【警視庁捜査一課9係 season10】第9話 感想

警視庁捜査一課9係
スポンサーリンク

CASE.9 四角い死体

ゲスト:宮本真希、本宮泰風、青柳尊哉

脚本:岡崎由紀子
監督:新村良二


最終回は7月1日! 早けりゃ夏ドラ始まってる時期に最終回……!
なんだかんだで10回見られるのは嬉しいけどね!

で、いい加減皆アニバーサリーブックは(ry)

今回。





要するに今回の話って、「鑑識働け!」って話だろ?
めくれてたカーペットについてた跡とか吸い殻とかストールとか、鑑識が発見しておけば別に9係が苦労する必要もなかったような。
山梨だの横浜だの城ヶ島だの色々飛んでましたが、それに見合う話だったかどうかは……
こういうあからさますぎるポンコツがいる話だと一気に萎えるので、なんか簡易で。


◆みんなを部屋から追い出して、被害者の調査資料調べてる青ちゃんと矢沢さんあくどい。ついでに山梨行く行かないでじゃんけんして勝ってよっしゃ!してる矢沢さんかわいい。


◆係長の「なんとなく」はいつものことだろうに、めっちゃ引っかかってる浅輪さんどうした。ご機嫌斜めか。


◆入水自殺は苦しいから……やめた方がいいよ……(´・ω・`)


◆村瀬さん総スルーとか、その他諸々そういうイジリは正直ホントにいい加減笑えないからやめてもらえないかなぁ。やめてもらえないんだろうなぁ。


◆係長も一応、「自分をイケメンに描いてもらえて嬉しい」みたいな男心みたいなのはあるんだな……そうか、係長も男だもんな……(何)
確かに実物よりイケメンになっている似顔絵。それができる工程での浅輪さんの百面相。ニヤニヤしている係長かわいいな。


◆エスパー伊東ならぬエスパー青柳が来るぞぉ! 気をつけろぉ!
いやぁ、人ってスーツケースに入るものなんですね。いくら小柄とはいえ、体柔らかいな、青ちゃん。
そのまま普通に捜査会議してる9係の皆さんが好き。


◆女性に力技は無理だよな、ってことで共犯者を疑うなら、いくら不意打ちでもテレピン油をかがせるときも抵抗されて無理なんじゃね、って思うんだけどどうだろう。


◆絵を大事そうに飾ってる係長とその絵に、色々ごちゃごちゃ言う9係メンバーはかわいいな。
矢沢「ちょっといい男に描き過ぎじゃないですか」
小宮山「イケメンのイタリア人みたい」
青柳「遺影にするつもりなんじゃないのか」
村瀬「イタリア人の遺影ってw」
お前ら酷いなー。特に後者2人。遺影って。洒落にならんからやめなさい。


次回!


警察官の正義のお話? 警視総監も登場するぞ!
倫子ちゃんが9係部屋に来た! 初めてだっけ?
どんな最終回になるんだべ!

次回も期待しておりますよっ。

タイトルとURLをコピーしました