【科捜研の女】サブタイトルに好き勝手言ってみた。

科捜研の女
スポンサーリンク

GWになっても『科捜研』SPの情報が出ないので、ヤケになって書きました。

というか、実はずっと以前にぼそっと別のところで『科捜研』で“ときめきサブタイトル(=好きなサブタイトルを挙げる)”をやりたい」と言ったんで、実際にやってみたんですよ。



これ。トップ3が全部岩下脚本回。もう私の好みがダダ漏れである。

ただ『科捜研』でこういうオサレサブタイ(自分の勝手な呼び名。新聞ラテ欄にある長いやつじゃなくて、公式が付けてる短いヤツ)が採用され始めたのって、S14からなんですよね。
なもんで、まだ『科捜研』はオサレサブタイ歴は3年目。
でも、「3年分あれば、そこそこできるのでは?」と思い、やってみた……んですが、難しかった。サンプル数が少なすぎるのがいけないw
「じゃあいっそのこと、オサレサブタイにも、それになる前のラテ欄用の長いヤツにも好き勝手言ってみればいいんじゃね?」という企画です。なにが「いっそのこと」なのか、我ながら意味がわからないですけど。

……S16が終了してる(はずの)今、放送回が余裕で150回だって超えてるのに、その全てにコメントをつけるのはさすがにいくら時間があっても無理なので。
このブログに感想記事がある分、つまりS12からの分にちまちま好き勝手言っていきます。
主にサブタイトルについて、あと内容のこともぐだぐだ言ってます。今更なのも多い。

【ルール】
・S12、S13はラテ欄用サブタイにコメントする。
・S14以降は東映公式にあるオサレサブタイと、Wikipediaにあるラテ欄用サブタイの両方にコメントする。
・サブタイ以外にも、当時のこととか、もうなんでもいいからこじつけでもコメントしてます。


GWに特に予定がなかった暇人の戯れということで、普段の感想記事以上に緩い気持ちで読んでやってください。
本当に大したことは言ってないですし、酔っぱらいがクダ巻いてるのを聞き流す、いや読み流す方向で。
あと、いつも以上にしょーもない文句ばっかりつけてる故か無駄に長いんで、お暇な時にどうぞ。





◆season12
【どんなシーズンだったっけ】
芝管理官(当時)が対立キャラだったあの頃。権藤刑事が殉職したあの時。
泰乃ちゃんがかわいくて、相馬さんがチャラかったあの頃です。


File.1 疑惑の銃撃戦! 立てこもり事件の謎!? 矛盾する弾道、接点なき共犯者の罠! 顔+歩容認証が暴く真実!! エリート管理官に潜む闇…
初回2時間。
コメントに困る。話の中に出てくる要素をとりあえずぶち込んどけサブタイ。
これに限らず、ラテ欄用サブタイはだいたいそうだと思うので、S12~13はコメントに困るなと、今始めてみて後悔している。どうしよう。


File.2 枯山水殺人! 作られた密室、描き直した紋様の秘密…
マリコには 芸術わからぬ 石と砂(字余り)
これももうそのままなので、本当にコメントに困る。不足なくとりあえず作中の要素をぶっこんどけ感。


File.3 夜祭の凶弾! 疑惑のともし火、母娘に隠された罠…
宇佐見さんが最低回。イケメン見損なった回。モテる男は女を侍らせても無罪の回。私はこの回の宇佐見さんのことなら何度だって罵れる自信がある。
こうして見ると、「疑惑」「矛盾」「罠」「謎」「秘密」とかは、一体何回ラテ欄用サブタイに出てくるんでしょうね。カウントは……各自でお願いします。


File.4 疑惑の白骨死体! 残された押収拳銃の謎
File.5 殉職刑事が残した謎 血液指紋の告発…
権藤刑事殉職回。
本放送時、前編と後編の間にまさかの1週間休止を挟み、しかも前編の予告ですっぱりと「殉職」と言い切っちゃって視聴者を絶望のズンドコに叩き落とした2013年冬。後編はバレンタインデーでしたね。
後編のサブタイでもすっぱりと「殉職」と言い切られちゃってる権藤刑事。でも言い切られた分、「どっちなんだ!」って2週間やきもきしないで済んだ……と、捉えることもできる。物は言いよう。


File.6 謎の転落死体! 不可解な落下地点!! 疑惑の花嫁、偽りの家族愛
フレッシュ☆木島っち登場回。
割とマジでサブタイそのものへのコメントに困ってきた。どうしよう。
とりあえず「謎」と「疑惑」のノルマ達成、と言っておこう(ノルマとは)。


File.7 警察犬の死角! 消えたロック歌手、途切れた臭いの罠
お次は「罠」が来たよ。
そういうわけで、妙に耳に残る歌シリーズ。わざわざ川井憲次さんが作品のために曲を書き下ろしたとかいう話のアレ。
J-ROCKを聴く泰乃ちゃんと相馬さんがかわいかった回。そうか、この2人はもう既に卒業してるんだなぁ……


File.8 疑惑の女たち! 奇妙な溺死体、不可思議な海水の秘密
はい、「疑惑」と「秘密」ノルマ達成。
イルかわいい回。水を探す回。
割とマジでラテ欄用サブタイってコメントに困るな。特にS12のは。なんか妙に真面目じゃない? ただ単に話に出てくる要素を並べただけっていうか。2サスとかにありがちなぶっ飛びサブタイがない。それとも私が、ネタ系2サスのラテ欄用サブタイに慣れちゃってるだけなのか。


Last File 罠に堕ちた管理官! 色彩認証が暴く殺意
「殺意」も割と登場率が高いかもしれない。
芝管理官(当時)さよなら回。まあその後、9ヶ月後に出てくるんですけども。
サブタイや予告にネタ要素を求めるのは、本当はよくないことじゃないかなぁと思うんですけど、でもS12のサブタイは妙に真面目でした。コメントしづらい。私が不真面目なだけか。





◆season13
【どんなシーズンだったっけ】
藤倉さん登場。ただし初登場時は鑑識課長。
第3話ではさよなら泰乃ちゃん、第4話ではこんにちは亜美ちゃん。
そしてクリスマスに視聴者を鬱と絶望のズンドコに叩き落とし、「さよならコロコロ佐久間刑事部長」からの藤倉刑事部長爆誕。
登場期間は短かったけど、広報課の和帆ちゃんが好きだった。


File.1 殺人者からの挑戦状 告発された鑑定ミス 鑑識課長に潜む闇
File.2 20年目の罠! 誘拐された真犯人 爆死まで5秒、起爆装置の謎
最初は藤倉鑑識課長(当時)も怪しい人物扱いでしたよね、みたいなアレ。
私は未だにこの話のオチ、あんまり納得してない。っていうか、鷹城さんに対するマリコさんの態度に。


File.3 狙われた観光名所! 科捜研vsサイバー犯罪 疑惑の合成写真!!
「さよなら泰乃ちゃん」の少女漫画回。殺人事件じゃなきゃもっと素直に好きだった。
今までの卒業メンバーの中では行き先が木島っちと並ぶ近さなので、いつか再登場ワンチャンあるで……!
サブタイ的には、「サイバー犯罪」というにはあまりに被害が現実に及びすぎてるので、やっぱりこれは殺人事件じゃなくて(以下省略)


File.4 京版画殺人! 破門された男vs恋人を捨てた女!! 連続殺人を結ぶ雲母の秘密
夢も力も勇気も湧いてくる、亜細亜のビーナス・亜美ちゃん爆誕。今の亜美ちゃんにこの時の映像を見せてやりたい。あと呂太くんさんにも。
相変わらず話の要素を不足なくぶち込んでくるサブタイがどうっていうか、「版画」だけに「ハンガー」みたいなギャグを入れてくるのは何なんだろうな。アレ。


File.5 矛盾する鑑定! 法医学vs化学!! 空白の15分 死亡時刻に潜む殺意
宇佐見さんとマリコさんのガチンコバトル回。
不足なく要素をぶっこんでくる系ラテ欄サブタイでも、なんかこれはカッコよさがある。なんだろ、自分が抱くこの話への印象が、サブタイへの印象も底上げしちゃってんのかなw
でも話の最後までぱつんぱつんだった本編同様、ラテ欄用サブタイでもビシっと決まってる感はある。


File.6 白骨を奪い合う女! 妻vs愛人、復讐殺人の罠!! 殺された男が仕組んだ事故!?
夜8時にメンヘラが暴れた回。『科捜研』では1シーズンに1回はメンヘラが暴れる。
もうサブタイの時点で『白骨を奪い合う女!』とかいう狂いっぷり。奪い合わないよ普通は。


File.7 過去から来たテロリスト! 獄中の鑑定対決 マリコvs殺人科学者
鷹城さん再び回。絶対「三度」があると思ってた。なかった。
「鑑定対決」は、鷹城さんとじゃなくて、この当時は鑑識課長だった藤倉さんとやってほしかった派です。っていうか、別に「鑑定対決」ではないよな、コレ。マリコさんが一方的に鑑定仕掛けてるだけ。


File.8 身勝手な証言者! 放火犯を擁護する男の罠 25年目の真実! 壊れた石地蔵の謎
久々の岩下脚本回、そしておそらくS11以来の死者なし話。
「身勝手な証言者」が指すものとは。出て来る人たち、だいたい身勝手だったからな。全員かもしれないな。


スペシャル
疑惑の観光タクシー…予告された転落事故!
奇妙なタイヤ痕、飛沫血痕の罠!! 冤罪を生んだ鑑定ミス!?
父親に尋問されるマリコ! 辞職を要求する元管理官!

視聴者を鬱と絶望のズンドコに叩き落とした、2時間ずっと重苦しかった回。クルシミマススペシャル。さよなら佐久間刑事部長。あとお久しぶりマリコパパ。おかえり芝監察官。
不足なく話の要素をぶっこんでくる系。サブタイでも「謎」もあるし「疑惑」も「冤罪」も「辞職」もあるしで、それに違わぬマリコさんのメンタルフルボッコ回。
マリコさんがここまでフルボッコくらう回は、もう後にも先にもこれだけかもなぁと思う。またこういうのをやってほしいのか、と訊かれると、どーだろう。ただ、監察対象になったマリコさんは、実は結構好き。


File.9 転落死の闇! 禁じられた検証実験!! 捜査情報を絶たれたマリコ
年が明けて、藤倉“刑事部長”との“初”対決回。
割と「実験」とか「実証」の類が「禁じられ」る傾向もあるな、というラテ欄用サブタイ。この話の鍵はまさしくそこで、それをどうやって突破するか? っていうのが面白かったなぁ。


File.10 襲われた女医! 盗まれた解剖遺体!! 奪われた二つの臓器の秘密
毎シーズン(ほぼ)恒例の、風丘先生試練回。風丘先生が身体的にダメージくらったのはこの話ぐらいだっけか。
当時、佐久間刑事部長卒業ショックからか予告のインパクトからか、「今度はまさか風丘先生が……」とかざわざわしてた思い出。
サブタイ的には、不足なく話の要素を……いい加減、飽きたなこのコメント。もっといいコメントをひねり出したいもんだ。


File.11 殺意のバイオリン! 止められた演奏、見えない証拠!! 黄砂が暴く存在証明!
1週空いた間にマリコさんがドイツに研修行ってきてお土産がアレだった回。
こういう詰め込み系の2サスみたいなサブタイに慣れてる身としてはついつい見逃しがちですけど、「殺意のバイオリン」ってなんだろうな……


File.12 フードライター殺人 残された乳酸菌の秘密 疑惑の数字、15437382が暴く殺意
女友達怖い回。相馬さんの突拍子もない推理が当たる回。マリコさんと宇佐見さんはカンニングとは無縁回。
サブタイの「15437382」より、「1256粒」の方が印象には残ってると思う。マリコさんってホントに鬼だわ。そこが好き。


File.13 美人すぎる仲居殺人 残された灰の謎!? 広報警官の闇! 漏洩した捜査情報!!
そこまでにネタフリしてたのでサブタイの時点でワクワクしてた回。さよならには早すぎたよ和帆ちゃん回。
「私はマリコさんにはなれませんでした」は、視聴当時にこっちの心がベキベキって折れた。個人的にはクルシミマスSP並に折れた。ホントにキツかった。今でもキツいかもしれん。


File.14 うどん屋爆発! 矛盾する爆風、不自然な飛沫血痕!! 疑惑の自首、女店主の罠
別に嘘はついてないどころか話そのままだっていうのに、「うどん屋爆発」のインパクトたるや。S13のサブタイ大賞はこれかもれない。
S13はBSとかCSでの再放送率が高いようで、「いったいうどん屋は何回爆発するのか」とぼやくファンの方を見かけて笑ってしまった。そうだよな……酷いよな……


File.15 最終章~偽装された火災!? 疑惑の焼死体…乱れた弾性繊維の秘密 禁じられた遺体解剖
Last File 逆転の新事実! 火災+転落死、偽装工作の罠!! ポリグラフ検査が負ける時…
いつの頃からか定着した最終章詐欺。とか言いつつ、別にそこまで嫌いじゃないです。
また「禁じられ」ている。マリコさんはやっぱり縛りプレイが好きなんでは説。
話は……放送当時は全っ然受け付けなかったし、今も完全に消化できてるかと言われると困るが、S15のおかげでそれなりに受け入れられた……と信じたい。自分の中で。好きになれてるかと訊かれると、返答に困る。そういう話。
話が悪いというか、自分の中にある地雷を思いっきり踏まれた感が嫌だったんだろうなぁと当時を振り返る。あと、S13~14の辺りで自分が期待していた「こういう話が見たかった」像とは全然違うものが出てきたから、戸惑いもあったんだろうと思う。なんだこれ、今更すぎる言い訳なのか。





◆season14
【どんなシーズンだったっけ】
vs藤倉刑事部長完結編。S13以降、現在唯一の1クールのシーズン。そのためか、クール終了後にSPが2回あった変則的なシーズンでもある。あと、久々にレギュラー入れ替えがなかったシーズン。
ここからはオサレサブタイとラテ欄用サブタイの2つがあるので、2つまとめてコメントしていこうと思う。手間が2倍にならなきゃいいな。


File.1 カリスマ奪還計画(死の爆風がマリコを襲う! 廃墟の銃撃計画の裏を暴け!!)
File.2 惨劇の法廷(仕込まれた大量爆弾鑑定の謎! 惨劇の法廷怒涛の完結編)
初回前後編。マリコさんが藤倉刑事部長に敗北するフラグ回。
S14のサブタイは、なんというかS12のラテ欄用サブタイじゃないですけど、話に出てくる要素、キーワードそのままって感じのが多いですよね。オサレサブタイの方でも。真面目っていうか。(ネタ的に)開き直り始めたのはS15からじゃねーかな。たぶん。


File.3 祇園日本髪殺人事件(毛髪鑑定を拒否する舞妓妻! ブラウス姿に日本髪の女の謎!!)
舞台が京都で日本髪云々ってことで、なんか山村美紗サスペンス感あるオサレサブタイ。
ラテ欄用サブタイの方は、今までと同じように不足なく話の要素をぶち込みました感。特にコメントが思い浮かばない。2サスとかではよく見る。


File.4 殺人ゴミ屋敷(ゴミ屋敷殺人事件! 多過ぎる証拠品~執念の科学鑑定の果てに)
同情するなら片付けてくれ回。マリコさんっていうか沢口さんが、撮影中にゴミ屋敷セットの中で、2回も思い切り鴨居に頭をぶつけた回。家が揺れるぐらいの勢いで(風間さん談)。
オサレサブタイの方は、マジでコメントが思いつかない。そのまんまだし。
ラテ欄用サブタイの方がコメントできそう。こっちも話そのままなんだけど、確かに『多すぎる証拠品~執念の科学鑑定』だったよなぁ、あの回。凄まじい量のゴミを漁っていく科捜研の皆さん。視聴者に科捜研という職業を誤解させる回(今更)。


File.5 国会議員と警察犬(科学鑑定vs警察犬! 殺害現場に国会議員の靴跡~冤罪の罠!?)
香坂さんお久しぶり回。そういえばS16はせっかく「vsスペシャリスト」がテーマだったのに、香坂さん出なかったな……このテーマなら絶好のキャラだと思うんだが。もう既に1回、「vs」回をやってるからだろうか。
オサレサブタイもラテ欄用サブタイも、話の要素をそのままぶち込みました系なので、コメントが思いつかない……
S14の中では重要な回であることは重々承知の上で、それでもやっぱり自分の中であまりこの話が好きじゃないので、それもあってコメントが微妙になる。ジンクスはかわいかった。


File.6 天才科学者に挑戦(欲望の殺人実験室! リケジョと裏金の陰謀 鑑定不能の粉末血液)
相馬さんも身近な人が犯罪者になっちゃったね回。最初から最後までネタ回。特に最後。相馬さんはマリコさんの愛弟子。付き合いのいい土門さんにじわる回。
オサレサブタイの方は特に言うことはないんですけど、ラテ欄用サブタイの方はなんというか、微妙にオヤジ向け週刊誌みたいなゲスい感じがちょっと好き。こういうのばっかりだと困るけど、まあたまには。


File.7 失われた一週間(間違った結婚の果てに…脳指紋検査が暴く記憶喪失男の謎!)
脳指紋検査大好き岩下脚本回。死者なし話回。今のところ、これが最後の死者なし回……なのかな。
これも結構そのままなのでコメントに困るんだけど、S14の中で好きなサブタイを挙げろと言われたら、たぶんこの回を挙げます。私はシンプルなのが好きなんだと思う。


File.8 疑惑の解剖ドクター(最終章~古都を襲った無差別テロ! 解剖医による疑惑の鑑定!!)
Last File 白昼の殺人雨(白昼の殺人雨! 模倣犯による最悪の集団死 マリコ路上に死す!?)
野村宏伸怖ぇよ回。佐沢先生に無慈悲なプロポーズキャンセルをかますマリコさんが鬼の回。終わり良ければエブリシングオッケー回。
「白昼の殺人雨」というワードがオサレサブタイにもラテ欄用サブタイにもあるので、たぶん自信のあるワードだったんだと思う。私も好きです。S14の中では2位です。1位は上記の通り。
マリコさんは作中だけじゃなく、サブタイでも何回殺されてるんだろう……その度に生き返る不死鳥のマリコさん。そろそろマリコさんの生き血を狙う輩が出てくる頃。


年末スペシャル
白骨死体は30年前に夜逃げした親友!? 涙と執念のDNA型鑑定! 東京~大阪1100キロの大捜査! 繁華街の大爆破 迫る女探偵の罠~マリコの過去が明白に!!

センチメンタル・マリコ回。骨で始まり骨で終わる回。マリコさん若年性健忘症じゃねーの回。
「マリコの過去が明白に!!」っていうか、アレはただマリコさんがものすごい勢いで過去の思い出を忘れてただけだろう。
正月SPも含め、単発扱いの2時間SPだとオサレサブタイがつけられないのは何故なんだろ。あってもいいじゃんね。自画自賛ですけど、「センチメンタル・マリコ」は結構自分でも上手いこと言ったなと思ってる。勝手に。


新春スペシャル
科学捜査vs祟りの村 恐竜の化石発掘現場から出現した白骨死体! 京都~日本海を結ぶ奇妙な手紙! わらべ唄通りに連続殺人が!! 鑑定が告げる壮絶な真実

壮大な2サスパロディ回。東尋坊で2サスごっこしてたら、本当に2サス的事件に巻き込まれる回。
話の内容があそこまで2サスパロに徹底してたので、サブタイももうそうにしか見えない。2サス。
クライマックスの崖シーン、あれは「今回は2サスパロ回」というのを念頭に置いて見ると、マリコさんも土門さんもすごく忠実に2サスの真相解明シーンをやってらっしゃるんで、犯人の告白に泣けばいいのか状況に笑っていいのか複雑な顔になれる。おすすめ。





◆season15
【どんなシーズンだったっけ】
vs死神落合刑事。あと個人的には、S13から続くストーリー要素にケリつけたシーズンだとも思ってる。
オサレサブタイ的にエンジンがかかりはじめたのは、たぶんここから。ラテ欄用サブタイもネタ要素が加速している気がする。


File.1 煉瓦の家(マリコVS死神と呼ばれた女刑事! 鑑定の盲点を突いた肌色の銃弾!! 刑事の命を奪う危険なお守りの謎!?)
さよなら木島っち回。ようこそ蒲原青年回。怖ぇよ落合刑事回。
オサレサブタイの方は、「そのままだろ」感ありつつ、でも「これがいいよな」と納得もできる感じ。
ラテ欄用の方は……これだとまるで、木島っちが殉職したみたいに見えるだろやめろ。「刑事生命」と捉えれば、まあ……


File.2 見えすぎた女(オーロラに殺された女!? 科学が暴く透明な壁画の謎!)
スーパービジョン回。S15の通常回なら、やっぱりこれが一番好きだー。
贔屓目全開で言いますが、オサレサブタイもラテ欄用もどっちもビシっと決まってて好き。ラテ欄用は謎めいた感じと神秘的な感じが、オサレサブタイの方はダブルミーニングだからもっと好き。
お前がただ単に岩下脚本回好きなだけだろ、みたいなツッコミは、たぶんもう皆さんはとっくに抱いているツッコミだと思う。その通りです。


File.3 死神の正義(顔も見ずに顔認証!? 寝不足のクマが暴いた女刑事の嘘)
蒲原青年に死亡フラグ立ったぁ! とか思ってた回。実際に立ってたのは落合刑事の方だった。
オサレサブタイの方はまさしくS15全体を表すサブタイだったんで、そういう意味でも重要。でもそれに気づいたのは、最終回まで観た後だった。鈍いな私。
ラテ欄用の方は……なんかS15から、ラテ欄用はラテ欄用ですっげぇネタに走り始めてねーか? って気がします。インパクト重視っていうか。いや、確かに嘘はついてないけども……


File.4 イケメン書道家殺人事件(美しき書道家殺人! 筆跡鑑定の盲点をつくプリンの謎)
S15感想のまとめでサブタイ的ワースト扱いしたんですけど、今も「ダッセぇな!」って思ってますしそう言います。ダサいです。ここまで3話、サブタイ的にも頑張ってきてこれかよ。と、全力でdisる。
ラテ欄用も、なんか徐々にネタに走り始めてるがまだ思い切りが足らない。コメントが難しい。


File.5 致死率100%の密室(致死率100%の密室…閉じ込められたマリコの殺人鑑定)
宇佐見さんみたいなイケメンは女性におでここつんしても無罪の回。遠隔解剖回。命の危険にさらされるのがマリコさんではなく宇佐見さん、というのが物珍しかったよなぁ。いやまあ、お芝居だったけど。
「致死率100%の密室」が、オサレサブタイとラテ欄用の両方にある。
こういう創作に置いての「100%」とはつまり「0%」のこと。命中率が80%でも体感では40%ぐらいに感じるみたいな、そういう話。違うか。
……だんだん、コメントが適当になってきている自覚はある。疲れてきた。


File.6 連作きもの殺人事件(必殺シミ抜き名人の裏技鑑定! 自在に色が変わる高級着物の謎)
オサレサブタイの方は、なんか確かこれに決まる前にもうひとつあった覚えがある。「きもの」が漢字だった、ような……メモとってないからうろ覚えだけど。
山村美紗サスペンス感あるオサレサブタイ。嫌いじゃない。むしろ好き。
でもラテ欄用の「必殺シミ抜き名人の裏技鑑定!」は酷いと思うw ネタに走りやがったな、という感じだ。それに続く後半のサブタイも。


File.7 どっきり殺人レシピ(美食家殺人!! ゴーヤの5倍苦い毒殺レシピの味覚鑑定)
マリコさんがダークマターを生成した回。風丘先生は料理上手回。
S15で一番はっちゃけたオサレサブタイはこれなのかな。それに違わぬネタ回ぶり。
蒲原青年の甘党が発覚する回でもある。たぶん「味覚」がテーマだったからなんだろうけど、それがまさか現在も地味に続いてるとは思わんよな。相馬さん卒業回ではとうとう台詞で公言されたし。


正月スペシャル
国際空港大パニック~関空発・死を呼ぶ危険ドラッグが京都を襲う!
防犯カメラに写らない女VS最新3D鑑定!
追跡を阻む山荘爆破の罠…絶体絶命のマリコをハチの大群が救う!?

正月から落合刑事が暴れまわったSP。だからなんで2時間だとオサレサブタイが消滅するんだ。
話の要素をぶち込んでおくスタイル。確かにハチの大群に救われた……けども、結末はアレだったしなぁ。


File.8 スペシャリストたち(スペシャリスト緊急参戦! 完全犯罪を暴く生きた人間の検死!?)
『スペシャリスト』とコラボ回やりつつ、毎年(ほぼ)恒例の風丘先生試練回。亜矢ちゃんは未来の貴重な人材なので、反抗期でも目を瞑ってあげてほしい回。
この回での「スペシャリスト」=風丘先生と宅間さん。ってことで、「vsスペシャリスト」がテーマのS16でもきちんと「スペシャリスト」として扱われた風丘先生でした。っつーか、テーマの割に「スペシャリスト」感が薄かったS16の中でも、かなり真っ当に「vsスペシャリスト」やってた回だよな、アレは。
サブタイ。ラテ欄用の「生きた人間の検死!?」は酷いw そういう違和感を狙った、インパクト重視のツッコミ待ちのタイトルなのはわかってて言うけど、死んでねーよ! 殺すな!
あと、「緊急参戦」ってほどには宅間さんは出てきてない。でも美味しいところだけ持っていった。この回と同日には『スペシャリスト』連ドラ初回が放送されて、そこで木彫りの熊の秘密とかがわかるようになってたのは笑った。


File.9 ニセ妊婦殺人事件(妊娠を偽装した女!? 足跡痕が暴く1000万円強盗殺人!!)
恐怖のメンヘラスケッチ回。
割とマジでコメントに困ってる。これ以上のコメントが浮かばない。サブタイも「内容そのまま」だし、話の内容もよく覚えてない。ただ、視聴当時もメンヘラスケッチブック以外の印象が残らなかったことは覚えてる。あとゲストのもみたんぐらいか。


File.10 悪の枝(京都-富士山~ストーカーは2度死ぬ!? 必ず枯らす植木鉢の謎)
オサレサブタイはシンプル・イズ・ベストで大好き。やっぱり私はシンプルなサブタイが好きみたいです。
これはマリコさんの性善説が敗北した回で、実は過去のクルシミマススペシャルや死神落合刑事とはまた違った意味で「マリコさんの正義」が通用しなかった回なんじゃないかなぁと思ってる。そういう意味では、結構重要な分岐点な気もする。ただまあ、これ通常回だしな……


File.11 終活ミステリーツアー(800の指紋を持つ女~死者がネックレスを買い歩く!?)
ラテ欄用サブタイは、ネタ2サスみたいで嫌いじゃないです。
オサレサブタイは、確かに終活絡みで色々京都中を歩き回ってたのを辿ってた話だけども、という感じ。
話が好きじゃないと、どうもサブタイへのコメントもいい加減になってる自分に気づく。ここらへんで自分の力量の限界と、自分が今限界まで眠いのに気づく。肩凝ってる。


File.12 殺しのナンバー(京都~富士山400キロ地底大捜索! 順不同な殺人予告カードの謎)
ミッシング・リンク系のミステリやりつつ、死神落合刑事と女子会回。お団子が美味しそう回。
別に「400キロ地底大捜索」はしてないんだが、こういうラテ欄用サブタイはインパクトが命だから。
この回は、ここまでの話でめちゃくちゃガチガチに張り詰めて影が濃すぎた死神落合刑事が、ふっと緩んだ感じが好きだった。簡単に言えば、チャーミングな面が見えた。それでも強キャラ感が失われなかったのが好きだった。


File.13 耳撃者(音で暴く美人作家のダイイングメッセージ~時計が遅れる密室)
未だに正しい読み方がわからないサブタイ。公式で教えてくれないだろうか。
こういう、パッと見で目を引く違和感のあるオサレサブタイが好き。話の内容にも合ってるし。
私はこの回、土門さん回としてはノーカンにしたい。あんまり好きじゃない。


File.14 絶対に捕まらない男(最終章! 塀の中からアリバイ工作!? 内出血が暴く偽装自殺の謎)
File.15 絶対に捕まえる女(マリコ最後の鑑定! 完全犯罪を暴く衝撃のDNA奪取)
最終章詐欺。「リベンジ!」。最終回のサブタイトルが全て。
ということで、S15の最終回。春SPはサントラ第二弾の壮大な販促なので。
マリコさんはサブタイトルで何回「最後の鑑定」を迎えているのか。何度でも蘇る科捜研の女。アレか、海外で『科捜研』がゲーム化されたら、マリコさんの名前は「マリコ・フェニックス」とかになるのか。ならねーよ。
「マリコ(さんが対立キャラたちとの因縁を終わらせるための)最後の鑑定」じゃねーのか、と思ってる。そのラストで「これからも闘い続ける」(意訳)宣言するマリコさんは、やっぱり特撮ヒロインだなって。


春スペシャル
謎の美人四姉妹の周りで次々と殺人が! 犯人は…魔女!? 誘拐! 殺人! 詐欺! 止まらぬ凶行はマリコをも襲い…!? 完全犯罪トリックを科捜研が暴くノンストップ2時間SP!!

なんかこれ、もうひとつ別のサブタイトルがあったんじゃないかと記憶してるんですが、Wikipediaに載ってなかったんで。
サントラ第二弾販促SP。話の筋が「2サスになっちゃいました」感あったんで、こういう内容そのままぶっこんだ2サスみたいなサブタイでも、「まあそうだな」っていう感想になる。





◆season16
【どんなシーズンだったっけ】
テーマは「vsスペシャリスト」。でも、正直テーマの割にちゃんと「vsスペシャリスト」をやってたかと言われると、どうだろうな。
あと、「マリコさんの衝撃的シーン」も隠れテーマ。それ故か、マリコさんのコスプレ回数も、おそらく過去ダントツです。
そういうところもひっくるめて、S16は「マリコさん萌え」のシーズン、『科捜研』の魅力を再プレゼンしちゃいます!」シーズン、だと思ってる。


File.1 仮面の男(美女誘拐! 覆面犯を透視する0.2秒の微表情解析!)
File.2 顔のない男(新幹線急加速…決死の人質救出作戦!! 空飛ぶ巫女の謎)
微表情回。タルンカッペさん回。
『顔のない男』ってのは『相棒』にもあったな、しかも同じく前後編でしかも脚本家さんも一緒だったな、みたいな、どうでもいい重箱の隅をつつく。もうそろそろ疲れてきたんだ。
巫女さんは確かに空を飛んだが、蓋を開ければそれは巫女さんのコスプレをさせられたオッサンが叩き落されたという、どこに需要があるんだそれみたいなニッチな世界の話だった。それ言ったら、そもそも普通の巫女さんでも空飛んだりされたら困るんだけども。


File.3 夫婦愛修復ミステリー(夫婦問題カウンセラー殺人! 死体が破いた離婚届の謎)
マリコさん再婚……じゃないけど、勘違いコメディ回。
「夫婦愛修復ミステリー」って、つまり渚先生夫妻がどうしてあそこで仲を修復できたのかが一番のミステリー、みたいな。違うけど。
別に死体は離婚届を破いてない。インパクトだけを重視して嘘をつくサブタイ。


File.4 猫の時間(決死のヤミ鍋鑑定! 誕生日に殺された美女の謎)
マリーダム猫回。藤倉刑事部長の中の人のワガママが叶えられちゃった回。
ラテ欄用の方、内容に全くかすってないわけじゃないのに、話の重要なポイントには全然触れてないのがちょっと笑える。
そう言われてみると、この話で重要なのは「マリコさんがマリーダム」だったところと、「藤倉刑事部長の助言やラストの会話が感慨深い」ところなんで、それをサブタイで表現しろとかいうのは無理難題だよな……って感じだ。そりゃそうだよな。


File.5 掃除の達人(殺人現場を消す女! 掃除の達人vsマリコの大根おろし)
ラテ欄用サブタイの方は、Twitterとかで「どんな話だよ……」みたいな反応をされてたのを覚えてます。ネタに走ったサブタイ。マリコの大根おろし(意味深)。
個人的には話は本当に好きじゃないんですけど、今期における真部脚本回は全て「vsスペシャリスト」「マリコさんの衝撃的シーン」というテーマをきちんと守った上で話を描こうとしていたのはわかる。でも好きじゃないです。


File.6 咲かない菊の謎(京都職人技殺人! 血が付かない和傘vs電気仕掛けの女)
和傘が綺麗だった回。
……「電気仕掛けの女」ってなんだ。ライトアップのこと言ってんのか? それとも、みさきさんが真犯人に復讐する際にスタンガンを使ったこと言ってんの? どっちでも、いまいちピンとこないな。まさかマリコさんじゃないだろうし。
オサレサブタイの方は、なんか山村美紗の原作とかでありそうなタイトルですよね。適度に謎めいている感。


File.7 爆弾配達人(マリコvs爆弾配達人~“八ッ橋”が暴いた暗号文の謎)
File.8 最後のターゲット(科捜研vs連続爆破犯…衝撃のクライマックス!)
相馬さんさよなら回。
サブタイ的になんか面白いかと言われると、そうでもない。「内容そのまま」だし。
ただ、確か前編の第7話の方は、最初は別のサブタイだった記憶があります。なんだったかなぁ。


正月スペシャル
24年前の未解決事件が、再び動き出す!
赤ちゃん誘拐発生!手口は24年前の事件と同じで…
被害者はその時の容疑者だった!?
時を超えた事件を最新科学捜査で追う2時間SP

ようこそ呂太くんさん回。岩内さんが言わないせい回。
2時間SPになるとオサレサブタイ消滅。
この話の終盤の取調室での真相解明シーンは、やっぱり何度見ても集中力保たなくてキッツい。「小説で読みたい話」と仰ってた方がいらしたんだけど、まさしくそれだ。強制的に映像で流れちゃうより、自分のペースできちんと説明を頭に染み込ませたい感じの話。
サブタイ的には、「そのままだよね」と。


File.9 解剖を拒む女(マリコvs疑惑の女医! 重い持病を持つ男性が神社の階段から転落死の謎)
毎年(ほぼ)恒例風丘先生回。マリコさんvs風丘先生回。そして呂太くんさん成長回。
上にも書いた通り、テーマの割に「vsスペシャリスト」感が少なかったS16において、数少ないテーマをきちんと真っ当に取り扱った回だなと思ってます。もちろん、その「スペシャリスト」とは風丘先生です。
サブタイ的には面白みは特にないんだけど、大好きな回です。解剖を拒む理由もきちんとあるし。


File.10 偽りの鏡(嘘に殺された美女! 脳科学が暴く人気モデルの裏の顔)
脳指紋検査が進化して帰ってきた岩下脚本回。過剰な自意識が人を殺す回。現代人の痛いところ突きまくり回。そして何より、マリコ姫回。
「偽りの鏡」も、シンプル系統で好きなサブタイ。この前の「ときめきサブタイ」に入れそびれたのを後から思い出して悔やんだ。
なんていうか、サブタイからして童話っぽいというか、どことなくふわっとファンタジックな、そんな『科捜研』には珍しい雰囲気なのが好き。
ラテ欄用サブタイは、なんとなくちょっと週刊誌の見出しっぽさがあるなw 嫌いじゃないです。


File.11 おもてなし殺人!?(グルメ格付け殺人! 死を呼ぶ裏メニューで人間発火!?)
マリコさんシャレオツデート。この話における土門さんの存在意義は、本当にただ「マリコさんとフレンチデートする」というミッションだけだったと思う。
「死を呼ぶ裏メニューで人間発火!?」、このくだりが何ひとつとして本当じゃないのがすごい。インパクトだけを重視して嘘を突き通す系サブタイ。クレープ・シュゼットは裏メニューじゃねーし人間も燃えてねーよ、ただリキュールがブランデーだったり、服の袖がちょっと焦げただけじゃねーかって。これにマジでツッコむのは野暮の極みなんでしょうけど。


File.12 京都花街殺人事件(マリコVS京都花街の女! 舞妓の仮装行列を透視鑑定!?)
土門さんがガチで出張行っちゃった回。「粋」の回。「『粋』とかわからねーよ」で開き直るマリコさん・蒲原青年頑張れ回。
この話でマリコさんが闘ってたのは、どっちかといえば「粋」を振りかざしてた兵藤刑事な気がするがw
オサレサブタイの方は、これもまた山村美紗サスペンス感あるサブタイだ。でも嫌いじゃないです。
ラテ欄用の方ではここから3話ほど、マリコさんが誰かと対立してるサブタイが続きます。なんでなんだろ。


File.13 似顔絵の女(マリコVS似顔絵捜査官! 顔が上下逆になる殺人犯の謎)
八幡未知さんかわいい、そして佐々木一郎さん素敵回。
『似顔絵の女』がダブルミーニングであることに、Twitterで見かけて気づきました……そうか……
マリコさんは別に未知さんと対立してたワケではなく、むしろカウンセリングしてあげてたぐらいだと思うが、争いを煽った方が目を引くのはわかる。


File.14 空海の密室!?(マリコVS超常現象を呼ぶ女!? 空飛ぶタイヤと密室の謎)
大ネタ密室回。
オサレサブタイは「くうかい」か「そらうみ」か、それが問題だ。どっちでもいけるか。
ラテ欄用サブタイの「超常現象を呼ぶ女」って誰だ。「女」だからちょいワル住職でも小柳さんでもない、となると、もしかして土産物屋さんの保科さんのことなのか。別に保科さん、密室トリックや周囲の怪現象には何にも関係してないのにw
いや、過去に地下水の流れで事故に遭遇してるわけだから……いやいや、でもそれも強引だよな……


File.15 七枚の迷宮(雪山カップルを狙う銃弾! 5℃以下で白く光る美女!?)
冬山でマンハント回。悪女がしっちゃかめっちゃかにしていった回。事件の舞台設定だけなら『かまいたちの夜』感がある。
オサレサブタイは、なんか有名ミステリ作家の短編にありそうなサブタイですよね。これは脚本の戸田山さんが自ら付けたらしい。なんか、サブタイでワクワクできるってすごいな。「写真」というキーアイテムでミステリを映像で効果的にバシッと見せてるのも好き。


File.16 地獄のバスツアー(マリコVSバスジャック犯!! 100均グッズで決死の鑑定)
マリコさん、実はネゴシエーターもいける回。っていうかマリコさんを敵に回すと怖い回。犯人が愛すべきウルトラバカだった回。
オサレサブタイは、いったい誰にとって「地獄」だったのかを考えてみるとじわじわ来る。マリコさんは別にあの状況に地獄は感じてなかったと思うw
ラテ欄用。「100均グッズ」じゃねぇ! 確かにあの場にあったものは100均でだいたい揃うけども! いや、肝心のブルーベリージャムは微妙かも。
この回を「夏休みの自由研究」って仰ってる方がいて、「ああ、確かになー」と。


Last File 完璧防犯システムの家(最終鑑定…完全密室の罠に落ちたマリコ!! 衝撃ラスト)
現段階でS16の最終回。これから後に(おそらくあるであろう)SPが放送されたとして、それはS16扱いなのかどうか。
マリコさんは何回の最後の鑑定をすればいいんだろう。そしてどこが「衝撃ラスト」だったんだ。あまりに通常回な今回でS16が終わったのが衝撃だったとかそういう話なのか。
マリコさんが殺されかかるのはいつものこと。ホントにもうお祓いへ行こう。マリコさんが神や仏にすがるとは思えんが、行かないよりかはマシかもしれないし。





如何でしたでしょうか。
サブタイを見て、「こういう話もあったな」と思い出したり、再放送時の何かの目安にでもなれば幸いです。
こんな酔っぱらいがクダ巻いてるようなしょーもない記事で、何かの目安になるのかっていうのは自分でもかなり疑問ですけど。あと、「サブタイ」がテーマなのに話の内容についても結構ぐだぐだあれこれ書いてて、これいつもの感想と変わんねーじゃん、とも思う。
ただ、S14以降はラテ欄用のサブタイは自分ではチェックしてなかったので、こうやってチェックするのが楽しかった。あと、いつもとは少しだけ視点を変えて好き勝手言うのも楽しかった。つまり、私ひとりが楽しかっただけだなw
そんな感じで、余暇を持て余した暇人が素面でクダ巻いてたよと、そういうことでご勘弁ください。
っつーか、読み返すとホントいつも以上に書いてることがしょーもないし感情的すぎるな。夜中のテンションで書く記事ではなかったかもしれない。反省。

……シリーズ全部とか、絶対無理だったな。S12からにしておいてよかった。
っていうか、S16までやる必要はなかったかもしれん。現在お蔵入りしかかってるS16の感想まとめに取っておけばよかった。しまった、失敗したw S16の感想まとめで同じようなこと言ってても見逃してください。
おそらくあるであろうSPの情報、早く公開されないかなぁ。

タイトルとURLをコピーしました