときから、正直自分からはすごく遠い存在だなと思ってた大岩一課長が、少し身近に感じられるようになりました。自分の少ない語彙の中で、一番しっくりきたのがコレだったんです。なので別に悪意あって「タチ悪い」と言ってるわけではありません。悪いのは私のボキャブラリー不足。……いや、嘘ついた。ちょっとだけ悪意はある。でも嫌いとかじゃないんです、好きなんです。
今度お会いできるときまでには、もう少し語彙を増やしておきます。お約束します。


ヤマさん
メイン3人の中で一番良心的だと思ってます。身近というか、いてくれそう。
私はあまりドラマの衣装チェックとかしないんですけど(そこまで気が回らない)、それを反省したくなるぐらい毎回素敵なファッションでした。
もちろん、ヤマさんのキャラも素敵。大福との掛け合いだけじゃなく、要所要所で決めて最後にバーン! と大演説かましてるところとか熱かった。
私は肩ポン派なので、またお会いするときには是非またやってください。胸がきゅんとします。壁ドンはなしで。


大福
単独特攻担当。ああいう人が友達にいたら楽しそうだな、と思うんだけど、たぶん大福は私のことを「友達にはちょっと……」とか言いそうなんで、餌付けするために大岩一課長に大福買ってるお店の場所を聞き出すところから始めたいと思います。それすら遠い道のりだ。
感想でも書いたけど、最終回の大福が全体的にかわいくてどうしてくれようかと思った。すごくツボでした。それ以外でも、自由奔放でかわいくてホント好き。煽りのスキルを教わりたい。ホント好きだ。これしか出てこない。


笹川刑事部長
存在感がオカルト。
……この一言でもいいかな、ってぐらいの気持ちです。もう色々とツッコんだら負けの部類。ズルいわ。


天笠くん
「真面目な所帯持ち」ってだけで好感度ヤバいよな。奥さんの手料理(煮物以外で結構です)食わせてくれ。
なんか着々と役立っていくので、本当に「さよなら天笠くん」になりそうで……たまにヤマさんに腹パン食らってるぐらいがちょうどいいのかもしれない。でも頑張ってほしい。大好きです。


武藤さん
大福もぐもぐ餌付け。
だけってわけじゃない。基本的に真面目だし堅実な仕事しかしないので、私のような不真面目な輩だとあまり言及できないんですが、彼がいなかったら詰みだった話もたくさんある。このドラマは捜査員大捜索がメインなので、あくまでサポート役になっちゃうのがアレだけど、好きです。


野口さん
準レギュラー的立ち位置ですけど、ほぼ毎回出てたかな? 出てない話を数えた方が早いかな。
10話の取調室での説教とか、「ああ、この人は良心的だ」と思うシーンがたくさんあってよかったです。個人的に一番覚えてるのは、3話ラストで大岩一課長の隣で思い切り苦笑してる野口さん。そうだよなぁ。


小春さん
良妻賢母すぎて「ファンタジーだよなー」って思うけど、春菜ちゃんとの思い出を語ってたり、大岩さんへの気持ちがふっと現れるところとか、大好きです。「裏で全ての糸を引いてるのは小春さん」説、私はまだ諦めてません。冗談です。


ビビちゃん
いつもカメラを睨んでた超立役者。もはやこの世界はビビちゃんのためにあると言っても過言ではない。
スイカは……食べちゃダメだと思う、たぶん。



これはしれーっとまた土ワイに戻るのか、或いは木ミスとして定着するのか。
定着すると、1年の半分から3分の2ぐらいは木ミス枠に出ずっぱりになりそうな方が2人ほどいらっしゃるので、土ワイに戻るのかな。
どっちにせよ、私はまた皆さんにお会いできるならなんでもいいです。
正直に言えば事件そのものには結構な割合で「ねーよ!」と思ってたしツッコんでもいたけど、それでもいいかなーぐらいに思えるようになりました。もうみんな大好きだ。

ひねくれた視聴者なもんで、ツッコむのもセットで非常に楽しく視聴しておりました。もう本当、ずっときゃーきゃー言ってるだけだった。こういうノリも、たまには悪くないです。

そんなわけで、3ヶ月間本当にありがとうございました!



タイトルとURLをコピーしました