【捜査地図の女】感想 まとめ

捜査地図の女
スポンサーリンク

サブタイに貼ってあるリンクから、このブログ内の各話感想ページへ跳べます。
ついてる★は、話の個人的評価です。★=1点、☆=0.5点。5点満点で0.5が最低。

5~4.5→傑作。絶対見てほしい!
4~3.5→良作。是非見てほしい。
3~2.5→佳作。まぁまぁ好き。
2~1.5→凡作。好きじゃない。
1~0.5→駄作。ダメ、無理。


評価は私の趣味嗜好だけでつけました。何かの目安にでもなれば幸いです。
「前と言ってること違うじゃねーか!」ってところもありますが、そこらへんは「時間が経って意見が変わった」ってことでご勘弁ください。




第1話 京都・五山送り火 美女2人の殺人計画!?
★★☆
ゲスト:中田喜子、前田亜季、古澤蓮、伊庭剛


第2話 京都~神戸 60キロの遠隔殺人!?
★★★☆
ゲスト: 手塚理美、村田雄浩、清水昭博、舟木幸、中園友乃、藤沢徹衛


第3話 祇園の舞妓が結ぶ二つの殺人!!
★★★☆
ゲスト:西岡徳馬、黒川智花


第4話 京都の白馬が暴く300秒の殺人トリック!
★★☆
ゲスト:酒井美紀、浅利陽介、遊井亮子


第5話 狙われた京都の花嫁! 一夜で消えた殺人ルート!!
★★★★
ゲスト:中原丈雄、国広富之、末永遥、内田朝陽


第6話 京都トロッコ列車~保津川下り魅惑の殺人ツアー!
★★
ゲスト:佐藤仁美、矢島健一、古宮基成、高木陸、桝井海雅、中山忍


最終話スペシャル さようなら…地図の女! 京都~福井~東京、3つの殺人!
第一部:★★☆
第二部:★★★
ゲスト:東ちづる、岡田浩暉、福士誠治、東風万智子、賀集利樹、上原美佐




惜しい。
この一言に尽きるな。
人情モノとしての出来は、安心の木ミスクオリティということでおk。
でも、「地図」を活かしたドラマにできていたかと言われると……微妙……
まぁ、個人的に予想していた「アリバイ崩しだけに固執してどうしようもないんじゃね」感はなかったんだけど、その分、物語としての軸というか方向性がブレていたというか……地図を扱うドラマなのに、目指すべき地点が見つからず方向音痴状態になっていてワロエナイ。
CGとか使って地図捜査を劇的に、という意見も見られたけど、まず「地図を使って何をしたいのか?」がちゃんとしてなかったから宙ぶらりんな感じになっちゃってたように思う。勿体無い。
ここ数年の単発モノ(『853』しかり『ホンボシ』しかり)は、そういうところ(何をしたいのか)がハッキリしていたから良作足り得たんだなぁ、と思うんです。残念。
あと、刑事モノだから必然的にメインで描かれる刑事課の皆さんでキャラクター立ちしているのが、班長・成田さん、ギリギリ麻里ちゃんぐらいしかいないのも減点ポイント。別に山さんとか望月くんが嫌いなわけじゃないんだけどねぇ……うーん。
対して、珠子さんの家族がすごくキャラ立ちしていたのは大きなポイント。美冬さんなんかは作中で言ってた通り、『京都のミス・マープル』として単独ドラマを持っていてもおかしくないキャラ立ち。どうですか東映さん、今度は安楽椅子探偵に挑んでみませんか。って、ミス・マープルって安楽椅子探偵だっけか?
歳相応の可愛さも持ちつつ、なかなかどうして良い息子っぷりも発揮する和輝くん、木ミス内で相当な数の美女を食ってるいっけいこと珠子さんの理解者である晴さんもなかなか。
……今度は家族探偵にするとか……どっかの日テレさんの昔のドラマみたいだけど……
で、肝心の珠子さん。個人的には、最後まで何を考えてるかよくわからん主人公でした。いい意味でも悪い意味でも。なんていうかな、芯とかお約束とかがよく見えて来なかったんだよな……
たとえば『科捜研』のマリコさんなら「科学は嘘をつかない」、『京都地検』の鶴丸さんなら「主婦のカン!」で暴走状態に陥るとか、そういう感じの。伝わらないかもしれない。
そういう芯とかお約束が「地図は生きてる!」なのかもしれないが、それにもパターンとかが見いだせなくて……「こういう考えを持っているから、こういう言動をする」とか、そういうのがよくわからなくて……うーん、何を言いたいのか、ちょっとよくわからなくなってきた。
描く余地はいくらでもあったはずなのに、色々曖昧なまま終わっちゃったなぁ……うーん。

まぁ、なんだ。色々と「惜しい」がやっぱり全体としての感想なんだ、と思っていただければ幸い。一言で済むのに、グダグダと書いてごめん。
嫌いじゃない。けど、惜しい。そんな感じ。
もし続編があるのなら、そういうマイナス要素を片付けてくれることを祈ります。

ということで、3ヶ月間、本当にありがとうございました!



タイトルとURLをコピーしました