【特命刑事 カクホの女2】感想 まとめ

特命刑事 カクホの女
スポンサーリンク

最終回後に振り返っての感想まとめです。
各話のサブタイトルに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ移動できます。

「前と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、
そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




第1話 凹凸コンビ復活SP 横浜で無差別連続無差別殺人 爆破まで99秒!
女医が遺した謎のメッセージ“テオ”? 真犯人暴くカギは三角の小籠包!? 卑劣な悪をカクホ!

ゲスト:和田正人、宮川一朗太、久住小春、松尾雄治
バディ的見どころ:三角形の相似と肩車コント。「気合は入ってんだよ、バカ野郎!」
真面目な見どころ:打倒コウちゃんのための布石。S2開始。


第2話 完全密室殺人…嘘のアリバイVS第3の指紋 極上中華が暴く犯人
ゲスト:河相我聞、渡辺大、おかやまはじめ
バディ的見どころ:百合っぺ亜矢りんと満漢全席
真面目な見どころ:正義のグラスは投げられた


第3話 満月夜の殺害予告! 2つの死体…失踪少女 父母の涙が暴く犯人
ゲスト:相島一之、北香那、武藤賢人、根矢涼香
バディ的見どころ:講習で仲良く居眠りするふたり、かわいいが過ぎる。
真面目な見どころ:私は私の人生を生きたい。けど、本当にほしかったものは手に入らなかった。


第4話 時速100キロの殺人! 隣人トラブルVS不倫の代償…謎の赤い粉!?
ゲスト:佐々木千惺、遊井亮子、藤真利子、伊達直斗、阿部亮平
バディ的見どころ:ランチには一緒に行ってくれる心が通じ合ったふたり
真面目な見どころ:幼さも無知も悪意も、人を傷つける。


第5話 新章スタート! 麻薬所持の副総理夫人逮捕 7年越しの復讐劇!
ゲスト:秋本奈緒美、岩松了、東根作寿英、中山由紀、斉藤一平
バディ的見どころ:そりゃもう、わんポリ子でしょう。でも家宅捜索も捨てがたい。
真面目な見どころ:最終章突入。亜矢さんのピンチ。コウちゃんエンガチョ!


第6話 死を呼ぶTV電話! 爆破テロVS復讐代行人 2ミリカプセルの罠!?
ゲスト:秋本奈緒美、岩松了、東根作寿英
バディ的見どころ:最終章最後の笑いどころ、ステーキハウス
真面目な見どころ:もう小籠包食べられないんですけど!


最終回 ヨコハマ最終決戦! 7人の刑事VS爆破テロ 遂に最後のカクホ!!
ゲスト:東根作寿英、寺島進(駐在刑事)
バディ的見どころ:名前呼びに込められた思い。「亜矢ぴょん」
真面目な見どころ:コウちゃん死ね! でもいいんだけど、ここは黒木刑事に敬意を表したい。



 よかったわ……

 と、しみじみせざるを得ない。
 ぶっちゃけS1のまとめでも書いたとおり、コウちゃんというラスボスが明らかになった以上は、S1の見どころだった「誰がクロか?」って点でのハラハラドキドキが無くなっちゃうんじゃないか? とか思ってたんですよね。それでも続編やって面白くなるのかな? とか。
 そこを、もうコウちゃんを思いっきりフィクサーにして、なんだったら舞台装置感もあるぐらいの存在にしてしまうことで、再び「誰がクロ(如月派)か?」ってハラハラドキドキを生み、それだけではなく「百合子さんの復讐譚」って筋書きをさらに濃くして「百合子さんが道を踏み外すか否か」って点でもサスペンスを作り出してた。
 自分は後者の物語がドンピシャで好きです。最終回感想でも書きましたが、百合子さんの復讐譚に亜矢さんの存在を絡めることで、このバディの繋がりを描いてたのがもう……好き……!
 S1より更に進化した『カクホ』バディ、超よかったです。

 その上、2~4話の通常回の胸糞案件っぷりも好きでした。
 S1の通常回って、ぶっちゃけ事件面では殆ど覚えてないぐらいなんだけど、S2はインパクトありすぎたな……胸糞案件というインパクト。
 曇るふたりが、私の中の新たな性癖の扉を開いた気がする……曇るふたり、いい……!
 本当、通常回はあと1~2話くらい見たかった。短い時間を全力で駆け抜けてこその『カクホ』かもしれんけど、もったいねぇ。
 ラストで新たな種を撒いていたので、ぜひまた百合っぺ亜矢りんコンビにお会いできたら嬉しい。

 あー、ホント通常回がよかった。熟女コンビはいくら曇らせてもよい。





タイトルとURLをコピーしました