【警視庁・捜査一課長2020】season3 第2話 2020特別バージョン 簡易感想

警視庁・捜査一課長
スポンサーリンク

season3 第2話
殺人結婚式!? 花嫁VSご祝儀1000円の女!!



 当時の感想はこちら。
 →【警視庁・捜査一課長 season3】第2話 感想


 「テレワーク捜査会議」の字面の強さに、他局宣伝部も反応していたぐらいでした。ゴールデンタイムドラマでテレワーク導入してるの、今のところ『一課長』ぐらいじゃないですかね。すごいわ。
 そんな今回のテレワーク陣のオフトーーク。



 各々の自粛期間の過ごし方など。

金田 「たかしくん(内藤さん)動いてる。わーい」
   「(自粛期間が明けたら)たかしくんに触れたい。たかしくんと人に言えない話をしたい」


 おっさんずラブかな?


 さっくりと感想!


簡単感想


◆テレワーク


 捜査一課の中に殺人の容疑者が!?
 目付きの鋭い男が一課長の周辺に潜んでいるというタレコミを発見するヤマさん。
 自宅待機中でもパソコン操作を学んだり、ヤマさんめっちゃ偉いな! お仕事してる! っていうか今回、お仕事してたのヤマさんだけ!
 基本的に大岩一課長はほぼ内藤さんそのままだったし、ブランクさんはメタネタぶっこみまくってくる立場で、作中のキャラを守ってるのはヤマさんだけだったんだけど、大岩一課長もどきの内藤さんと画面を隔てて見つめ合うところ、冒頭テレワークの最後はただの金田さんでは? とか思ったりもする。おっさんずラブじゃん……

大岩 「何? ブランクは2年前から私の命を狙っていたのか?」

 大岩一課長って基本的にボケないから、これがマジなのか一応本人なりのボケなのかわかりづらいなw まぁ、ブランクさん相手だからたぶんボケなんでしょう。そう信じてます。
 ハンドルを動かさずに運転する技術を持つ男
 これは内藤さんのお墨付きで、「別にそんな過剰に動かさなくていいんだよ。本当に運転するときはそうでしょ」(要約)って話になったんじゃないのかよ!w


◆本編


 詳しくは当時の感想を見ていただくとして。
 確かに、S3に比べるとブランクさんの演技もちょっと慣れたな。本人がなのか、視聴者がなのかは、判断の分かれるところかな……
 当時は『未解決の女』とのコラボもあったけど、そこらへんはまるっとカット。「夜9時で!」。あの強引なコラボ、実は意外と好きだったw
 他にも色々、ちらちらとカットされていたと思う。丹羽係長のところとか。

 萌奈佳ちゃん、改めて見てもやっぱりまた出てほしい。解放されたあとの萌奈佳ちゃんに会いたい……会わせて……
 大福とコンビで来たら、めっちゃ鬱陶しいだろうなあ。絶対来てほしくないw でもコンビは見たい。ジレンマ。
 萌奈佳ちゃんのお父さん話、小春さんが知ってるとかあったなぁ。でも生かされなかったなぁ。そこは残念だったぞ……


◆テレワーク


 ビビちゃんに餌を食べさせるのに夢中で手を噛まれる大岩一課長、ただの内藤さんじゃんw っていうか、なんの説明もなく猫ちゃんが2匹いるの、誰もツッコまないしw

奥野 「一課長は私に、『自首しろ』と仰ってるんですね」
   「おそらく最後の、一課長車の中から若い2人を見つめる私の目が、殺人犯に見えたんだと思います」

大岩 「すげぇ目つきだなw」
小山田「うん」
奥野 「運転担当刑事になりたての頃で、毎日が極限の緊張状態でした。見なきゃいいんですけど、私もネットで『表情筋が殉職している』とのタレコミを見て、自分のことかどうかって信じられなかった……」

 とうとう半分本編の中で使われる「表情筋が殉職している」ネタw 何回聞いても笑う。
 そんなブランクさんですが、私はその平熱棒読みキャラ含めて好きなので、頑張ってほしいですw


 次回の再放送はS3-6! 柳原可奈子さんゲスト回です。

タイトルとURLをコピーしました