【刑事吉永誠一・涙の事件簿】第4話 感想

刑事吉永誠一・涙の事件簿
スポンサーリンク

第4話 消えた指輪

ゲスト:黒谷友香、香山美子、落合モトキ、加瀬信行

脚本:白石雄大
監督:池添博


えっ、これなんで娘が責め立てられてんの?






◆いい加減、吉永さんの「吉永の非番の日には事件が起きる」に慣れちゃった貴一くん。そうだよねぇ。


◆とうとう理香さんにハッキリと「邪魔しないで」と押しのけられる小沢さん……まあ、前も言ったけど、たとえ近くに雑草があっても高嶺の花に憧れている場合は、わざわざ雑草を選んで摘んだりしないよねっていう。


「僕たち2人で、犯人捕まえましょう!」
しかし理香さんには(無言で)拒否られる。
そういう告白じみた言葉も、いつもと同じようなテンションでしか言えないから真面目に受け取られないんじゃないかと思うんですよ、小沢さん。真面目にこう、やってみましょうよ。仕事も恋も。


◆すっげー今更こういうこと言うんだけど、この連ドラになってからの取調室って、今年の『9係』でも使ってたところと似てない? 同じ?


◆そーいや、桜木町ってもう神奈川なのか。京浜東北線って、埼玉県~東京都~神奈川県を突っ切ってるんだもんなー。
西沢の「開けたらドッカーン!」にガチでビビる小沢さん。そしてそれが原因で大声がトラウマ化している。
理香さんは、これから小沢さんを黙らせたいときは大声出せばいいと思うよ。


◆今までは少しでも疑わしい人物は無差別に疑ってかかってたくせに、今回は西沢をあっという間に帰らせてしまった辰巳管理官。もうやることなすこと裏目に出過ぎてるな。
コレはもうそのうち、作中でも「辰巳管理官の逆ジンクス」とか言われるようになるレベル。
ここまで4話、好感度もキャラの格も毎回毎回でダダ下がっていくキャラってのもなかなか珍しい。いやホント、この人はなんなの?


◆忍の細い指に、帝王が白くてぬるぬるしたものを塗りつけるプレ……いや、なんでもない。
正解は、吉永さんによる「指輪が取れない時の対処法講座」。氷水で指を冷やしてから石鹸でぬるぬる。
帝王切開の時は手術する前に貴金属類は全部取らないといけないので、ヘタしたら指輪を切られちゃうんだって。大変だなぁ。


◆自分のクビをかけて吉永さんの説を支持して支援する片山班長△
片山「刑事の仕事は、上司の命令に従うことではありません。犯人を逮捕することです」
マジで片山班長が辰巳管理官専用の防波堤になってる……というか、むしろ片山班長をageるためのキャラなんだろうか、辰巳管理官って。
辰巳「昔の男が、お前のクビを切るんだな。面白い」
なんで相変わらずそんな下世話な言い方すんの? もしかして昔密かに片山班長に惚れてて、吉永さんに取られたとかそういう系なの? だから「お前が大嫌いだ」になるの? もし本当にそうだったならどうしよう。絶対ないわ。


「あの人は、体は家に返ってきても、心は家に帰ってこなかった。でも吉永さんは違います。心も体も家に帰ってきてるって思うんです。デコさん、菜摘ちゃん、嬉しそうだし」
なんかこの「心」を重視した物の見方が、なんというか女性的だなぁと思いました。「合理主義」と言いつつ案外女々しい考えの持ち主だな、貴一くん。
それになんだかんだと言いつつ未だに「鑑」の姓を名乗っている辺り、刑事の鑑さんへの気持ちは「憎しみだけ」ってこたぁないんだろうけど。
でも本当に貴一くんは、ハッキリ言うと面倒くさいなぁ。


◆これは自分の偏見なんですけど、メールでもなんでも三点リーダー(……)を多用してるヤツは大体マトモじゃないし、それが黒丸(・・・・・・)だったりすると倍率ドン。
めっちゃ偏見だけど、合ってるんじゃないかと思ってる。
「今度は江梨子が死ぬよッよッよッ!」
お母さんを脅してた西沢からの脅迫メールの文面もまた、こう、なんていうか、アレですな。なにこれ、新手の煽り?
あと、「あれコレGmail?」とか思ってたらマジでそうだったらしく、モロにGmailってドメインがそのまま出てますけど、いいんかな。


「追い詰めたわけじゃない、気づいてほしかったのよ!」
たとえ親子でも人が持つ「幸せの物差し」は違うのだから、それを押し付けたらダメだよね。思うだけなら自由ではあるんだが。
「稼げない人間だから幸夫は殺されたの? 稼げない人間は、生きてる価値もないの!?」
私、他の普通のドラマなら、この江梨子さんの言い分こそが支持されるんじゃなかろうかと思うんですけどね。なんか今回の『吉永誠一』はひと味違いましたね。念の為に言っときますけど、これは全然褒めてませんよ。


◆おそらくクライマックスであろうシーンで吉永さんも母娘もみんな泣いてるけど、誰ひとりに対しても共感できないってのはなかなか出来る体験じゃねーなーと思いました。皆さんが熱演すればするほど視聴者(私)の気持ちが冷めていく。
あとついでに言うけど、黒谷友香は相変わらず泣きの演技が……アレですな……元からそんなに滑舌がいいとは思わないけど、泣きの演技になると本当に台詞が聞き取りづらくなるレベルになるので、もうちょっと頑張ってほしいです。


◆母娘の喧嘩を仲裁することなく煽ったら、怒りの矛先が自分に向いて女2人にきゃんきゃん喚かれた吉永さんオチ。だから菜摘ちゃんのヘアブラシなんてどこに使うんだよ、いい加減にしろ!



自分の過去から来る思想に合わないからという理由で、娘にもその夫に対しても頻繁に「別れて結婚指輪を返せ」とかいびってるようなクソ母はそりゃ見捨てられるだろうし、連絡を取らない・会わないといった絶縁程度ならむしろ優しい方なんじゃないの? しかも娘に対しても幼い頃から自分への反抗を許さず、いざ娘に反抗されて見捨てられたら「私は娘に捨てられたんです」とか言い出し、挙句自分のせいで孤独になってんのに自分に優しくしてくれてる義理の息子に別れてほしいとかいう理由で(無自覚ではあったが)事件の引き金を引く。
本当に心の底からクソだなこのババアは。なんでこれ娘が責め立てられてんの? 別に犯罪行為なんて、何ひとつしてないだろ。言っちゃなんだけど、全部母親の自業自得じゃん。
こんなクソ母と娘の仲を取り持とうとしてる夫もなんか浅はかというか、考えがよく読めない。
西沢が(過去に何があったにせよ)金のために殺人を犯して、最後まで開き直って吉永さんに鉄拳食らってるところまでは結構アリかななんて思ってたのに。
オチでここまで(ノ∀`)アチャーな気分になってしまうのは、本当に悲しいことですね。泣きたいのはむしろこっちですよ。


次回。

「完全犯罪」とか奇声を上げるオッサンとか、辰巳管理官の過去話が出てくるっぽいとか、結婚式とか菜摘ちゃんのウエディングドレス姿(想像)とか、まあ色々ありましたけど。
個人的に印象に残ってるのは、屋台で「答えは『YES』か『はい』だ!」と吉永さんに絡んでおでこぺっちんしてる貴一くん理香さんと貴一くんの様子をじっと見つめるストーカー小沢さんでした。後者はもう、救えないかもしれない……

タイトルとURLをコピーしました