【警視庁・捜査一課長 season2】第3話 感想

警視庁・捜査一課長
スポンサーリンク

第3話 完璧すぎる美女たちの殺人“失敗”計画

ゲスト:市毛良枝、朝加真由美、片岡信和

脚本:田辺満
監督:池澤辰也


先週書き忘れたんですが、『TV station』の4/29~5/12(2017年10号)に、ケイブくんこと刑部くん役の田中圭さんのインタビューが載ってます。チェックチェック。
現場でずっと話してる内藤さんと金田さんになんか萌える。本当に何話してるんだろう、こっちも気になるw
そして現場でも話題のX-DAY「6月22日」。楽しみにしてほしいと田中さんは仰っているが、こっちとしては楽しみなのと怖いのと半々って感じなんだが……



当日の『ハナタカ!優越館』に内藤さんと斉藤由貴さんが出演。
内藤さん、初回放送日も出てたから3週間ぶりにまた出ることになっててじわる。
印象に残ったことメモ。

・斉藤由貴さんの肩出しワンピがエロ……いやいや、素敵。美しい。

・最初のハナタカネタは卵。
解答を振られたのは内藤さん。「2択だから答えを間違えたら告知時間は短くなります」と言われ、自信なさげに答えを出した後に「告知はないから、チャンネルはこのまま!」とかズルいこと言い出す内藤さんに笑うわw

・次に解答を振られた斉藤由貴さんの「知らないです!」に思わず上田も苦笑い。「潔いな」

・何故か『ハナタカ優越館』の再現ドラマ?の準レギュラーになっている斉藤暁さんが出た途端に、ワイプで「出た!」扱いする内藤さん、なんだかんだで前番組もチェック済み説。
そして斉藤暁さんが「ドラマのオファーがないから仕方なく出てる」とかボヤく台詞言わされてて笑った。
基本的にテレ朝×くりぃむしちゅーのバラエティは、意地の悪い演出が多くて好きだw それを上手く捌くくりぃむしちゅーの力量込みで。

・ハナタカボタンを押した斉藤由貴さんが「違うかもしれないんですけど……」と言ったら、「そのボタンは『絶対間違いない!』って自信があるときだけ押してください!」と厳しい上田。
で、そう言われてめっちゃ悔しそうに唇噛んでたり、結局斉藤さんが答えたら正解だったので「上田さんが『ダメ』って言ったから……(ボタンを引っ込めたのに)」とか言い出す斉藤由貴さん、ワガママ悪女だなぁw 見てる分には大好きだ。

「汗を止める方法はなんだと思いますか? ドラマの撮影とかでもよくあるはずだから、斉藤由貴さん、お答えください」という風に振られ、「汗を全くかかないので、意識したことがないです」とさらっとすごい返答をする斉藤由貴さん。女優さんって人間じゃないのかもしれない。
上田「じゃあ、そのために気にかけてることとかもない?」
斉藤「……いつも適当な気持ちでいることとか」
そこで上田に加えて内藤さんも「なるほど」とその答えにあまり深く触れない方向の相槌で話を流そうとしてんの大好きw 上田もそうだし、内藤さんも司会業やって長いしな。

・内藤さんが教えるハナタカ→腕を外回りにぐるぐる糸巻き巻きしながらだと立ち上がりやすい。逆は立てない。
ほ、ホントだ……!





今週のアンケートです。投票してくださった方、ありがとうございました!

自分的にはかなり禁断の質問です。だってこれ、ドラマの内容とはあまりに関係ないし……ってことで一度ボツにしたんだけど、でもどうしても質問が思いつかなかったので。まあ、前の週の予告が大福だったから仕方ない。大福のせいにしておこう。

大福本人が食べてる大福(食べ物)はつぶ餡。少なくとも前期は。今期は知らん。
あれ、美味しそうよな。マジでどこのなんだろ。エンディングのクレジットを丹念に観たら載ってたりするのかね。
なのにアンケート結果はこし餡派多数、ってことは大福は少数派。
確かに、大福のあんこってこし餡のイメージが強いかも……つぶ餡の大福は、あまり見かけないかもなぁ。でもそもそも、私がそんなに大福をしょっちゅう食べてるわけじゃないからわかんないけどもw
4番目の選択肢は「飯取る=召し捕る」の願掛けの大きいしゃもじが一課長の部屋にあることから、なんだけど、説明不足すぎて誰も入れなかったっていうアレ。申し訳ない。

とうとう禁断のネタに手を出してしまったから、『捜査一課長』のアンケートがこれからも続くか不安だw
まあ、でもこれは私が感想書く時に楽しくやりたいからやってるだけなので、続かなかったら仕方ない。その時は諦めます。


はい、今回!





◆冒頭電話復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
それ含めて、なんか今回は前2話と違って、結構色々と前期寄りの話だったなぁと思う。


◆なんかご遺体発見現場の色合いが……光の加減だろうか、なんか濃い?


◆刑部「メールの顔文字みたいですね」
そう言って大福にもヤマさんにも睨まれるケイブくん。うん、さすがにそれはどうかと思うw ケイブくんはこの「思ったことはなんでも口にしちゃう」路線でいくんだろうか。
そういえば、ケイブくんって何歳設定なんだろう。一応、顔文字使っててもおかしくない年代なのかね。
今の学生世代だと、顔文字すら使わないイメージ。絵文字かスタンプじゃろ、たぶん。


◆ヘアカラースプレーに詳しいケイブくんチャラ男説。
大福「もしかして……彼女って美容系?」
刑部「さすが大福先輩。前の前の彼女ですけど」
大福「ふぅーん……ま、興味ないけど」
っしゃあ! さすが我らが大福先輩は違うぜ! よく言ってくれた! そうだよ! イケメンがモテるとかそういう当たり前のことなんざ、こっちは1ミリたりとも興味ねぇんだよ! フィアンセとイチャイチャしてろ!!!!!!


◆小山田「いや、またいつものカンだよ。頭の隅っこに留めといて」
ケイブくんの疑問に代わりに面倒くさそうに答えてあげるヤマさんが、大福の保護者っぽくてかわいい。
ダメだアカン、もう既に「かわいい」しか出てこない自分の語彙のなさに絶望するわ。でもかわいい。
そういえばTwitterで見たんですけど、ご遺体の発見現場ではヤマさんのネクタイが綺麗なグリーン系でした。放送当日が「みどりの日」だったから……なのか?


◆ご遺体の耳に付着した土を見ようと屈む大福はパンツ先生案件……じゃなくても、あの屈み方はあざとい。かわいい。足が……ドキッとするよね……ちょうど朝日? が当たってさ、真っ白でさ……
やめよう。
同じくらいあざといしゃがみ方のケイブくん。何をちょこんとしゃがんでんだよ。何狙いだ君は。大福先輩とあざとかわいい枠の熾烈な争いでもしてんのか。でも俄然有利なのは、もちろん我らが大福先輩ですけどね!
さっきから私は何を言っているのか。


◆大福「犯罪の手掛かり消そうとして、結局こんな証拠残してばっかりじゃないですか」
同枠のエース『科捜研』筆頭に、科学捜査系刑事ドラマに全力で喧嘩を売っていくスタイル。どんなに痕跡を消そうとしても、手掛かりは必ず残るもんなんだぜって、ああいうドラマの主人公はだいたいそう言う。


◆全然関係ないけど、今回の鑑識の武藤さんは真面目で真っ当でした。ここらへんも「前期っぽさ」を感じた原因かなぁ。


◆今回は野口管理官が目立ってて嬉しかったです。地味ですけど。
大福先輩がちゃんと捜査会議に出てる! でもヤマさんが喋ってる最中に出ていくんだけど。相変わらず酷い。っていうか、ヤマさんが喋りだした途端に動き出す辺りが酷いw
でも話はちゃんと聞いてて頭の中でちゃんとまとめられるからさっと動けるんだなとは思う。


◆ケイブくんは大福のことを「大福先輩」って呼び、大福はケイブくんを「君」って呼ぶのか。お姉さんが年下男性かわいがってる感出てる呼び方だ……(偏見)
いつか他の呼び方で呼ぶことがあるのかどうかが楽しみ。


◆大福がきちんと手帳を提示して身分を名乗ってるの、なんだか珍しい気がする。手帳提示とかは初回もあったか。
ヘルメット着用の大福。なんかちょこんってしててかわいい。
去年のGW期間の放送回はお台場で潮干狩りしてたし、今回は奥多摩で滑るし、なんだろう、GWは大福コスプレウィークなのかな。今回はヘルメットだけだったけど。
……っていうか、あの足場の悪い岩場を普段のスーツ+パンプスで歩いたの!? マジで!? 誰か止めようよ! なんか専用の靴ぐらい貸してあげてよ真下さん! そりゃ滑るよ! 滑ったおかげで大福が閃いたけども!


◆本当に天笠くんがヤマさんと一緒に捜査してる……
マジで一緒に組んでるんだな。現場の刑事さんになれてよかったよ、天笠くん……


◆ヤマさんと大福をビビらせる突然のケイブくん。君も気配を消せるのかい?
っていうか、ケイブくんは一課長の運転担当なんだから、別にあの部屋にいても構わんはずなのにw


◆おっ! マリコさんが警視庁に出張ぅー!(n回目)
今回は日傘の「シミにしないぞっ」バージョンでお送りされました。このバージョンが一番かわいくて好き。


◆隣の部屋で取調室を見る際に、窓に手をかけて覗き込む大福はやっぱりあざとかわいい枠狙い。っていうか、絶対に自分がかわいいことに自覚があるだろ大福……


◆刑事さんたちが名札を下げて実況見分。なんかこれ、「『法医学教室の事件ファイル』で見た……」みたいな気分だ。たぶん放送前日の『9係』でも(違う意味で)『法医学教室』っぽさを感じたから、なんとなくそう思っちゃったんだろうけど。


◆とうとう笹川刑事部長が一課長のお部屋にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
しかも大福ぶら下げてきた。マジか……なんだ今期の笹川刑事部長、アグレッシブだな。神出鬼没というか、どこに出てくるのかわからんw 更に油断ならなくなったな。
笹川刑事部長が現れた瞬間、即座に姿勢を正すヤマさん、続く大岩一課長・ケイブくん。(ドアに背を向けてたのもあって)反応が遅れる大福、ってところが、細かいけどそれぞれキャラが出てるなーと思う。大福がいまいち反応に困ってる感があったり、手土産の大福にめっちゃ素直に喜んでたりするのがかわいい。
そして大岩一課長と笹川刑事部長が話してる後ろで、大福・ヤマさん・ケイブくんでわちゃわちゃと大福食べてんのめっちゃかわいい……大福とヤマさんが一緒に並んで大福食べてるところに、最初はケイブくんは混ざらず遠慮しようとしてたんだけど、大福とヤマさんが2人で手招きして3人一緒に食べてる、ってのがかわいすぎてどうしてくれよう。もうここだけ延々とリピートしていたい。
ここ一応、笹川刑事部長からのヒントタイムなんだけどなw 今期の笹川刑事部長は真っ当にヒントタイムをこなしてくれてる感。
笹川「大福が、大福を持って走ったぞ」
食べ物を持って走っちゃダメ。これは大岩一課長とのおやくそく。
笹川刑事部長も、平井真琴さんが大福ってあだ名なのは知ってるんだな……大福のジンクス自体は、確か土ワイ版の頃に笹川刑事部長も説明してたときがあったなぁと記憶してるけど。大福(人物)、もしかしてめっちゃ有名人だったりすんの?


◆春菜ちゃん絡みでヒントタイムがあると、なんか知らんけど心がきゅうっとする。
やっぱりこれは春菜ちゃんの話をする時の小春さんが淋しげだから、かなぁ。春菜ちゃんは病死で、別に事件に巻き込まれて亡くなったわけじゃないんで、これ以上話を広げようがないのが、幸いなのか不幸なのか……


◆母親の気持ちに気づいたのが、大岩一課長でも大福でもなく、母子家庭育ちらしく未だに関係も悪くもないケイブくん、というのが、なんか今後のフラグっぽくてなぁ。
先の「親が子どもを思うのは当然」で、わざわざケイブくんのカットが入ったのもフラグだったり……
アカン、もうケイブくん関連は何もかもがフラグにしか感じられないから、疑心暗鬼になりすぎてこっちが疲れて困るw
これは話には全く関係ないが、今の中高生はLINEとかネットで内緒話なんかをすると、スマホでスクショされたりしてそこからのイジメ・炎上が怖いから、本当に大事なことは直接会って話す傾向にあるとか聞いたことがある。ハイテクが進みすぎて、ローテクが身を守る方法になる時代。


◆2回目のCM明けで真下さんと太一さんを会わせていた場所は、あれは有明署の屋上でいいのだろうか。
被疑者を2人きりにするのはさすがにどうか、と至極真っ当なことを言う大福。
これは前期からずっとそう思ってることだけど、大福って大岩一課長以外のヤマさんとか身近な人をからかったりはするし、言動は突飛だったりもするけども、捜査面では意外と真面目よなーと思う。捜査面で突拍子もないことするのは、実は案外(でもないけど)大岩一課長の方。
あっ、一人称が「私」だ! これは「大岩一課長」としての台詞だからかな。


◆実の母と息子の触れ合いの中での自然な東京トリビアタイム。
東京ゲートブリッジが貨物船や旅客機が通れるようにあの形ってのは知ってたけど、「恐竜橋」って言うのは知らなかった。カッコいいな。


◆なんでヤマさんと大福は階下の少し離れたところで待機してたんだろう。一課長と一緒にいたらまずかったっけ?
あとから見返したら、江上さんのご遺体の上半身は、ジャンパー云々の話が出るまで映し出されなかったんだな。


◆前々から思ってたけど、大岩一課長は結構自覚的に無茶をするよねw 「これヤバい橋渡ってんな」と知りつつ確信犯(誤用)。やっぱりタチ悪いよなぁw
大岩「そういえばお前のところは早くに父親を亡くして、母ひとり、子ひとりだったか」
刑部「はい。父の記憶は、殆どありません。覚えてるのは、父の大きな背中くらいです」
ケイブくんの父親、まさか刑事だったとかそういうことないだろうな。そんで父さんが関わった過去の未解決事件が最終回に関わってくるとか、そこでケイブくんが無茶してとか、そういうベタなことないだろうな……いや、まさか……
第3話目にして、もうケイブくんの死亡フラグに対する疑心暗鬼ですっごい疲れるんですけどw 毎週解決していく事件より、ケイブくんの死亡フラグにハラハラする今期。今回も着々と死亡フラグを立てていったな。でも2話までに比べれば、当社比でマシです。これでも。


◆よくよく考えれば、若者である天笠くんと一緒に走って川攫って山狩りするヤマさんの体力、すごすぎない?
天笠くんは素直に「小山田管理官!」と呼ぶ。某ケイブくんと違い、「ヤマさん!」とは言わない。そこらへんが死亡フラグが立つか立たないかの違い。天笠くんは長生きできるはずだ。


◆初回に引き続き、超直感の類で目当てのものを見つけるヤマさん。「見つけのヤマさん」の能力って、大福のカン並のチート能力だったんだ……
ヤマさんのエコーも素敵でしたが、スマホが見つかって超喜んで、「やったぁーっ!」ってはしゃぎながら天笠くんをばしばし叩く野口管理官かわいすぎかよ。今まで野口管理官は「常識人だなあ」って安心感を覚えたことは何度もあるけど、萌えたことはなかった。が、今回初めて萌えました。かわいい。


◆話は全然違うし、犯人だって違ったけど、『捜査一課長』『緊急取調室』でどっちも離婚を不倫相手にちらつかせててワロタ。風紀が乱れる木曜夜ドラマ。
7年も愛人で我慢できる忍耐がすげぇ。7年あったら、なんかもっと他にできることあっただろ。すげぇな、うん。


◆大岩「失敗は、恐れるものじゃありません。乗り越えるものです。失敗こそが、人を育てる」
きゃあー! 大岩一課長ぉー!
大岩一課長がいいこと言って連行されそうになったら、また大福が引き止めていいこと言ってんの、大変申し訳無いけどちょっと笑ってしまった。分割しないでひとりが一度にまとめて言えよ! って。


◆誰も触れなかったけど、あの分だと太一さんは産みの親も育ての親も、どっちも警察のお世話になるってことだよな……
ただまあ、事情が事情でどっちも勘違いからだから、だいぶ情状酌量の余地はありそうだけど。


◆やはり今期の小春さんのテーマは「手料理で旅行気分」。
今回は広島の呉へ行ったつもりで肉じゃが。
で、肉じゃがはビーフシチューの失敗作というお話。
小春「やっぱり、失敗って必要よね」
で、ビビちゃんも「伝説の失敗作」の肉じゃがを食べたくて猫パンチエンド。『捜査一課長』で一番あざとかわいいのは、大福じゃなくてビビちゃんさんだったか……

これは全然関係ない余談なんですが、放送当日の『オールナイトニッポンMUSIC10』(木曜日)は、斉藤由貴さんがパーソナリティ。
で、それを久々に聞いていたら、ニュース・天気予報コーナー担当の畑中さんが今回の『捜査一課長』の肉じゃがネタを拾ってワロタw
元から畑中さんは斉藤由貴さんのガチファンで、コーナーを斉藤由貴さんの曲名や関連するフレーズで締めることで(リスナーの間で)有名なんですが、今回は放送当日のドラマネタまで使われてたんで、相変わらずのガチ勢っぷりに笑ってしまった。
最近は生活リズムが変わってるので、12時近くまでやってるこのラジオを聴いてから感想書いてたら翌日が差し障りありすぎなので聴いてなかったんだけど、やっぱり聴くと楽しいかなぁ。特に番宣とかはないんだけども、畑中さんのコーナーだけでも聴いたら楽しいかな。前の2回の週では畑中さんネタがあったのかどうか気になる。
『オールナイトニッポンMUSIC10』木曜日のニュース・天気予報コーナーは、斉藤由貴さんと畑中さんが公然とイチャつくコーナーです。憧れのアイドルと公然とイチャつけるガチ勢・畑中さんに嫉妬。



インパクトのある1つのフレーズで話を押し切っていく辺りが、なんとなく前期っぽいなぁと感じさせたところなのかな。土ワイの短縮感というか。でも、前期よりはそのフレーズを使って話をまとめてた気もする。
初回から今回まで全て、描き方は違えど「女性ゲストメイン」「母と子」がキーワードという共通点。たまたまなのか、或いは今回明らかになったケイブくんが母子家庭育ちってことで、これも意図的なのか……
もう毎週の事件そのものより、「全ては最終回のケイブくんのためなのでは……」みたいな疑心暗鬼が抜けない自分に疲れてきてますw ちょっと私は休むべきだな。


次回!

目撃者は……牛!?
今週の『緊急取調室』でオウムに尋問(もどき)やったと思ったら、『捜査一課長』は牛。で、実は『9係』第6話のサブタイは『犬の殺意』(東映公式より)。なんだこのテレ朝刑事ドラマの動物推しは……
張り込みしてるっぽい大福。牛乳飲んでるけど、もうひとつの手に持ってんのはまさか、アンパンじゃなくて大福……なんだろうか。
「伝説の女スリ」に誘拐×強盗×殺人の同時多発事件! って、1時間で終わるのかそれ。大丈夫か。

何はともあれ、次回以降も期待! しておりますよ!

タイトルとURLをコピーしました