【警視庁捜査一課9係 season10】第6話 感想

警視庁捜査一課9係
スポンサーリンク

CASE.6 完全犯罪理論

ゲスト:津川雅彦、塩野谷正幸、渡辺梓、松下恵

脚本:深沢正樹
監督:長谷川康


みんな、アニバーサリーブックはもう買ったかな?
グラビア・インタビュー・撮影秘話・オリジナル小説も読んだかな?
どれも読み応えあって楽しいよ! 是非是非買ってね!

はいここまで宣伝。

今回。





◆警視総監も係長も剣道の達人。
相手にしたくないな……特に係長。いや、係長を相手にするつもりも予定もないんですけど。


◆やっぱり係長が人を殺したいと思った時って、倫子ちゃん誘拐の時とかだろうか……
そんなことを思うのでした。あの時の係長(2回)は怖かったもんな。


◆初っ端から言い争っている村瀬さんと青柳さん、何やってんだと思ったら自殺か他殺かを言った言わないで争ってたらしい。何やってだ。
パソコンで製作したような遺書は大体偽物だという村瀬さんは、たぶん2サスか刑事ドラマの見過ぎだ。そろそろそんなこと言ってられなくなる時代が来るぞ。いやマジな話で。


◆キープアウトテープを矢沢さんの首に引っ掛ける青柳さんは危ないからやめてあげて!


◆今回の小宮山さんから村瀬さんへの「気持ち悪い」推しはちょっと見てて可哀想だった。が、まあカッコつけてる村瀬さんも村瀬さんだと言えなくはない。
でも結婚には絶望しないほうがいいよ、小宮山さん。私が言うのもなんだけど。


◆小宮山「あなたってとっても優秀な中間管理職になりそう」
もう既になってる気がするが。私の気のせいか。


◆まあ確かに、毒入りコーヒーでの事件の捜査中にコーヒー出されても飲みたくないよなーとかなんとかかんとか。青柳さんと矢沢さんじゃなくても。


◆野良猫の遺体って勝手に処分していいんだっけ。
埋めてあげられる矢沢さんは優しいとは思うんだけれど。


◆ロッジに来る係長が変に身軽、というと失礼だけどそうだったからちょっとワロタw いやなんかツボに入っちゃって。


「事実を事実として捉える。真実を隠したり、真実を曲げたり出来ません。その程度の男です」
係長△! 係長△! ネクタイ引き抜きとかカコヨス!


◆係長の椅子に座ってた青ちゃん、ハンカチでさっさっと叩いてたけどあれだと逆に失礼に当たらん? 大丈夫?
いや、そんなことで怒る係長じゃないけどさ。


◆「倫子ちゃん」って聞いただけで敏感に反応する係長……なんでこう、もっとさぁ!(何)
倫子ちゃんのケーキがどんどん進化している気がする。美味そうだし綺麗だったよな、あのショコラケーキ。誰が作ってんだろ(スタッフ的な意味で)。
で、倫子ちゃんっていうか中越さん、若干声枯れてたよな。というかしょっちゅう枯れてる気がする。大丈夫かな。


◆獣医じゃない早瀬川先生ご立腹。助手の人いい人だな。あそこで「僕、やりましょうか?」ってなかなか言えないよ。



もし被害者が、コーヒーを全て飲み干していたら、窓を閉めていたら、野良猫がコーヒーを舐めなかったら……完全犯罪は実証されたかもしれんのね。そう考えると、やっぱり完全犯罪はないのだね。
しかしいくら自分の理論を証明するためとはいえ、自殺かぁ……北田さん嫌いだったのはマジだったっぽいな。

思ったんだけど、毒物だのなんだの売ってる「アダム企画」はぶっ叩いておかなくてもいいのかな。いつもだったらついでに青ちゃん・矢沢さん辺りがアダム企画の本体引きずり出してぶっ叩いてそうな感じもするが。
そこらへんもいつもとは違った雰囲気を感じた理由なのかな。それともこれから、また出るのかなぁ。

北田さんはこれで完全退場かしら。もう出しようがないかぁ。

まあ私なんぞが言うまでもなくいつもの『9係』とは全然違った雰囲気・作風だったわけですが、コレはコレでありっつーかまあいつもこれだったら嫌だし困るけど1回ぐらいはあってもいいかなみたいな。そんな感じ。積極的には褒められないけど、みたいな。
ただし、夏クールにやられてたらマジで被害者の粘着質な性質がホラーにしか見えなかっただろうから、春クールで正解だったとは思うんだけど。


次週!

おなじみ撮影所回。早苗ちゃんが出るよ! お楽しみに!
なんか早苗ちゃんを見るとホッとするのは私だけでしょうか。矢沢家が一番見ててホッとする。

そんなこんなで、次週にも期待! しておりますよっ。


ちなみにアニバーサリーブックの書き下ろしスピンオフ小説なんですけど、私的には「その前後を読みたいんですけどぉぉぉおぉおおおお!」なところで終わりました。えっ、これはスピンオフ小説書籍化フラグだったりしないの? ねぇねぇしないの? ねぇ!

タイトルとURLをコピーしました