【京都地検の女9】第5話 感想

京都地検の女
スポンサーリンク

第5話 女検事vs女弁護士!! 死角の中の罠…強盗が2秒間静止した謎!

ゲスト:かとうかず子、内田朝陽、永田沙紀

脚本:難波江由紀子
監督:濱龍也


内田朝陽が何もない善人なわけないだろ、いい加減にしろ!
それにしても今回の内田朝陽はクズ役だった。

ということで、今回の感想へ。





◆成増さんがヤンキーチンピラをぶちのめしていく様子がオサレでした。
情けない警官を憂いて、自身の武勇伝を自慢する成増さんに対する鶴丸さんの反応がまさしくこれ
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはい成増ちゃんえらいえらい
     `ヽ_っ⌒/⌒c
        ⌒ ⌒

いや実際は、鶴丸さんは浴衣縫ってましたけどね。夫の浴衣も縫ってあげられる鶴丸さんマジ良妻。料理もうまいし、家も綺麗だし。忙しい検事生活してるとはとても思えん。前から知ってたけど、改めてこの人は超人だよなぁと思いました。


「たまたまなんて、簡単に片付けないで! いい? 死んだ人間は、もう何も説明することが出来ないの。被疑者死亡の事件だからこそ、どんな小さな疑問も、おざなりにはしない。これが検事としての、私の信念です」
その台詞はめちゃくちゃカッコいいのに、その信念に立ちはだかる壁(井森さん)を乗り越えるためならゴキブリを超えるスピードで駆け抜けていく鶴丸あやさんマジパネェ。
それにしても、井森さんがどんどんお茶目になっていくなあ。「私も男。いざとなれば……!」って何をするつもりだったんだよ。それなのにゴキブリが嫌いなのか。


◆成増さんと池内さんが思わず気配を感じ取ってしまうような謎の灼熱オーラを身にまとう鶴丸あやさんマジパネェ。


◆かとうかず子は弁護士だからなのか、他人を煽る天才だな。口調も表情も憎たらしいw いやぁ、女優だなぁ。
それに煽られてピキピキしちゃって怒る池内さんと成増さんを押しとどめる鶴丸さん。普段は落ち着いてるように見えるけど、犯人逮捕の時は結構荒っぽかったりもするし、案外池内さんも喧嘩っ早いのかね。


◆鶴丸検事に着いて行く権利を譲りあう美しい日本人2人。結局、本人が成増さんを指名したので池内さんは助かった。露骨にホッとしてるなぁ、池内さん。


◆上司を差し置いて豪華な昼食取ってる井森さん。やっぱり実家が料亭だから、御飯には口うるさいのかしらね。


◆事件絡みのことだと仲良し主婦仲間相手でも毅然とした態度になっちゃう鶴丸さん。
そこからケーキバイキング無料券を渡すっていうギャップがすごくて、確かにこれはポカンとするな。


◆なんか今期で初めて、明るめの「主婦の勘!」が出たなーと思いました。あ、でも前回も明るめっちゃー明るめだったか。


◆いつもは鶴丸さんの暴走を押しとどめるというか嫌がる池内さんなのに、今回はむしろ鶴丸さんに乗っかって別件逮捕を持ちかける池内さん。やっぱアレか、弁護士の言ったことやったことに激おこだったのね。
そんな感じに盛り上がる2人を見ながらひとり冷ややかだった成増さん、嫌がりつつもなんだかんだで渡辺ひとみさんの元に行ってた辺り、やっぱりいい人だなこの人は。でも別件逮捕は「成増さんもしょっちゅうやってるじゃないですか」(by池内さん)だそうですけど。


ブwwレwwwイwwwブwwwwユウジwwwwwwwwwwwwって呼んでwwwwwwwwwwwwwwwww
ふざけんな、飲んでた茶を吹き出しそうになったわ!
いい年した厨二病なのは責めない、責めないからせめてそれを他人に強要したりすんなwwwww腹がwwwwwwww痛いwwwwwwww


◆弁護士の訴えを呑む形で鶴丸検事と成増さんから外出する権利を取り上げた高原部長が、後で何事か用事でも言いつけて「業務の上なら仕方ないだろう」と言って粋に外出許可を出す、なんて展開を想像してたけどそんなことはなかった。
まあ次回の最終回では嫌でもスポットが当たるだろうし、今回の影が薄かったのは仕方ない、のかな。


◆ご住職はお茶目だけど物事の本質を突いた発言ばかりするので、実は事件の真実を全て知った上で発言してるのかしらっていつも思います。
鶴丸さんが「坊主の勘もたまには役に立つじゃない!」って言ってたけど、今回のコレは成増さんっていうかご住職が言ったことそのままだよね。とか思ってませんよ。本当ですよ。


◆なんだかんだで井森さんは鶴丸さんを応援してていい人だ。ただ、仕事がたまるのが嫌なだけなんだよね。それは前任の太田さんも一緒だった。太田さんはもっと愛情表現がひねくれてたけどさw


◆休日にひとりで渡辺ひとみさんを待つ成増さんの格好が、どう見てもただの春日。トゥース!


◆パソコンに向かいまくってて目が疲れて目元を抑える池内さん。実は放送日の前日に益岡さんが出てる2サスでも、益岡さんが目を押さえる演技してて2日連続でとかなんとか思ったよ。


◆ハンドルネームを自分の名前にちなんだモノにする人は大体イタいヤツだ。これ、豆知識な。
そしてハンドルネームを現実に持ち込むヤツは、大体救いようのないバカだ。これ、世の中の真実な。


◆内田朝陽が悪態ついて抵抗する様が、鶴丸検事の取り調べを受けながらとんでもないことを言う様が、どうしようもないクズ思考でクズ言動、ものすっごく憎たらしくてさすがは「なんか……ごめんなさい」の人だなぁ、と。いや、『ゴンゾウ』のあのシーンは結構好きなんだけど。


◆三津屋弁護士のやったこと(やろうとしたこと)とその元になった動機に、微妙に差異があって『正義』と『勇気』というキーワードが微妙にすり替わってる気がする。
まあでも、イイハナシダナー
娘がちょっと微妙な感じでかわいいのがまた色々と。いやうん、これは個人的な話です。


◆チンピラの頭を臆することなく叩く成増さんマジ鬼刑事。
でも川辺で浴衣姿できゅうり食べてる成増さんと鶴丸さん、マジ仲良しさん。
成増さんが坊主の勘で章ちゃんママの行動の真意を推理してたけど、あの人ならやりかねないようなそうでもないような。そういや章ちゃんママ、第6シリーズ初回前は散々「新レギュラー!」とか煽られてたのに、結局出番があれっきりだったのが地味に寂しい。確かに、キャラの濃さ的には扱いづらいような気はしたけども。



人は誰しも、他人に影響されながら生きていく。
その中で迷ったり間違いを犯したり、正しいことが出来ない時もある。
それでも人は良いこと、正しいことを行って誰かへ影響をあたえることができる。
正しいことも良いことも、決して間違いでも無駄でもない。
それを利用して悪いことを起こす輩がいたとしても、それは絶対に露見するから安心して正義を貫けばいい。
そういうことでしょうか。
ある意味では、先週と対応した話だったのかなあと思います。
ノリ的には、今回が一番今までっぽかったというかなんというか、明るいノリでしたね。レギュラー陣がコミカルにやりとりしててさ。次回がどう見ても鬱回というか暗黒回っぽいので、その前に一服の清涼剤的な感じでワンクッション入れておこうぜってことでしょうか。人、死んでますけど。
今回の「たまたまなんて、簡単に片付けないで!」「検事としての、私の信念です」と井森さんとのブロック・フェイントの動き、池内さんがパソコンに向かってるシーンとラストのきゅうりがっつきで、今期開始前の予告映像の台詞とシーンは全回収しましたね。ドラマの制作については詳しくないのですが、結構早撮りだったんかな。5話のシーンまで出てたシリーズ開始前予告って、あまりない気がする。

ということで、来週はお休みで次回は9月5日です。
もう予告の時点で「これにハッピーエンドなんてあるんだろうか……」と絶望させてくれる感じの予告でしたね。
なんか鶴丸さんが刺されたよ。今期だけで狙われたり襲われたり追い込まれたりするのは何度目だ鶴丸。もう『法医学教室の事件ファイル』みたいに、お家芸っつーかお約束になってんじゃねーか。なんだ、女優・名取裕子には、脚本家が虐めたくなる何かがあるってのか。
司法修習生や事務官見習いの中でも、高原部長の息子・良くんは退場後も何かと話題にされてて優遇されてんなー、やっぱポジション的にネタにしやすいからかなとか思ってたらまさかの闇堕ち。金を持ち逃げした上に鶴丸さんを憎んでるとかなんだよ。もし仮に鶴丸さんを刺した人物が良くんだったとしたら、この話に救いはあるんでしょうか。
そういや第6シリーズの高原副部長(当時)回で、「弁護士になったけど仕事見つからねー」とかいう話があったけど、闇堕ちの原因はそれかしら。なんというロングパス。誰も覚えてねーよ、そんなの! 私も高原部長の息子が出るってんで昔のブログ読み返して思い出したぐらいだわ!
そんなこんなで、「絶対これは1話じゃ解決できないだろうから前後編だろう」と思ってたらガチ最終回っぽくてちょっと動揺している。全6回って、えっ。いくら2時間スペシャルが2回あったからって、ええっ。
なんかもう、色んな意味でシリーズ終了フラグが立ちまくってるよなぁ。悲しい。
木ミス枠も最早当たり前のように「最終回詐欺」をやるようになったので、決まったわけじゃないんですが個人的な意見を言わせてもらえるなら、りんりんも結婚して家を出て行って、あやさんも50歳超えてと色々変化があったので、もう幕引きはすべきかなぁとは思います。
次期木ミスは『科捜研』ですけど、科学ネタさえあればとりあえず続けることはできる『科捜研』と違って、『京都地検』ではあやさん(と周囲の変化)はそのまま作品の変化になるんじゃないかと。
娘が嫁いで家を出て行って、年齢的なタイムリミットも明確に設けられている。そんな感じに「ずっとサザエさん空間」というわけにはいかない作品なので、幕を引ける時にはちゃんと引いておいてほしいなぁ。私の個人的な願望である、「好きな作品に『ずっと続いてほしい』とは思わない。終わるなら、いつの間にか終わらないでちゃんと終わってほしい」っていう考えがあるのも確実にありますけど。別に『京都地検』に限らずね。
で、この予告を見てさすがに鶴丸さんがガチで死ぬとまでは思ってないけど、どうやら西岡脚本っぽいので鶴丸さん失踪エンドぐらいはやるかもとかビクビクしているのは私だけでいい。なんだかんだで『京都地検』でガチズンドコ鬱回はやらない、と、思いたい、けど……

そんなこんなで目を離すな、次回最終回! 楽しみに待ってますよ!


そして来たな、『科捜研』予告!
新レギュラーの対立要素に鑑識課長の金田明夫ですってよ。あと初回ゲストは宅麻伸。なんか濃いなぁ。
マリコさんの台詞リフレインにちょっと笑っちゃったのはここだけの秘密。なんだべアレ。
「科学は万能じゃない」発言は、だってそれ結構前から言ってるじゃないですかヤダー。
新撮映像は、土門さんのところとマリコさんが黄色いカッパ?着てたところぐらいかな。あとは大体昨年の映像の使い回しだよね、これ。
来週の『京都地検』最終回では、もうちょっと新しい映像出るかなぁ。楽しみだ。

タイトルとURLをコピーしました