【刑事110キロ】感想 まとめ

刑事110キロ
スポンサーリンク

『刑事110キロ シーズン2』まとめへ→


サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「前と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




第1話 殺人の過去を持つ女!! 新人刑事の型破り捜査
★★★
ゲスト:市原悦子、大熊ひろたか、中村彩実、原慎一
市原えっちゃんの力技でねじ伏せられた感じ。
ズルいよなあ。


第2話 祇園の芸妓に殺人の過去! 型破り捜査が暴く時差トリック!!
★★☆
ゲスト:羽場裕一、高野志穂、本田博太郎、中村高華
現代の刑事ドラマとは思えない、まさかの物証ゼロ。
そういや本田博太郎、絶対再登場するって思ったけどなかったな。


第3話 型破り刑事の大失態 京都の街を巻き込む禁断の捜査!!
★★★
ゲスト:東ちづる、加藤歩、嶋田久作、三浦浩一
錦織課長回。
このドラマっぽい感じで、なんか好き。


第4話 vs犯罪心理学の権威 完璧すぎる殺人トリックに挑む!!
★★★☆
ゲスト:辰巳琢郎、舟木幸、酒井高陽、鷲尾昇
権ちゃん回。
一番オーソドックスな作りで、まあ外しようがない作りではあったとは思う。


第5話 友よ母よ…京の五条に響く歌! 少女が繋ぐ4つの事件
★★☆
ゲスト:小池里奈、井之脇海
上を向いて歩く女子高生回。
話の繋げ方はしっちゃかめっちゃかだったが、なんか訴えたいことは伝わった気がする。


第6話 あるべきものがない殺人現場! 京都に散った親子の絆
★★★☆
ゲスト:ミッキー・カーチス、高橋和也
ミッキー・カーチスの回。
ゲストが全て。ベタベタだったけど好きだよ。


第7話 なぜ彼を撃ったの? 親友警官に問う!! 京都の里山で起きた銃撃事件の裏の裏
★☆
ゲスト:鶴見辰吾、佐野和真
個人的にはこのシリーズ1番の問題作。
せめて横山さんは救われてほしいねえ。


第8話 さよなら花沢太郎! 証拠ゼロ…祇園花街の未解決殺人が15年目に動き出す!!
★★
ゲスト:梶原善、中原果南、嶋田久作
あかねさんage回。
「人を信じることの大切さ」がテーマなんだろうしそれは好きだけど、もっとやりようがあったろう。




なんつーか、思ってた方向とは違うところに着地しちゃった感じ。
もっと花沢さんが刑事であることに自覚的になって成長していき、それによって周りも変化していくのかと思ってたんだけどね。
どっちかっていうと、メインは錦織課長とあかねさんだったなーと思います。彼女たちの持つ関係性やドラマは好きだっただけに、オチのつけ方でなんか残念な気持ちになった。うーん。
「事件がメインじゃなくて、その時に出てくるゲストなりレギュラーなりが抱えるドラマがメインなんだよ」と割り切ってるところなんかは、結構好きです。ただ、それにしたってもうちょっと事件描写は頑張れよと思う回はありましたけども。
「話が訴えたいであろうテーマは好き。でも話の繋げ方や見せ方が微妙」……そんな話が多かったです。うーん、何が悪いのかな。
かなり実験的な作品ではあったと思います。その結果が上手いこといってたかはともかく、その心意気は買う。

権ちゃんと木内っちゃんはかわいいし、錦織課長とあかねさんの持つ雰囲気はピリッとした緊張感があってよかったです。鬼久保さんとかは割とコメディリリーフ的な感じでアクセントになってました。腹黒デブの花沢さんも、私は嫌いじゃありません。
なので、もっともっと「シリーズのコンセプト」なりを詰めた上でパワーアップした続編を見せてくれることを期待しております。頑張れ!

ということで、3ヶ月間本当にありがとうございました!



タイトルとURLをコピーしました