【刑事110キロ】第2話 感想

刑事110キロ
スポンサーリンク

第2話 祇園の芸妓に殺人の過去! 型破り捜査が暴く時差トリック!!

ゲスト:羽場裕一、高野志穂、本田博太郎、中村高華

脚本:石原武龍
監督:黒沢直輔


羽場裕一はクズの代名詞(褒め言葉)。





◆女子高生のぱんつは仕事への憂鬱さを超えられる。でも、映像のぱんつにどれぐらいの価値があろうか。生を見たいよなぁ。
……いやいや、痴漢とかは(・A・)イクナイ!! ですよ。うん。


◆魚を食べても頭が良くなりそうにない、今時ありえないぐらい時代錯誤なことをするベタベタな地上げ屋さん。


◆男を取り合う女2人の確執怖い。ぶっちゃけ、どっちのセーターも微妙……いや、なんでもない。
私も竹下景子に投げられる京野菜になりたい。……いや、なんでもない。


◆リュックに刺さった干大根かわいい。


◆ドラマに出てくる「人権派弁護士」って、大体裏の顔があるか悲惨な目に遭うかだよな。もっとこう、普通の幸せを掴んだ人権派弁護士はおらんのかいな。それだとドラマの登場人物足り得ないんだろうけども。


◆今回のベスト・オブ・権ちゃんは、祇園のクラブで金の時計を見つけて笑顔でいじくる権ちゃんです。かわいすぎる。
その後、ホステス相手に生真面目かつ同性への何か混じりで問い詰めていく権ちゃんが、とても融通きかなさそうでまたかわいい。


◆今回の美味しそうご飯は、あかねさんの小鍋。出汁が透き通ってて美味しそう。京風の小鍋、食べたいです。


◆あまり関係ないけど、錦織さんっていうか高畑淳子の衣装が毎回スカート+ブーツなんだが、これは野際陽子の後釜でも狙ってるんだろうか。


◆中村俊介と井上和香をかけ合わせると、あんなかわいいかわいい三姉妹になるのか……
しかも、和香演じる菜穂子さんは料理上手と来た。美味そうだ、私にも食べさせてくれ。
デブだと、なんかころころしてて人が悪くなさそうに見えんのかね。私もデブだがあんな風に子どもに好かれたことないぞ。デブの花沢さんに子どもを取られて嫉妬する木内っちゃんかわいい。


◆手すりの隙間からするっと降りる権ちゃん細いしちまっこくてかわいくてかわいい。


◆花沢さんに声をかけられて、振り向きざまに「わかってる」と言う木内っちゃんというか中村俊介のイケメンっぷり。なのにどうして、大体のドラマではヘタレ属性をつけられてしまうのか。


◆写真を飾らない仮面夫婦、でも奥さんは夫との写真を大事にしていた。だが「写真がないから寒い」はどうなんだろうなぁ。
しかも今回、羽場裕一の青木弁護士の言う通りで物証はゼロなんだよな。
奥さんの車に琵琶湖の土がついていたことも、奥さんの靴が運転用だったのに壬生菜の葉がついていたことも、夫がホテルの地下駐車場から出るところの監視カメラの映像……いや、これで法廷で証明するのは無理だ。
せめて、Nシステムなどに映ってるとかだったらなぁ。
花沢さんの武器が洞察力という「心」が重要なものだからか、今回は本当に物的証拠を重要視せず(むしろ否定すらして)終わったな。夫を警察に連行できた(落としたわけではないのがミソな)のも、木内っちゃんが奥さんの遺留品である写真を材料に、花沢さんが(言い方は悪いけど)あかねさんをダシにして情に訴えたからだし。


◆しかし、あかねさんと錦織さんが並ぶと同性なのに体格が違うな。これは竹下景子が小さいのか、高畑淳子がデカいのか。


◆ハンコも持たずに出てったらしい自分の夫に離婚届と決意を渡すあかねさん。
あそこで(元)夫の新しい女に「ありがとうございました!」って言われても反応に困らないだろうかw
あそこで「泥棒猫」と言えちゃうあかねさんステキ。
「赤の方が似合うのに」
「ええ子やから。あんな男の面倒、よう見てるし。仕事もようやるし。せやから余計に頭にくんのや!」

こんないい女を振った本田博太郎許すまじ。とりあえずあれだ、竹下景子みたいな美人さんを私にもくれよ。


◆あかねさんと錦織さんの過去に影を落とす、冤罪事件。きっと最終回辺りにやってくれるんでしょう。徐々に情報を小出しにしていく感じか。
過去の事件をやるならば、それは『おみやさん』の出番だよな。おみやさんを呼べー!



花沢さんの正体を見抜けた人第二号の白石あかねさん紹介編。あかねさんが今回の中心だったので、むしろ事件がオマケ。なので羽場裕一が犯人だという物的証拠はゼロ。食中毒と地上げ屋騒動の顛末も不明。
それでいいんだろうか……せめて地上げ屋は手を引きましたっていう後日談はあってしかるべきなのでは。
あかねさんの(元)夫の本田博太郎がチョイ役すぎた上、おそらく最終回辺りにあかねさんの過去話やるだろうと思ってるので、また出演するに一票。

タイトルとURLをコピーしました