【刑事110キロ シーズン2】第4話 感想

刑事110キロ
スポンサーリンク

第4話 上演中10分間の殺人! アリバイトリックを崩せ!!

ゲスト:山本陽子、瀬戸さおり

脚本:もろさわ和幸
監督:石川一郎


山本陽子女優回。
あと「デブとイケメン走らせようぜ」回。実験回。





◆取調室からスタート。
実際、石ちゃんが女性襲ったら女性は絶対に勝てないよなぁ。体格もそうだしパワータイプだし。
しかし正直に言えば、山本陽子襲って楽しいんだろうか。若い頃ならともかく。
おちゃめすぎる女優・加賀美麗華である。


「事件は4日前に起こった」との花ちゃんさんのモノローグ、ってこたぁ事件はたったの4日でスピード解決かよ。すげー。


◆ネックレスを外さなかったばかりに、あの腹黒デブに目をつけられて……おちゃめというかうっかりさんすぎる女優・加賀美麗華である。


◆殴られた時の音が本当に痛そう。


◆劇中劇『風去りし丘』
なんだろう、今までの木ミス枠で見てきた「劇中劇」の中では今回が一番マトモに見えた。山本陽子の貫禄だろうか。
少なくとも某『科捜研』の川島なお美よりは……いやなんでもない。


◆やはりOPから睨み合う構図カット。その代わりサブタイが出るように。
私としては助かるんだけど(サブタイ的な意味で)、睨み合う構図カットはちょっと悲しい。


◆今回の林刑事は加賀美麗華さんに何故かツンツン。オバサンには手厳しいのか。


◆水筒の中身を飲んだのにみなぎ……らない。
木内っちゃんが際立つんだけど、ポパイドリンク入の水筒って小さな消火器並のデカさだな。さすが規格外。


◆正直に言う。山本陽子の着替えを手伝うってどういう心境なのか、大真面目にどういう心境なんですかって花ちゃんさんに問いたい。すっげー問い質したい。
しかし加賀美麗華さんの踊り子からの女優転身って、なんかロマンポルノ的な世界だなぁと感じてしまう。ロマンある昭和の世界っていうかさ。


◆しかし今期『刑事110キロ』は倒叙モノだからってのが影響しているのか、被害者側がクズだったり人望無かったりが多いな。違うのは今のところ3話ぐらいか。3話も3話で犯人をわざわざ煽ってたりしてたし。


◆普通のどら焼きには食いつかないけど千石屋のどら焼きなら食いつく権ちゃん、花沢さんをのぞき魔にする。
か、かわいい(震え声)。っていうか、木内っちゃんの「やっぱり」ってなんだよ……信用がないな。
そんな権ちゃん、ひとりでずっと防犯カメラの映像と戦ってたのか……相変わらず辛抱強い子だ。ひとり権ちゃんくれよ。


◆おい! 『京都地検』以外で福本先生にセリフがあるぞ!
っていうかそのどら焼き、そもそも付き人の子にお詫びで貰ったものだよね? それをリサイクルして関係者への餌づけに使う花沢さんマジ腹黒デブ。


◆林刑事に向かって上着を投げたら受け取ってもらえず、そして「ごちそうさまでーす」からの「いや、『おごる』とは言ってないよ俺は……」


「課長、実験してみたいんですが」
ということで実験開始。
第1回目:エレベーターを使う。110キロが走る。まず自分が走るその心意気を買……わねーよ! 走れるデブ。「デブを走らせたら面白いよね」は前期にもあったな。
第2回目:非常階段を使う。嫌がるイケメンが走る。キツい方をイケメンにやらすな! いや、確かに花ちゃんさんに非常階段14階分駆け登れっつーたらそれは色んな意味でキツいだろうけども。


◆殺され役は林刑事。2回も殺されて乙です。
第1回目:「わーっ! 鈍器で1回、鈍器で2回! はい倒れた! はい死んだ!」
第2回目:「うっ! うらっ! 早く倒れて! はい死んだ! 死んだ……よし……」
特に楽しくはない林刑事。まあ、そうですよね。それを冷ややかに見つめる鬼久保さんマジ鬼。
そして抱き合ったりからみ合ったりで林刑事と鬼久保さんがマジでアッー!


◆先生のセリフを録音して練習してるのに、先生のアリバイに疑問を抱かない付き人の好子ちゃんがアホかわいい。


◆スイートルームの近くにホテル従業員専用のエレベーターがあるって一般的なの?
なんか普通はそういう裏方のってスイートルームから遠ざけそうな気がするんだけど……どうなんだろう……


◆へへー、早替え用の衣装ってあんな(マジックテープ式)なのか。知らなんだ。


◆あの小柄な身体で酔っ払った花沢さんを木内っちゃん家まで運べた権ちゃんすげーっていうか運んでくれてマジいい子。というか、そもそも居酒屋に付き合ってくれる時点でいい子。知ってたけどいい子。
っつか、さりげなく権ちゃん初木内家訪問? 菜穂子さんの反応からすると、権ちゃんと菜穂子さんは顔見知りではあったようだけど。


◆ネックレスがぱーんって飛び散るのは確かにインパクトあるだろうけど、その度に作り直してたのかな。イミテーションとはいえ、すげー手間。そこに拘るのが女優魂なのかしら。


◆犯行現場に掃除機をかける花沢さんの尻カットに石川監督の悪意を感じます。


◆前回といい今回といい、花ちゃんさんはホント被疑者に対して嘘を吐くことに躊躇しないな。しかし何の関係もない一般人を危険に晒した前回と違い、一応今回は犯人自らに証拠を引きずり出させるためなのでまあ……アリかな。


◆女優を芝居で罠に嵌めて上手を取った花ちゃんさん、加賀美麗華さんに「いい役者になれる」とお墨付きをもらう。
「そしたら、相手役に使っていただけますか?」ってホント図々しいデブだなお前は! しかし「ごめんなさい。私は二枚目しか使わないの」とすげなく断られる。まあ、わかってたらしいけど。
宝石を処分できなかった理由は、宝石が千秋楽を迎える度に自分へのご褒美に買っていたもので、自らのプライドの証だから。まあ、ベタな理由ですな。


◆あのライトは誰が用意してたんだよ!
自らすっと腕を出す木内っちゃん、実は自分のイケメンっぷりを知ってる説。まあ、確かに名実ともに文句のつけようのないイケメンだし仕方ないよなぁ。こればっかりは。


◆そしてラストで思い出した、そういや今回、ポパイドリンクタイムなかった。



繰り返しになるけど、今回にかぎらず今期の『刑事110キロ』被害者は周りや犯人からボロクソ言われることが多いなぁ。
加賀美麗華本人は花沢さんたちの罠で折れましたけど、周囲の裏方さんたちを説得させることはできなかったよね。
「逮捕や裁判になったら先生のアリバイを証言します」とか言ってたけど、いいんかな。それとも折れちゃった先生の鶴の一声でなんとかなっちゃったとかパターン? 細かく考えたら負け? そこもひとつの争点かと思ってたのでちょっと肩透かしでした。
まあそれ以外は、「東映刑事モノの女優回テンプレ」的な感じでベタでした。それ以上でも以下でも以外でもない回。そんな感じ。山本陽子だけで押し切っ……たのか?

何はともあれ、次回ぃぃぃぃぃ!

あの爺さんの正体は、前期第6話で出てきたミッキー・カーチスだべな。まさか前期の登場人物が登場するとは思わなんだ。
そしてゲストは某『科捜研』の墓から蘇った、もとい生き返った、いやいやそっくりさんの高橋光臣さん。こういう倒叙モノのゲストに呼ばれるってこたぁ、相当ビッグなのね高橋さん。ボウケンレッド……!
話の方は、どうやらまた爺さんが厄介な壁となって立ちはだかるらしくて……?
一体どうなることやら!
楽しみにしてる! んだぜ!

タイトルとURLをコピーしました