【警視庁捜査一課9係 season10】感想 まとめ

警視庁捜査一課9係
スポンサーリンク

←『警視庁捜査一課9係 season9』まとめへ | 『警視庁捜査一課9係 season11』まとめへ→


サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「前と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




CASE.1 空飛ぶ花嫁 -危険ドラッグ殺人事件-
★★★
ゲスト:清水美沙、駿河太郎、小林稔侍
笑えるシーン:笑えるっつーか、『9係』ワールドじゃ花嫁衣装はもう呪いの衣装だよな。
真面目な見所:警視総監と顔合わせ


CASE.2 殺しのレシピ
★★☆
ゲスト:古手川祐子、里久鳴祐果、萩尾みどり
笑えるシーン:お料理係長
真面目な見所:毒親ってやーね。


CASE.3 伝説の鑑識
★★☆
ゲスト:伊東四朗、遊井亮子、有薗芳記、伊東孝明、怜果
笑えるシーン:青ちゃんキック
真面目な見所:猪狩さん全般


CASE.4 おいしい死体
★★★☆
ゲスト:釈由美子、中西良太
笑えるシーン:半裸男の亀甲縛りなんて誰が見たがるんだよ
真面目な見所:コロッケ見立て殺人は本邦初やろなぁ。


CASE.5 嘘つき女殺人
★★★☆
ゲスト:国広富之、吉岡里帆、せんだみつお
笑えるシーン「タバクル?」からの係長パンチ。
真面目な見所:係長の激おこ


CASE.6 完全犯罪理論
★★★
ゲスト:津川雅彦、塩野谷正幸、渡辺梓、松下恵
笑えるシーン:あえて言うなら「あなたってとっても優秀な中間管理職になりそう」
真面目な見所『9係』らしからぬ雰囲気


CASE.7 殺人シナリオ
★★
ゲスト:橋爪遼、賀集利樹、赤塚真人、大谷英子
笑えるシーン:頑張れカガジョー。
真面目な見所:頭を打ったらすぐ病院へ!


CASE.8 3つの捜査線
★★☆
ゲスト:蟹江一平
笑えるシーン:アンチエイジングが必要な小宮山さん by係長
真面目な見所:真実は、いつもひとつ!


CASE.9 四角い死体
★☆
ゲスト:宮本真希、本宮泰風、青柳尊哉
笑えるシーン:エスパー青柳とイケメン係長(似顔絵)
真面目な見所:入水自殺は苦しいよ。



LAST CASE 殺意の香り
★★★
ゲスト:高橋光臣、清水章吾、古村比呂、松本実、内野謙太
笑えるシーン「青ちゃんですけど」
真面目な見所:浅輪さん、おめでとう!




というわけで、アニバーサリーシーズンでしたが人間関係には特に変更なし。
最後に係長が浅輪さんにプロポーズの許可したぐらいですか。
新しく入った警視総監や関口麗子生活安全部長を、上手いこと使えてたかっていうと微妙だしな……特に警視総監。
事件的にも面白かったのは少なかったし、ちょっと微妙なシーズンだったかも。

だからこそ、また皆さんの濃ゆい掛け合いを見たいのですよ。
なんだったらシーズン3並みに人間関係オンリー(でもなかったけど)のシーズンをやってくださってもよろしくってよ!

まあよくよく考えれば、係長と倫子ちゃんの親子問題、妙子さんと早苗ちゃんのパートナー問題は大体解決しちゃってて、あとは村瀬さんと小宮山さん、浅輪さんと倫子ちゃんがどーするかってだけだから、プライベート話やりづらいのはよくわかるんですけども。
でも! 私たちが『9係』に求めてるのは! ぶっちゃけ事件じゃなくてプライベートでしょ? キャラの掛け合いでしょ?
そこは大事にしていただきたい。いやマジで。

っていうかラストの展開、これ、「またスペシャルやりますよ」フラグですよね?
次回、パリロケから始めないと許さないよ?
よろしくどうぞぉー!

また皆さんにお会いできることを願って。それまで、アニバーサリーブックを眺めながら気長にお待ちしております。

3ヶ月間、ありがとうございました!



タイトルとURLをコピーしました