【科捜研の女 season20】第7話 感想

科捜研の女
スポンサーリンク

第7話 風丘早月、罠に堕ちる

ゲスト:染野有来、高橋ひとみ
回想 :室井滋、筒井真理子、笠松将、松岡依都美

脚本:眉村涼子
監督:濱龍也




 今回のアンケート結果です。投票してくださった方、ありがとうございました!
 「藤倉刑事部長」トップながらも、だいぶ接戦でしたね。
 藤倉刑事部長の過去というと、やはり奈良県警の鑑識時代だろうか。別に京都府警来てからの鑑識時代でもいいけど。めちゃくちゃ見たい……!
 2位の「呂太くん」、3位の「亜美ちゃん」だと、オリジン(過去)やるとライジング(成長、飛躍)しちゃいそうでな……でも、この二人も「過去、何してたか。どんな人物だったか」については不明瞭なので、ぜひぜひいつかはやってほしいところっすな。

 そんなわけで、めちゃくちゃ(風丘先生じゃない)過去回想だった今回!


全く伝える気がないから公式をちゃんと読んでほしいあらすじ


 風丘先生、罠に堕ちる3秒前。



20の見どころ


◆1.冒頭から怪しげな雰囲気


 何かの鑑定をしている科捜研メンバー。物々しい雰囲気だけど……
 まぁ、でもこの時点で牛乳のようなもの(というか牛乳)を使ってたりで、割と分かる人には真相はわかってたんじゃないだろうか。


◆2.亜矢ちゃん、来たる。


 S18最終回以来。あのときは他の科捜研メンバーには会ってないんだっけ?
 その登場時に、さりげなくカレンダーを映す高等テク。8月でしたね。っていうか、亜矢ちゃんの格好も相当涼しげで夏服だしなこれ。
 そんな亜矢ちゃん、マリコさんを「師匠」と呼ぶ関係。S15-8やね。→File.8 スペシャリストたち
 なんだけど、実はその回は某草なぎさんがゲストでちょろっと出てるせいか、配信も再放送もされないという超不遇回だったりする。別に犯罪犯したわけでもないんだから、いいと思うんだけどなぁ……


◆3.亜矢「ちょっとだけ見学しても……いいですよね?」


 「いいですか?」じゃなくて「いいですよね」。そういう謎の押しの強さ、相変わらずだな亜矢ちゃん。
 そりゃ日野所長も「早月先生より、マリコくんに似てる気がする……」とボヤくわw


◆4.イケメンのOKサイン


 宇佐見さんのメガネ姿のOKサイン……カッコいいな……


◆5.相変わらず亜矢ちゃんは巻き込まれ体質


 接触事故の目撃者になってた。が、この様子だと、怪我人がいても軽くて済んでるのかな。いやぁ、平和で良かった。
 亜矢ちゃんが本気出すと(?)、なんか殺人事件の1~2個は引っ張ってきそうだからな……いやホント、平和で良かったよ。


◆6.今回のOPはS19!


 で、あってます?(不安)
 サントラに収録されてるS19っていうか、季節ごとに使われてたヤツね。夏だっけ冬だっけ。どっちか。


◆7.亜美「まぁ、うちの科捜研が今のメンバーになってから5年経つしね」


 嘘でしょそんなになる!?
 呂太くんが来てからもう5年目。マジかよ……
 時が経つのが早すぎて震える。


◆8.マリコ「でもね、亜矢ちゃんのお母さんとは12年よ」


 嘘でしょ……そんなになる……?
 ちょうど私がリアタイ視聴開始&感想書き始めたのが、風丘先生が来た翌年つまりS9から。
 つまり私が感想を書き始めてから、もう11年経つということですな。
 ……時が経つのが早すぎて震える。やってることに変わりがなさすぎて、そっちの意味でも震える。泣きたい。
 登場時の頃、S8から差し入れを持ってきてたか問題。確かに、マリコさんの言う通り「どうだったかな……」という気持ち。その頃から科捜研には来てたと思う。
 ただ、S9の時に「全然科捜研にも来ないし、差し入れもないな……」とか思った記憶があるので、毎回ではないにせよS8の頃から差し入れ持ってきてたんじゃないかなぁ、という記憶頼みのいい加減な考え。違ったらごめん。


◆9.プリンセストシコ


 次回に続く要素。高橋ひとみ。こ、『小吉の女房』……!


◆10.そんなわけで、今回は総集編


 意外と批判が多かったらしい、総集編構成。まずは「File.30 100円の殺人!?」。
 批判が多かった件。東映に訓練されてるかどうかで感想が変わりそうとは思ったけど、批判が出るほどとは思ってなかった。
 ニチアサを見ている人にはお馴染みなんだけど、制作上で行き詰まる、何かトラブルがあった或いは予見される場合は過去の貯金で総集編を作ったりするんですな。
 今回の経緯については東映公式に詳しい。ということで、気になる人はれっつらごー。
 「最初から総集編って言えよ!」って意見を見かけたんだけど、自分はそれに異を唱えたい。
 今回は「総集編のような構成の裏で、とんでもないことが……!?」と見せかけて裏をかくのがオチなわけで、最初から「総集編です!」と断言したら、メタ読み大好きな視聴者の皆さんは絶対に放送前からオチを予想しちゃうじゃん。
 こういう批判は、普段から絶対にメタ読みはしません!って人だけしなさい。キリストはそう言っていました。


◆11.わざわざホワイトボードに図を作る


 視聴者への配慮でもあるんだけど、わざわざこんなの作ってまで亜矢ちゃんに説明するの!?
 この科捜研、ホント手間暇を惜しまないよな……そういうところが好きやぞ(突然の告白)。


◆12.亜矢「科捜研の仕事って、幅広いんですね……」


マリコ「そうなの」
視聴者「そうなの……?」

 確かに科捜研のお仕事は大変だと思うけど、このレベルはこの科捜研でしかありえないんじゃないか定期。いやまぁ、ツッコんじゃいけないところだと思いますけども、それでもマリコさんがすんなり肯定して亜美ちゃんもツッコまないもんだから笑ってしまったw


◆13.トリックも犯人も動機もバラす


 総集編にしてもかなり大胆な構成だと思うけど、まぁそれだけ新規映像を使うのが難しかった、ということなのかな。


◆14.男性陣の準備


 宇佐見さんレベルのイケメンならいきなり花屋に花束を買いに来ても画になる。イケメンがよぉ!
 日野所長レベルの腕前なら川辺でトランペットの練習をしていても画になる。さすが日野所長、抱いて!
 呂太くんレベルのあざとかわいさならひとりで何か描いていても画になる。イケメンがよぉ!
 思わせぶりがひどいわけだが、一番ひどいのは呂太くんのそばに置いてある「2008年」の資料。つまりS8にやった風丘先生回の資料。金色の結婚指輪……


◆15.その湯呑、まだあったの!?


 S19の「File.10 マリコ寿司を握る」に出てきたヤツじゃん。まだあったのか……
 そういえばこの科捜研、客人を普通に立たせるんだよな。今更だけど。亜矢ちゃんは若いからいいけど、ご年配の人が来たらどうするんだべ。いや椅子はあるからそれ出すんだろうけど。


◆16.次の回想は猫回


 S19、「File.4 8億円の猫」ですな。室井滋を殺した回。
 今回、亜美ちゃんがお姉ちゃんみたいでよかったよね。普段と違ってタメ口だったり、総集編でおさらい故に語りかけるような口調だったりだったからかな。呂太くんに対しては、お姉ちゃんっていうかボケツッコミのツッコミだからなぁ……


◆17.ハンマーを持ったマリコさんヤバい


 普段はそんなこと思わないけど、このマリコさんのサイコパスっぽさがヤバい。普通にハンマーでぶん殴ってきそう。真顔でぶん殴ってきそう。怖い。
 実際も、キウイをハンマーでぶち殴って潰してるし……マリコさん、怖い。


◆18.師匠譲りの推理力


 そういや亜矢ちゃんは、マリコさんの「名探偵ぶり」に憧れて「師匠」と呼び始めるようになった……んだっけ?
 ちゃんと理系のお勉強もしているようで、これはますます「未来の科捜研研究員」の期待が深まりますな……!(というか、未来の準レギュラーかレギュラー化に期待をしている勢)


◆19.ジュール熱のケーキ キウイソース添え


 お、美味しくなさそう……!(私の第一声)
 亜矢ちゃんの「随分、個性的なケーキの作り方」評すら優しいと感じる第一声で申し訳ない。でも本音です。美味しいのかアレ?
 マリコさんも、いずみママに習ったことは覚えてる。今回、一番のサプライズは回想で一瞬とはいえ、いずみママの映像が出たことではないだろうか。私はそうです。
 ケーキの作り方をここまで美味しくなさそうに説明できるのはすごいと思うw かがくのちからってすげー
 いや違う、これはマリコさんの力だな……


◆20.風丘早月、罠(サプライズ)に堕ちる


マリコ「先生には、本当にお世話になってますから。それに、先生は私にとって、新しい世界を教えてくれる人。だから私も、新しいことをやってみたくなったのかも」

 マリコさんは記念日も覚えていられる人。こうやってケーキを作ろう!と発案も出来る人。サプライズにチャンバー(S18後の正月SPに初登場)を使おうというお茶目さもある人。
 ……意外と愛想あるじゃん、マリコさん……もはや「愛想なし」とは呼べないレベル。
 というか、これはもうマリ風民(風マリ民)大勝利では? 巷ではどもマリとか言っちゃってますけど、公式に認められたのはマリ風でした。違いのわかる公式である。私はマリ風でも美味しくいただきます。
 まぁ、公式に認められるのが良いか悪いかはさておいてw、やはり勝利するのは百合だったということですな。これで宇佐見さんの買ってきた花束が百合だったら「ふざけんなw」だったんですがw
 ラストはサプライズ3秒前、ってのがかわいくて好きです。この先は視聴者の想像どおりになるのか、はたまた……



簡単雑感


 私は総集編でも意外と新規映像多くて全然アリだなーと思ったし、平和なオチで笑ったんで今回好きです。
 もちろん、通常回と同じような評価はできないけど……
 それでも、こんな状況下でも週に1度の娯楽を届けてくれる制作側に感謝を述べたい。ありがとうございます。



次回予告とか。


 次回は岩下脚本!
 風丘先生回!
 はい名作決定!
 終わり!
 ……いやさすがにこれはないか。
 でも、それだけの期待感がある。今回はさておき、ここ数回がちょっと通常回過ぎたので。
 最終回もこんな内容らしくて、今から楽しみです。最終回は2時間SP。

『科捜研の女』シリーズ初の展開!『season20』最終回で、土門(内藤剛志)に前代未聞の事態発生



 土門さん、ここ数年まともな年末年始を迎えられてなくて可哀想w
 と、半笑いなところが私の悪い癖。普段の行い。出席率。

タイトルとURLをコピーしました