【警視庁捜査一課9係 season10】第7話 感想

警視庁捜査一課9係
スポンサーリンク

CASE.7 殺人シナリオ

ゲスト:橋爪遼、賀集利樹、赤塚真人、大谷英子

脚本:岡崎由紀子
監督:細川光信


アニバーサリーブック最大の見所は、たぶん全部。インタビューもグラビアもセット写真もエピソードガイドもスピンオフ小説もその他諸々のデータもいい感じ。是非是非買ってね。

ということで、今回!

一番罪深いのは、結局誰なのさ!

ってなわけで、感想いってみよう!





◆浅輪さん、小説とか読むんだな……係長も流行りの小説とか読むんだな……しかも「カガジョー」ぐらいはわかるんだな……芸能ネタ疎いかと思ってたけど……
いや、他意はないよ他意は。


「それ(事件・事故の可能性)を調べるのはそちらの仕事でしょ」
それに揃って「はい」「すみません」って頭下げてる係長と浅輪さんがかわいい。
某横浜の解剖医さんもこれぐらいの謙虚さを持てばなぁ。いや、足して2で割ればちょうどいいのか。


◆自分が小説を読んでない上に興味ないからって、「事件の話しようよ!」って駄々っ子みたいだよ青ちゃん。言ってることは正しいんだけども。


◆いくら撮影所回だからって無駄にクレーン使ってぐわーっと空撮もどきやらなくてもいいだろ! いい加減にしろ! いやいいけど! 別にいいけど! 大好きだけどねこういうの!


「僕、青柳です」
ぼ、僕……?
で、安定の警察手帳出さない青ちゃん。知ってた。


◆係長が現場でカケラ探してる時の音楽、なんかカッコいい。ラテンっぽいというか。


◆嬉しそうに竹光の説明をする浅輪さん、映画好きだったりするんだろうか。


◆色々残念なカガジョー。
×さつじん ○たて
×暖房   ○冷房
×浴衣の合わせ反対
青ちゃんに励まされるってよっぽどだよ。頑張れカガジョー。


◆早苗ちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ちょっとだけどキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 『Little Love』が次のアニメ化作品ですか。
ホント、元気な早苗ちゃんを見るとほっとする。
でも早苗ちゃんがおめかしすると矢沢さんが激おこぷんぷん丸になるから、早苗ちゃんはそのオーバーオール姿でいいと思います。似合ってるし。


◆係長が構えが中段だの下段だの気づいたのは、やはり係長が剣道やってたからか。


◆係長の声ってすげーよく通るなぁ(大部屋での「失礼しまーす!」)。さすがというべきかなんというか。
浅輪さんに「見立て通り」だって言われた時の係長のさりげないサムズアップはちょっとワロタw 得意げになる係長かわいいよ係長。


◆早苗ちゃんの推理、あたーりぃぃぃぃぃぃ
日本最大級のオークションサイトって、つまりギガオク=ヤフオクだな。最低だな。


◆浅輪さんの両目の視力は2.0。
「これ僕、何度も言ってますからね」
どうやら視力の良さは彼のアイデンティティらしい。羨ましい。


◆なんで係長、ゴルフのスイングしてんの?


◆美術品の密輸犯まで抱え込んでた丸映撮影所最低だな。これ、ギガオクさんと今回の事件(事故に限りなく近いが)と合わせたら映画流れるだろうなぁ。(作中では)すげーカネかけてそうなのに。勿体ねー。


◆今回の警視総監はなんで出てきたのか、ちょっとコメントに困るレベル。早苗ちゃんよりコメントに困る。


◆雑誌買ってきた順番は早瀬川先生→小宮山主任→村瀬さん。
「お前その本返して来い」って青柳さんに言われてて、村瀬さん(´・ω・)カワイソス
でも被害者たちの夢は報われてたんだなぁ。それだけはこの事件の救い。



「頭を打った方はすぐ病院へ!」(某メンタルクリニック漫画風に)

そうじゃないと、今回みたいな殺意のない悲しい殺人事件が起きてしまいますよ。で、実際はこの加害者はどういう罪を問われるのだろう。過失致死罪?

なんか係長が最後に慰めなんだかよくわかんないことを言ってたけど、たぶん被害者がツボを拾わずに帰ったのは頭打ったショックと、階段から落っこちた後にたまたまギガオクさんに見つかったからだと思うんだけど私だけでしょうか。これ言ったらすげー色々と台無しになりそうだけど、そう思っちゃったのでそう書いておきます。


次回!

同時多発殺人に分断される9係、って面白そうだな!
次回も期待! しておりますよっ。

タイトルとURLをコピーしました