【遺留捜査3】第8話 感想

遺留捜査
スポンサーリンク

第8話 殺しのチケット

ゲスト:鈴木浩介、酒井美紀、河相我聞、石井萌々果、村田充、森岡豊、竹中里美、テイ龍進、恩田括、伊勢谷能宣、中原丈雄

脚本:大石哲也
監督:七高剛


最終回の前編。それだけあって、やたらゲストが豪華っすね。この面々使えば、通常回の2、3回はできそうだw





◆森田さんを尾行する仙堂さんと遠山さんから始まる。森田さんの弱みを握ろうとする仙堂さんが本当に段々小物化・ネタキャラ化されててどうしようかと思うよな。第2シリーズの時の、いぶし銀の働きを見せる仙堂さんはどこへ行ったんだろう。
そんな仙堂さんに無理やり連れ回されても警察官として周囲への警戒を怠らず、違法クレジットカードの取引現場に気づいた遠山さんは真の刑事。まあ、一部の仲間には逃げられてるけど。


◆取調室で外国人の男相手に中指を立てる勢いで怒鳴る仙堂さん。中指立ててなくてよかった。人差し指、だよね?


◆大きい捜査本部を立てることになってわやわやしてるっていうの、かなり久々なんじゃなかろか。第2シーズン初回以来?
相変わらず署長の動機が不純。ブレない署長。


◆証拠品のニオイを嗅いだだけで「缶コーヒーですね」
そりゃあ、今までの扱いからすればそういう返しもしたくならぁな。
「新しい道、一緒に探しましょ!」「探したくなぁーい!」


◆なんだ森田さん、甘いもの好きってわけじゃないのか。話を聞くついでに買ってあげてたのか。優しいんだな。


◆相変わらず鮭のおにぎりで釣られる村木さん。安いなぁ。やっぱり今期は遠そうだなぁ。


◆取り繕っても仕方ない。正直に言うよ。
水沢課長が小走りだったところで、ぷるんぷるんする胸にちょっとドキッとしたよ。申し訳ないごめんなさい大好きです。


◆あんな場所に、ぽつんと公衆電話だけあったりするものなのか。
音から居場所を突き止められる糸村さんマジ有能。


◆小田和正の主題歌に合わせて死体発見って、こりゃまたシュールな。
さすがというべきか、死体発見しても取り乱さず脈を確かめられて、すぐさま手袋をはめて状況を調べられる糸村さんマジ有能。



全ては後編次第だが、さすがに(状況的にほぼ事故みたいなものとはいえ)子どもが拳銃で人を殺しちゃったオチはやらないと思うので、どう解決するか楽しみです。
赤いドロップが最後の遺留品かー。今のところ、赤いドロップの意味がよくわからんので、そのオチも楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました