【IP~サイバー捜査班】感想 まとめ

IP~サイバー捜査班
スポンサーリンク

最終回後に振り返っての感想まとめです。
各話のサブタイトルに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ移動できます。
各話の下についている星は、話の個人的評価です。
★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。
本当に超個人的な点数表なので、何の役にも立ちませんが何かの目安にでもなれば幸いです。

※前後編の場合は2話で1つとしてカウント


「前と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、
そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




IP_1 ソーシャルハッキング
★★★
ゲスト:菊池桃子、岡田浩暉、升毅


IP_2 遠隔操作
★★★☆
ゲスト:国生さゆり、川島海荷、飯田基祐、前原滉、ぼんちおさむ


IP_3 なりすまし
★★★
ゲスト:徳永えり、木村了、内野謙太


IP_4 デジタルタトゥー
★★☆
ゲスト:島崎遥香、河相我聞、相島一之、佐野岳、芦原優愛


IP_5 ソーシャルゲーム
★★★☆
ゲスト:森山瑛、駿河太郎、忍成修吾、なだぎ武


IP_6 ジュースジャッキング
★★★
ゲスト:酒井若菜、田中奏生、和田聰宏、島田珠代


IP_7 デジタル終活
★★
ゲスト:松井愛莉、柾木玲弥、武田航平、森迫永依


IP_8 ディープフェイク
IP_FINAL ディープフェイク
★★★
ゲスト:内山理名、大東駿介、波岡一喜、内田恭子、神尾佑、升毅




雑すぎる雑感


 安洛主任の成長物語だったこのシリーズ。そこにカタルシスを感じるかどうかで、このシリーズへの評価も変わりそう。
 同じ制作陣でも、同じ枠の『刑事ゼロ』のようなコミカルな感じではなく、どちらかといえば『スペシャリスト』寄りというか、シリアスな感じで進んでたのが意外。
 シリアス……というか、雰囲気が硬かった、というか。
 『刑事ゼロ』のときに感じた、「戸田山脚本、ノリノリキレキレだな!」感が薄かったというか。
 私はキャラ厨なもんで、どうしてもキャラ同士の掛け合い主体で見ちゃうんですが、「このキャラたちの掛け合いをいつまでも見ていたい」と思わせるパワーが、『刑事ゼロ』よりも足りなかったというか。
 どれだけ『刑事ゼロ』を引きずってるんだよと言われそう。というか、私が思ってる。ちょっと我ながら引いてる。いやでも、面白かったんだよ『刑事ゼロ』……

 サイバー捜査の描写のチープさは、なんか慣れたら癖になった。
 だけに、そこらへんのパワー不足が気になったんだよなぁ。
 むしろそのへんのパワーがフルスロットルだったら、枠のカラーに合わなくなってたのかな。でも、枠のカラーとか言うんだったらそもそも題材がアレなわけだし。

 ミステリー+人情というところは、安心安定の戸田山脚本(と、サブライター陣)だったわけですが、私は戸田山脚本には平均70点で普通に面白いものじゃなくて、もっと突き抜けて面白いものを求めてるので。
 ってことは、私の期待値が高すぎただけという話もある。そうかもしれない。なにそれ悲しい。
 でも、「お前、もっとやれる子だろぉ!」みたいな気持ちなんです。わかって。

 そういうわけで、『IP』への評価は「普通に面白い……けど、一歩足りない」みたいな感じでした。
 すっごい期待してたんだけど、新シリーズならこれぐらいが妥当なのだろうか。
 もし続編があるなら、私の感じたもやもやを打開してほしい。

 そんな感じで。
 3ヶ月間、ありがとうございました!



タイトルとURLをコピーしました