【刑事吉永誠一・涙の事件簿】感想 まとめ

刑事吉永誠一・涙の事件簿
スポンサーリンク

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「前と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




第1話 熱血&クールコンビが難病少女の夢を守る 巨悪詐欺を許すな!
★★★
ゲスト:白石美帆、石井正則、橋本さとし、入来茉里、夏原諒、玄覺悠子、栗本有規、仁科あい
笑いどころ:菜摘ちゃんのゴミ分別へのこだわり
泣くところ:アリキリ石井正則の演技


第2話 飛びおりた覆面男
★★☆
ゲスト:神山繁、木南晴夏、森岡龍、山本剛史
笑いどころ:麗しの鑑くんと人をイラつかせる小沢さん
泣くところ:家族愛っていいですね。


第3話 魔性の母
★★★
ゲスト:荻野目慶子、佐藤すみれ、小橋めぐみ、大西耕治
笑いどころ:告白ってホントいやらしい(by小沢さん)。
泣くところ:さやかちゃんマジいい子。


第4話 消えた指輪

ゲスト:黒谷友香、香山美子、落合モトキ、加瀬信行
笑いどころ:爆弾にビビってトラウマを残される小沢さん
泣くところ:……なんだろ、最後の(ノ∀`)アチャー加減?


第5話 完全犯罪の男
★★★☆
ゲスト:吉田鋼太郎、大沢逸美、緑友利恵、難波圭一
笑いどころ:酔っぱらい貴一くん
泣くところ:遺影を持ってバージンロード


第6話 信じた男は白か黒か 5つの殺意と動機!!
★★
ゲスト:渡辺大、杉本有美、竹内寿、載寧龍二、大嶋航平、阿部亮平、原田大二郎
笑いどころ:もう露骨に理香さんに無視され始めてる小沢さん
泣くところ:「バカだから」っていうか、まあバカなんだろな。


第7話 女タクシー運転手の秘密! 消失した絆
★★★
ゲスト:伊藤かずえ、野村真美、風見しんご
笑いどころ:本当は笑いどころじゃないけど、風見しんごのキレまくる演技
泣くところ:勇気とは、震える肩のこと。


第8話 最終章! 三億円強奪 刑事を撃つ謎の銃弾
最終話 巨悪を暴け!! 正義を貫く七人の刑事の絆
★★☆
ゲスト:滝裕二郎、田中瞳佳、多岐川裕美、古谷一行
笑いどころ:ヒロインにフラれて泣く当て馬小沢さん
泣くところ:砂浜を掘る“刑事の鑑”さん




実はこのシリーズで一番大変だったことをここで明かすと、サブタイ拾いでした。
公式にもいつも使っている「テレビ王国」にも載ってなかったので、「テレコ」とか「ザ・テレビジョン」のネット版とか色々なところで探してました。
いっそサブタイ無しも考えたぐらいにはサブタイが見つからなくて、ちょっと絶望してました。
もっとこういうサブタイって、どんなドラマでも公式サイトとかでも載せてほしいんですけどねとワガママを言っときます。

それはともかく、やはり2時間サスペンスを1時間にまとめるというのは大変なのかなぁ、というのが今回の感想でしょうか。
なんだろなぁ、2時間時代のほうが、「おっ!」と思うポイントは必ずどこかにあった気がしたんですよね。それが1時間になって無くなった、或いは薄味になってしまった感じがあって残念。

あと、“刑事の鑑”さんのストーリー中に置ける比重が大きかった割には、最終章に至るまでその素性だの素顔だのにあまり触れられてなかったのが、やっぱり妙な感じを生んでいたなぁという感じでしょうか。
最終章前までは、貴一くんの「親父は最低な人間なんだ!」ってのと、吉永さんの「そんなことねーよ」がぶつかってるのをただ見せられてただけ、だった気がするんですよ。
そこをもっと上手く処理すれば、最終章でもっと大きな「涙」を生むことが出来た……なんて思うのは、素人考えでしょうかね?

なんにせよ思うのは、「惜しい!」ってことでしょうかね。
なんだかんだで3ヶ月間、楽しませていただいただけに惜しいです。色々と。
連ドラ版のキャラクターもみんな好感度高かったからなぁ。理香さんとかよかったよ。

で、おそらくは2サスに戻るんでしょうけど、設定は連ドラ版のまま引き継ぐのかな。それとも、またリセットかかるんでしょうか。
どっちにせよ、小沢さんのウザさは継続してお願いしたいです。

ってなわけで、3ヶ月間ありがとうございました!



タイトルとURLをコピーしました