【IP~サイバー捜査班】第2話 感想

IP~サイバー捜査班
スポンサーリンク

IP_2 遠隔操作

ゲスト:国生さゆり、川島海荷、飯田基祐、前原滉、ぼんちおさむ

脚本:戸田山雅司
監督:神徳幸治


 つまりエッチなことはしたんですかしてないんですかどっちなんですか。



今回のキーワード


 【遠隔操作】
 バックドア等を仕込み、他人のデバイスを勝手に操作すること。
 今回は標的型メール攻撃によって遠隔操作のための仕込みをした。
 誰からかわからないメールでは、添付ファイルをうかつに開けないこと。


この話の見どころ


◆エッチなことしたんですか!?


 先週の感想で「エッチなことしたんですね?」って書いたら、絆ちゃんが「身に覚えはあるんですよね?」「母と、私が生まれるようなことをしたかどうかです」ってズバリ聞いててワロタ。セックスと言わないのが品位。
 でもこの場には、平塚係長もいるんだよねw 絆ちゃんもそれは確認済み。なのにこんなことを尋ね続けられるのは肝が太いというかなんというか。要するに「おめー、うちの母とセックスしたんか?」ってのに答えろって話だもんな。無理だよw

絆  「まさか……忘れたとか覚えてないとか、記憶をなくしたとか言わないですよね?」

 『刑事ゼロ』だぁー!(違います)

安洛 「もちろん、忘れてなんかいない。だが、仮に覚えていないとしても無理はない。もう26年も前の話なんだから」

 最低の言い草w
 このセリフから安洛さんは童貞ではないし、それなりにおモテになった疑惑がある。まぁ、見た目が佐々木蔵之介だしな……そのイケメンぶりで女の子を食い物にしてきたんだろ! クソッ! イケメンが! イケメンが!(風評被害)
 それか、どうしても言えない事情があって誤魔化しているのか。
 どっちにせよ、私は絆ちゃんを応援します。イケメンは敵だぁ!(違います)


◆平塚係長いいわぁ


平塚 「あの。古宮山さん、今おいくつでしたっけ?」
絆  「25です」
平塚 「計算が合います」
安洛 「係長。頼むからこういう時だけ的確なレスポンスしないでくれ」

 この後も絆ちゃんが立ち去る時に「他言無用」に合わせて口に人差し指立ててたり、いやぁ平塚係長いいわぁ。杉本哲太さん演じるキャラってだけで、そのキャラクターに信頼感が生まれちゃう。立ち位置がズルいw
 今回でも、話のコメディ分の大事なところを平塚係長が担ってて、現在贔屓目抜きでの推しキャラ(なにそれ)は平塚係長になってます。次点は贔屓目込みで絆ちゃん。


◆安洛「それと一緒に事情を聞いてこい」


 名前を呼ぶことすら避ける安洛主任サイテー! 今日から岡林くんの追っかけになります。
 平塚係長にも「何故今、『割れ窓理論』?」とツッコまれるほど雑なこじつけで、絆ちゃんと多和田さんを捜査に出す安洛主任。
 しかし、その意図は絆ちゃんにはバレバレなのであった。完全に、娘に胸の内を読まれてるダメ親父なんだよなぁ……昭和のエロオヤジとは言わないけど、ダメではあるよ安洛主任。おめー、もしかして事件捜査以外はポンコツだな!?


◆国生さゆりの女将


 めっちゃ似合ってる……


◆フリーズする安洛主任


 絆ちゃんが喋る度にフリーズして周りからツッコミを受ける安洛主任。
 おめー、やっぱり事件捜査以外はポンコツだな!?

平塚 「そのことに関しては、私はノーコメントでお願いします」

 さっきから同じことばっかり書いてて申し訳ないんだが、平塚係長はセリフやシーンが全部面白く感じる。やっぱりベテランの俳優さんはすごい。
 これで平塚係長回とかあってめっちゃカッコいいところ見せられたら、たぶん完全に堕ちる自信がある。平塚係長、ステキ!


◆かわらまちさんじょう


 一課の刑事さんのお名前。「河原町 燦丞」って書くそうです。字幕情報。
 なんだろ、「参上」とか「惨状」辺りとかかってるのだろうか。どちらにせよ、すごい名前だなw


◆悩む多和田さん


 スパイ的立ち回りをしているので、もうひとつの顔の方で悩み中。安洛主任の弱みについて。
 どうでもいいけど、ご遺体は見ないんだなw 絆ちゃんは熱心に見て勉強してるのに。
 前回もご遺体を見てなかったし、未だに司法解剖は苦手なんじゃろか。夏海先生もからかってたし。


『科捜研』だこれー!


 カッコいいメインテーマに合わせて細かい作業をカッコよく映す。『科捜研』だこれー!
 『科捜研』では鑑定シーンは一種のアクションシーンとして作られているし、視聴者もそう受け止めている(と私は思ってる)が、『IP』の場合はどうなんだろな……前回はなかった演出だし……


◆恋心に疎い安洛主任


安洛 「今の、誰だっけ?」
七波 「これだ……私の鑑識の後輩! お掃除係の隠れヲタで、何度も会ってるでしょ?」
安洛 「………………」
平塚 「無理もありませんよ。安洛主任は、捜査に関係することと興味のあること以外は、メモリーが無駄になるからって、覚えると同時に記憶から消去するんですから」

 なんか平塚係長も、その「メモリーから消去」で被害に遭ったことでもあるのかな……
 何にせよ、やはり安洛主任はサイテーw やっぱり平塚係長しか勝たん!(なお岡林くんと多和田さん)


◆絆「私は、『絆』という自分の名前が嫌いです」


絆  「自分では抱えきれなくて、名前負けしそうで……」

 え、ご、ごめん。変換が面倒だしカワイイから、ついつい名前で呼んでしまっていた。今からでも古宮山ちゃんに変えるべきだろうか。いやでも、七波さんも「絆ちゃん」って呼んでたし……ううう……
 絆ちゃんが3歳の時ってことは、22年前。1999年、まだネットはさほど発達していない頃。
 まさか絆ちゃんの母親が亡くなった事件、今期最終回あたりで関わってきたりするのだろうか。いや、さすがにないか? でもなぁ……

絆  「母のことも、『メモリーの無駄だから』って記憶から消去したんですか?」
安洛 「……忘れてなんかいない。忘れられるはずがないだろ……」

 こう言うってことは、なんじゃ初恋の人かなんかか。だったらセックスしたかどうか覚えとけよ。まさかあの場で答えられなかったの、平塚係長がいたから恥ずかしかったとかそういう理由じゃないだろうな!
 そしてあんな回想映像が出たということは、安洛主任の初恋(仮)については最終回までにやるんじゃろな。こっちは確定だと思う。


◆瞳の中を探るネットストーカー


 デジタルストーカーの仰天手口 SNS写真の瞳に映る風景から自宅特定、ピース写真の指紋から不正ログイン
 これ、現実でも起きたマジの話ですからね。だから高解像度で撮った写真なんかをSNSに上げたらダメ。ピースサインもやめとけ。上げるなら解像度は下げる。一番いいのは写真を上げない陰キャ戦法。
 『IP』は今のところ、私でも聞いたことはあるサイバー犯罪について、わかりやすく警鐘を鳴らしてくれてたりする。そういうところは丁寧だなぁと思う。
 それは遠隔操作についても同じ。冒頭にも書きましたけど、誰からのメールかはっきりしない限りは添付ファイルを開けたらいけません。


◆平塚係長から鑑定結果をひったくる七波さん


 そんな、パシっといい音させてひったくらなくたっていいじゃんw
 係長がこのサイバー総合事犯の中で、どういう扱いかわかるヒトコマ。私は平塚係長の味方なので、頑張ってほしい。


◆標準語と京言葉


 本当の京都人の佐々木蔵之介に京言葉を喋らせないで、国生さゆりに京言葉を話させる謎の現象が起きてた。
 この木曜夜8時は基本的には京都枠なので、よく「なんでみんな標準語なんだ」って言われたりもするんだけど、私の個人的な考えを言うなら「別によくね」ですw
 京都枠だからって京言葉話さなきゃいけないわけでもないし、京都人だから京言葉話さないといけないわけでもない、と私は思います。今回みたいに京都ならではの世界を舞台にしているとかじゃない限りは。
 『科捜研』で言うなら、マリコさんと土門さんが関西弁でやり取りしてたシーズンもあったけど、それは不評だったからやめたって話だしなぁ。「方言は難しいから標準語でいいじゃん」ってのは、消極的かもしれないけど最適解ではあると思うんだよな。


◆田沼「男親が一人前の娘にできることなんて、何があるでしょう……」


絆  「それでよかったんですか? 名乗らなければ、父親らしいこと、何も出来ないじゃないですか……」

 今回は絆ちゃんのメンタルが試される回。
 これは、一見美談風かもしれないけど、裏を返せば何も出来ない父親の卑屈な傲慢でもあるんじゃないかと、男親ではない私は思います。
 田沼さんの場合は人を殺めてしまったからどうしようもなかったけれど、絆ちゃんは違う結末になるといいなぁ。まだ父娘として始まってないし、っていうか父娘かどうかもはっきりしてないけども。


◆アンチウイルスソフト


 なんか洒落たことを書こうとして意味を間違えてる恥ずかしいヤツー!
 安洛主任、とうとうウイルス扱いですよ。バグ≠ウイルスだと思うんだけど……
 これは多和田さん恥ずかしいヤツだよ。確かに、サイバー捜査畑の人じゃないけども。やーいやーい多和田ー!(やめろ)


◆安洛「はっきりさせよう」


 それは全視聴者が先週の時点で「京都府警の科捜研にお願いすればいいやつ!!!!!」ってツッコんでたからな。
 こう見ると、視聴者の考えとか制作側はちゃんと見透かしてるんじゃないかと思う。私は、DNA鑑定をやるかどうかにはアンタッチャブルで行くのかと思ってましたよ。そこは触れていくんだw まぁ、現代の捜査モノでそこに触れないのは無理あるか。
 果たして絆ちゃんはどう返答するのか。あの表情からするに、結果を怖がって断っちゃいそうな気がするけど、どうだろう。


◆わちゃわちゃ告知いいぞ~~~~~


 みんなでする告知大好き。動画サイトの告知も、次番組への繋ぎも。みんなかわいい。


簡単雑感


 やっぱり第2話からが本番だった!
 事件もベタだけどよかったし、事件と絡めながら描かれる絆ちゃんの複雑な心境と安洛主任の動揺と変化がいい。多和田さんの方も気になる。
 絆ちゃんからすれば、今はツンデレのツン、好感度を落として上げるの内の最初の段階だから、「こいつが父親だとして、本当に大丈夫か……?」みたいな不安感がすごい伝わってくるのがいいw 今のところ、事件捜査以外は安洛主任を褒める要素が「佐々木蔵之介級イケメン」ってぐらいしかないのがいい。
 安洛主任はサイテー。やはり勝つのは平塚係長です。もう父親捨てて、新しい恋に生きようよ絆ちゃん!!!!!!!(別に絆ちゃんは年上好きではない)


次回予告とか。


 次回は前回の感想でも書いたとおり、1週お休みで22日放送です。その後、また1週お休みなので、次回が7月最後の放送。だから7月1日とかめっちゃ早く始まったのね……
 次のテーマは「なりすまし」。アカウント乗っ取り……とかではなさそう。




タイトルとURLをコピーしました