【科捜研の女 season16】第17話 感想

科捜研の女
スポンサーリンク

Last File 完璧防犯システムの家

ゲスト:佐藤仁美、石橋保、大寶智子、土屋シオン、平山咲彩、平岡秀幸

脚本:真部千晶
監督:森本浩史




今週のアンケートです。投票してくださった皆様、ありがとうございました!
そんな感じで、もう選択肢からして「全部嫌だよ!」が皆さんの総意だとは思うんですけど。マリコさんの科学ライフ、サバイバルすぎない?
その中でも一番サバイバルな灼熱倉庫が1位。マリコさんが身体的に一番ボロボロになった話はコレなのかな。
どれが一番嫌っていうか、個人的に一番話のトラウマ度がダントツなのは、やっぱりシーズン13のクルシミマススペシャルだな。あの話は2時間ずっと重たかったからなぁ。マリコさんすら一旦折れかけるし。挙句、佐久間刑事部長は辞めちゃうし。藤倉刑事部長が好きであること前提で言うが、あの話は再放送で見る度に胃が痛む。


というわけで、いつでもサバイバルな科学ライフを送るマリコさんを見られるのも、(一応、一旦は)今回が最後!
本編!





◆いくら寝起きとはいえ、初っ端から佐藤仁美が悪い顔してて草。
今や『ショカツの女』ぐらいでしか、真っ当にいい人役な佐藤仁美を見かけない気がする。


◆朝っぱらから臨場するはめになるマリコさん。ボタンが押された時間と血液の状態からするに、遅くても7時半ぐらいには臨場してたってことだろ? 嫌だなぁ。
あの修羅の都、本当に昼夜問わずに事件が起きるんだな……


◆大きな音にビビる呂太くんさん、犬……いや、野生児。
警察の現場検証中は普通、防犯システムの電源なんて切るもんじゃないかなぁと思うんだけど。


◆今期は何かとマリコさんの無茶振りのイメージが強くて、風丘先生の「開いてみましょうね」は少なかったんじゃないかなぁと思う。うろ覚えの記憶頼みで適当に言いますけど、たぶん、今回で2度目ぐらいじゃないっすか?


◆日野所長が投げやりに浩乃さんを犯人と決めつけてて草。まあ、佐藤仁美だし。確かに後妻業やって用済みの旦那はさっさと殺しそうではある。
そんな浩乃さんの疑いを少しだけ晴らすマリコさん。蒲原青年を犠牲にして。
蒲原青年が「被害者と(身長が)同じね。ここに立って」ということで実験台になるのはこれで2度目。1回目よりは遥かにマシな実験である。
ボールでどつかれた後、「この女、マジで思いっきりどつきやがった……」みたいな顔してて大草原。でもマリコさんが「思い切り」って指定してるし。仕方ない。
それに、マリコさんに腕を掴まれて、至近距離で「動かないで」と言われたんだからそれでよくない? 私は言われたいですけど。


◆検証のために壁を登らされる呂太くんさん。呂太くんさん、今までの物理担当の中で一番身軽な感じだな。なんか服装や髪型はもっさりしてるのに。
「地上からが無理なら地下から」という発想、つまり呂太くんさんはやはり本格ミステリのファンなんですよ! 私もいい加減しつこいな。
呂太くんさんのタメ口に、正月スペシャルのときは引きつつも流してたし、この前の雪山のときは被害者たち救出の雰囲気もあって許容してたのに、今回になってようやく「……『よ』?」と引っかかる藤倉刑事部長。マリコさんまでがちょっと顔ひきつってるw
それにしても、こんなに人がいる刑事部長の部屋は初めて見た気がする。なんでこんなにいるんだろ。


◆呂太「誰にだって堂々とタメ口。それが僕の個性だもーん」
それはダメだろ呂太くんさん。それはダメです。これは愛せないタメ口です。少なくとも、私は愛せない方向のタメ口です。
ただ、呂太くんさんのタメ口自体は好きなので、ぜひ来期以降もそこらへんは貫いていただきたい。若干マイルドになるのは構わないけど、呂太くんさんらしさは失わないでほしい。お願いします。


◆黒にゃんこのスマホカバーに心奪われる亜美ちゃんがかわいいです。スマホカバーより亜美ちゃんの方がかわいいです。帰るときまで「あのスマホカバー、どこに売ってるんだろう……」とか言ってるぐらい心奪われてる亜美ちゃんの方がかわいい。亜美ちゃんの能力を持ってすれば、スマホカバーを売ってる場所なんて秒でわかりそうだけどなw
ついでに言うと、亜美ちゃんのヘアアレンジがかわいい。オタサーっぽさがある。姫ではないだろうけど。亜美ちゃんは髪が長いから、ヘアアレンジもたくさんできてかわいいよなぁ。


◆話の真相を知ると、つまり秋月さんは美央ちゃんを助けたいけど事実をはっきりとは言えないから、さりげなく娘の存在を警察の人間である科捜研のマリコさんたちにアピールしたみたいな、そういう話なんですかね。
なのに秋月さんは、主犯である矢野さんにわざわざマリコさんの様子を伝えたってことなんですかね。その後、矢野さんが何をするつもりか、皆目見当もつけないままに。


◆話の真相を知ると、つまり浩乃さんはマリコさんを家に入れておきながらマジで朝まで寝こけていたことになる。夫が殺されたばかりの家で、まだ犯人もわかってない状況で。しかも、マリコさんが帰ったのすら確認しないままに。
玄関のドアはオートロックみたいだけど、それにしたっていくらなんでも肝座りすぎだろ。無神経すぎない?


◆風丘「まさか……またこの間みたいに、なんか事件に巻き込まれてるんじゃ!」
風丘先生の発想、もう視聴者たちの総意の感。みんなそう思ってる。
もう面倒だから、マリコさんの身体にはGPSを埋め込んでおこう。受信機は私と土門さんと日野所長で持つってことでどうでしょう? 異論は認めない。
先週土門さんが「無茶をしなくなったら榊マリコじゃありません」とか呑気なこと言ってるから、2週連続で日野所長がマリコさんの心配をするはめに。マジで日野所長、頭髪と胃腸がやられるんじゃなかろか。土門さんは反省して、責任もってマリコさんを小一時間説教してください。
今回の話はマリコさんがいない中、それでも奮闘する日野所長が素敵でした。カッコいい。抱いて!


◆マリコさんは、実は意外にそこまで身長は低くない。160センチ近いし。周りがみんなデカいんだよなw
マリコさんを探すために、日野所長が臨場━━━━(゚∀゚)━━━━!!
カッコいい。もうなんか今回は日野所長がカッコいい。それだけでもうなんかあとはどうでもいいです。いや、よくないですけど。


◆マリコさん捜索のテーマはseason11。season11でも確かマリコさんがぶっ殺されそうになった回あったな。本当にマリコさんは学習しないよな……「頭いいけどバカ」だよな……
土門さんは日野所長と宇佐見さんには敬語。なんか萌える。


◆案外あっさり見つかったマリコさんの縛られ方はどう見てもそういう趣味がある人の仕業にしか見えない。私の心が汚れてるからだろうか。マリコさんが結構ぐったりしてたのが更に。
ここからはすっごいアレな個人的な話なんですけど、マリコさんっていうか沢口さんを縛りたいみたいな願望はよくわかる。なんだろう、沢口さんは追い詰められたりしてんのがマジで色っぽい。『科捜研』に限らず、身体的・精神的問わずボロボロになってんのがすごくグッとくる。なんかこんな話、以前の東映公式で見た気がする。
私が見た中で一番グッときた沢口さんは、ドラマなら『ネタ元』の真知子さんだし、舞台含めていいなら『シングルマザーズ』の舞台版が一番グッときましたね。
硬いヒロインが、逃げ場もなく追い詰められて張り詰めてるのがめっちゃグッときます。私の個人的な好みの話かもしれない。何の話だ。
助け出す時、土門さんがマリコさんの胸も肩も腕も触ったぁー! やだえっちー! 冗談です。
それにしても、土門さんに抱きかかえられるとマリコさんの細さがわかる。土門さんがデカいの? いやでも、本当に華奢な身体だよな……


◆秋月さんの元へ行こうと立ち上がる時、さりげなく土門さんがマリコさんの腕に触れてた。
内藤さんはアレやな、やっぱ手がめっちゃエロいな。
何を言ってるんだ私は。
助け出されてからそう経たないうちに、スタンガン食らったのに病院に行くこともなく現場検証をするマリコさん。
まあ、今までのピンチよりはだいぶ危険度が低いとはいえ、一応一晩監禁されてたんだしさ……マリコさんはもう少し、自分の体を大事にしていただきたい。結構マジで。


◆藤倉「お前のその頑固な、はた迷惑なほどの粘り強さのおかげで、冤罪を防げた。ありがとう」
お礼を言った上に頭まで下げる藤倉刑事部長。挙句、ちょっと笑ってるし。これはもう、season16が藤倉刑事部長のデレ期だからだと思う。
ただ、今回の藤倉刑事部長はなんか違う人みたいだ……私の中では、藤倉刑事部長はこんなんじゃないです! 知るかよ、って話ですね。
藤倉刑事部長に頭下げられても何も言葉が出てこないマリコさん、やっぱり女王様なんじゃないかな。土門さんに促されて出てきた言葉も「これからも、頑張ります」って、中学生じゃないんだから。
土門さんも、藤倉刑事部長のためにフォローするぐらいには態度が軟化してるんだな……そうか。


◆風丘「でもマリコさんが無茶できるのも、みんなに守られてるからなんだよねー」
日野所長の胃と頭髪がダメになる前に、マリコさんにはぜひ風丘先生のこの言葉を100回音読していただきたい。
呂太「もし僕がいなくなっても、ああやって捜してもらえると思うと、安心だなー」
君、いなくなる予定でもあるの? 『科捜研』の科捜研では、襲われるのは女子メンバーだけだよ? 今のところ、亜美ちゃんはまだ無事だけど。
亜美「捜さないよ? 代わりに、もっといい後輩に来てもらおう」
日野「言葉遣いを直すんなら、捜してあげてもいいかな」
呂太「これは僕の個性だよー」
ここで宇佐見さんすらフォローをせず、「『だよー』……」と呟いてるの笑う。宇佐見さんも、言わないだけで呂太くんさんのタメ口にはかちんと来てんのかなw



テーマが「vs完璧な防犯システム」なのに、「防犯システムの提供側に共犯者がいた!」ってのはどーなんだろな。マジックショーのサクラじゃねーんだぞ。
通報ボタンを押したのが矢野さんだって映像で示されてたけど、でも別に捜査段階で「誰が押したのか」が問題になってないんで、そこでいきなり矢野さんが通報ボタン押してる映像差し込まれてもな。ボタンの指紋の話題すらなかっただろ。いいのか、それ。

で、秋月さんの監視癖とか父娘の親子喧嘩とか、なんか命の危険という非日常で一緒くたに解決扱いされた感あるわ。なんで?
娘の現状をアピールできた唯一の相手が監禁されてる現状で、その相手のスマホの電源を入れてどうなると思ったんだろうな。もし土門さんや科捜研の皆さんがアホボン揃いだったら、マリコさんのスマホの電源を入れても何のアピールにもならんよな。
娘が(本人の自覚なく)人質になってることにも、マリコさんを監禁されたことにも、秋月さんはどんな思いを持っていたのか。秋月さんの思いに対して、行いがあまりに小さい気がするんですけど。

犯人の矢野親子側も、何も知らなかったであろう美央さんの前でべらべら全部話して「証人を生かしておくわけないじゃない」ってどんな鬼畜だ。クズかよ。いや、バカなのかもしれない。それも、救えない方向の。
母がクズなら息子もクズ。ナイフを簡単に振り回す系クズ。親子揃って救いようのない邪悪。(一応)最終回の犯人がこれってすごいな。別に褒めてはないです。

……ここまで書いて思ったけど、もしかしてこれは秋月親子と矢野親子を比較して、秋月親子よかったねみたいなそういう話なのか。まさか。いやそんなまさか。

これが最終回扱いとか、そんな殺生なことあるかよ……みたいな話だった。
蒲原青年、もとい石井さんいわくまだまだ撮影しているらしいので、おそらく100割あるであろうスペシャルに期待。まとめ記事はその時に。これでもしスペシャルがなかったら、season16のまとめはお蔵入りするはめになるんで、そういう意味でもスペシャルはぜひあってほしいです。
でも、あるとしてもいつ放送するつもりなんだ。4月からは土日の枠がなくなるから、改編期の木曜ドラマ枠ぐらいしかないじゃん。『捜査一課長』の開始前か終了後か。



そんなわけで、来期は『捜査一課長』。今週も新規映像はなかった……残念……まあ、撮影開始して間もないらしいし。
そして来週は、土門さんでも大岩一課長でもない内藤さん主演の単発ドラマです。マジでテレ朝ドラマワールドには内藤剛志が3人以上いる。
ちなみに再来週は、『狩矢父娘』シリーズ新作……の、お蔵出しに近い扱い。土ワイなくなるからね。おそらくこれから、改編期の木曜ドラマ枠でも色々撮影済みの作品が放出されていくのだろうなぁ。

タイトルとURLをコピーしました