【警視庁捜査一課9係 season10】第1話 感想

警視庁捜査一課9係
スポンサーリンク

CASE.1 空飛ぶ花嫁 -危険ドラッグ殺人事件-

ゲスト:清水美沙、駿河太郎、小林稔侍

脚本:深沢正樹
監督:杉村六郎


10周年を記念して番組オリジナルグッズが初登場!

お、おう……なんだこの絶妙な「これじゃねーよね」感……いや、グッズが出たのは素直に喜ばしいことなんですが。これからじゃんじゃん出してくださって構わないのよ。

今回!

諸手を上げて褒める出来じゃなかったにせよ、『9係』の皆さんが帰ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! なワクワクは十分味わえましたですよ。

ってなわけで、今回の感想へ!





◆早回し空撮に9係を感じたらあなたも『9係』マニア。


◆冒頭から熱血稔侍。ありゃ年が年で状態が状態なら血管が切れる。
しかし前期『出入禁止の女』で滑舌怪しくなったかなーと思ってたのは払拭されててよかったです。


◆青柳さんのくしゃみは矢沢さんに。いっきし!
そんな青柳さん、悪魔の尻尾似合うなー色んな意味で。


◆だからストーカー=壁に写真ベタベタの構図はやめろ!
あと瞳に直接人物映す演出やめろ怖いから! 橋本監督か!


「お前は気にするな。なーんにも気にするな」
青柳さん、村瀬さんを挑発するの本当に好きだね。


「お前みたいなクズ野郎、この世から消す方法ねぇかなぁ!」
警察官として言っていい台詞じゃねーだろ青ちゃん。それでも言っちゃうのが青ちゃんだけど。そこが好きだよ。


◆欲と色。なるほどねー(by小宮山主任)


◆係長が撃たれた時の、青ちゃんの「おい生きてんだろ―な」が一番心配してるっぽくて好き。


◆他の刑事ドラマだとあまり変わらないけど、『9係』世界だとコロコロ変わるよな、刑事部長。これで何代目だ?
今回の刑事部長は一旦は「承服しかねます」って言ってくれたから、いい人っぽいけど。


◆係長が撃たれたのは4月15日。


「言う前から失礼な感じじゃねぇか?」
それは言いがかりじゃねぇかなぁ、青ちゃん。


◆いちいち煽る青ちゃんに、関口麗子生活安全部長が「立場わきまえろボケナス」(意訳)っつーたら静かにキレる青ちゃん。
「わきまえた上で言わせてもらいますが、大目に見てくれと頼んだ覚えはありませんが!」
この破滅感が青ちゃんの、ひいては青ちゃん・妙子さんカップルの魅力よ。


◆敢えて大人しく引くことで、メンバーを煽る(というと語弊があるけど)係長の有能さよ。
「あーあ。係長の弔い合戦になっちまったよ。死んだも同然だよ」
青ちゃん口が過ぎるな。そのくせ何も考えてないし。大丈夫か。


◆犬と戯れる青ちゃん。
で、顔を覚えてるのかどうなのか外す目撃者のオッチャンが良いキャラしてました。


◆出身地の話なんかで盛り上がっちゃったら、なんかちょっと私も勘違いしちゃうかもしれない。ストーカーまではしないけど。


◆寝てる(考え事未遂)の小宮山主任の肩を気軽にポンポンできるようになった村瀬さんを見て、なんつーか時の流れを感じる。「寝てんの?」って。


◆真澄先生、重要な報告すら(だから?)青ちゃんを避ける。
優先度は小宮山さんが一番か、やっぱり。


◆係長の意図に気づく辺り、9係のメンバーもクセモノだよねって思うです。素直じゃないヤツらばっかり。浅輪さんもアレな部類になりつつある。


◆捜査本部でカッコいい小宮山さんの後ろで笑える男性陣。ドアから顔だけ出して覗く村瀬さん、「ウップス!」とピースサインする青ちゃんに止める矢沢さん。もっと頑張れ男性陣!


◆警視総監が9係皆のデータ(警察手帳の写真が並んでるアレ)を見てるところ、なんか羨ましかった。なんか係長だけ最近撮ったかのような写真な気がしたが気のせいか。気のせいだな。


◆わざわざ夜中に来る病室に見舞いに来る政治家とか嫌だな……いくら昔の上司だからって……


「父が入院してるんです! どうして(入れないん)ですか! 家族なんですよ!」
倫子ちゃんがここまで言えるようになったなんて……! (´;ω;`)ウッ…
反省してるけど退院もする、そんな父親を止める倫子ちゃんが娘ですよ! 娘ですよ!(興奮して何を言っているかわからない)


◆上着を小宮山さんに預ける係長がなんかこう、いいね。
そしてコーヒー一口飲んだだけで妙子さんが猫舌かどうかわかる係長ェ……


◆直感的に拳銃がきな臭いとわかっていたのに詳細がわかってないから何も考えてないとバレて、矢沢さんと上下関係が逆転してる青ちゃんェ……
「手帳持ってこい!」
「あ、はい」



◆でも、わかった情報を係長に上げるのはなんら間違ってないと思うよ、小宮山主任。
ということで、喧嘩っ早い(刺し違える覚悟を持ってる)小宮山主任と慎重(逃げ腰)な村瀬さん。そんなんだからなんなんだろう。お互いに。


◆小宮山さんに上着を着せてもらってる係長が、係長が……おじいちゃ……


◆だけど引いて押してな係長流交渉術はさすが。そして信念も。
「我々警察官にとって、力は権力じゃない。正義です」


◆警察官が「この人、ことを大きくするから今のうちに吐いちゃわないとやばいよ」(意訳)って脅すなよw
「ウイ~」じゃねーよ青ちゃんに矢沢さんw そこが好きだけどさw


◆姿を隠すために抱き合うの、これで何度目だ青柳矢沢。


◆やっぱり関口部長、再度出るのかしらん。そんなフラグが立ってるよね、今のところ。


◆犯人の手とともに拳銃を蹴りあげて発砲を止めたのは浅輪さん、犯人の腹にパンチ入れたのは青柳さん、犯人を投げてとどめを刺したのは矢沢さん。ちなみに手錠をかけたのも浅輪さん。
村瀬さん、格闘戦ではいいところなし。まあ、致し方なし。


◆どうして『9係』ワールドではウェディングドレスは呪いの衣装なんだろう……
関わる人みんなが不幸になっていく。事件ドラマだからってこれは酷い。毎年のようにウェディングドレス関係者が不幸になる。コレは最早陰謀すら感じるレベル。


◆中西先生も再登場フラグを立てているが、同時に死亡フラグな気もしている自分がいる。


◆はしゃぐ倫子ちゃんかわいい。
パティシエになるため、努力してたのね倫子ちゃん。二次審査合格キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
浅輪さんの微妙な表情はどうしたんだべか。


◆村瀬さんは葉っぱフィナンシェがお好き。
青ちゃんさんも猫舌なので、ホットコーヒーには氷を入れたらちょうどいい。
そんな和気あいあいラストが、なんか「『9係』、始まったな!」って感じでいいですよね。



加納倫太郎、恐れられすぎ。
いやまあわかりますけど。クセモノですけど。それにしても大物キラーだな係長。まあ、大物キラーなのは9係全員か。対大物だと威力発揮しすぎ。

まずは顔合わせだけか>警視総監と係長
これから2人はどうなるんだべか。警視総監は準レギュらしいし、そんなにほいほい警視総監が出てくるとも思えないので、これからが楽しみっすな。
その時はまた、関口部長とかが再登場するのかな。

事件そのものはいつもの9係、に警察だの政治だの盛り込んだけど、やっぱりいつもの『9係』でなんか安心しました。ちょっとダレたけど、面白かったよ。

次回ぃぃぃぃぃ!


次回予告の「殺しのレシピ」って次回サブタイなので?
第4シリーズで「殺人レシピ」ってサブタイやっただろ! いい加減にしろ!

第2回にしてお料理係長キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
コンソメスープに込められた秘密って?
気になるぜコンチクショー!

ってなわけで、次回以降も期待! しておりますよっ。

タイトルとURLをコピーしました