【科捜研の女 season19】第17話 感想

科捜研の女
スポンサーリンク

File.17 妻と愛人の事件簿

ゲスト:浅野ゆう子、山崎銀之丞、冨家規政、池内万作、篠原真衣、一條俊、柴田善行、藤本涼、大脇あかね、浅海翼

脚本:櫻井武晴
監督:田﨑竜太


『クレヨンしんちゃん』に『科捜研の女』榊マリコが登場!しんのすけの“容疑”を科学で検証

 台風の影響で放送が1週延びて、10/19に延期してました。ちなみに『クレヨンしんちゃん』(と『ドラえもん』も)、この秋から金曜夜から土曜夕方にお引越ししてます。
 しんちゃんはツイッター等の宣伝時はちゃんと「マリコおねいさん」「靖子おねいさん」と呼ぶから本当にプロだと思います。
 
 というわけでショートアニメ。ちゃんとロゴが「土曜ミステリー」になってて細かいw
 唐突にマリコさんが出てきて、叱られるしんちゃんのつまみ食い疑惑を鑑定する、って説明すればそれだけなんだけど、普通にめちゃくちゃ真剣なマリコさんボイスが出てきたので笑ってしまったw あれはご遺体を前にしたマリコさんの声ですわ。どんなお仕事でも気を抜かないマリコさん素敵。
 放屁からチョコビつまみ食いを明らかにしてて臭い、じゃない草。「もしかしたらできるのか?」「マリコさんならやりかねない……」と、少しでも思わせたら勝ち。或いは、小さいお友達が少しでも笑ったり憧れたりしちゃったら勝ち。『クレヨンしんちゃん』『科捜研』のテイストを上手い具合に着地させてる……! ってちょっと感動すら覚える。
 そして『クレヨンしんちゃん』の風間くんは元々、宇佐見さんの中の人から名前を拝借してるっていう小ネタで、風間くんがしれっと「宇佐見裕也です」って名乗って登場してて、ツッコミはしても解説はしないから笑ったw
 マリコさんが鑑定してくれたからって、しんちゃんが冤罪とは限らない。登場するだけで「もしかして、しんちゃんは冤罪……?」と思わせるマリコさんのパワー。
 冤罪と思いきや冤罪じゃなかった。これは社会派ですわ。『科捜研』本編だったら櫻井さんが担当すべき事案ですわ。京都府警と埼玉県警を巻き込んだ大事件になる予感。
 個人的には、唐突に出てきて強引に鑑定を進めて真実を明らかにしていくっていう、あの約2分間の強引な流れがマリコさんの押しの強さっぽくて、「ギャグショートアニメなのにめっちゃマリコさんっぽい……!」って笑っちゃいましたw キャラ絵も美人。
 テレ朝による、次世代の刑事ドラマ視聴者育成計画だよなこれ。前は『ドラえもん』『相棒』がコラボしてたし。あちらは割とがっつりコラボしてて、1話オリジナルストーリーと道具作ってたし、アニオリとして出来よくて面白かった。またこういうの見たい。『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』のコラボ回は大体ハズレがない。

 はい終わり。『クレヨンしんちゃん』はキャッチアップ配信してないのかな。したらいいのに。





 20周年ならこれしかないでしょ質問。投票してくださった方、ありがとうございました!
 「再放送とかで見たことあるよ」トップ。「とかで」って何、って話ですが、「友達に頼んで録画を焼き増ししてもらった」とかもあるかなぁって。それは厳密に言えば違法なんでしょうが、私は公式じゃないのでそこはどうでもいいですw でも「ネット上の動画で見た」は、コメントしづらいので……言わなくていい……
 本題。意外と見たことある人が多い! 「再放送とかで」組がトップになると思わなかった。
 でも「見たことない」人もたくさんいる。
 この機会に、CSとかで『科捜研』一挙!とかやらんかな。何日かかるか知らんけど。
 「リアルタイム」の人も、予想以上にいる。もっと少ないと思ってた。ツイッターの視聴者層、私が思ってたよりも幅広いんだな。
 でも半数近くが「見たことない」組なのだから、やはり一挙放送とかをだな。
 なんだったら円盤を出してくれても構わなくてよ!
 ……叶いそうもない夢を言うと、虚しくなるなぁ。


 20周年の秋クール初回!


全く伝える気がないから公式をちゃんと読んでほしいあらすじ


 爆弾と銃と勘違いと立てこもりと。
 みんな、人の話聞けよ!!!!!!





20の見どころ



◆1.修羅の京都と科捜研


 銀行強盗の逃走シーンから開始の秋クール。相変わらず、この京都は修羅ってるな。
 そんな非常事態ですが、マリコさんは珍しくお休み。
 マリコさんの休日を矛盾概念って言ってたのは東映公式だったと思うが、さっそくその矛盾に耐えきれずに事件が起きるこの京都である。
 ここまでくると、逆にもうマリコさんには休まないでずっと京都にいてほしい気さえする。少なくとも、私の行動圏内には来ないでほしいw マリコさんのご活躍はテレビ画面越しに見るからいいのであって、間近で体験したくはないよな……
 全然関係ないけど、クール初回ではおなじみのメンバー紹介テロップ、フォントがまた変わってオシャレになってますね。私はフォントに詳しくないから、どの字体かとかはわからないけど。フォント感ほしい。




◆2.マリコさんがきた


 「視聴率対策のため、冒頭で事件を起こして、なるべく早くにマリコさんを登場させる」と、以前プロデューサーさんがインタビューで答えてましたけど、今回は約4分出番なし。1ヶ月ぶりにイレギュラーなことをやっても視聴率は盤石なので、『科捜研』の視聴者層すげぇなって話かも。
 職務中に不倫してる事務方の警察官より頼りになるマリコさん。エレベータに乗り込んできた瞬間なんか、完全にヒーローですよね。『僕のヒーローアカデミア』のオールマイト並のヒーロー感。「私がきた」ですよ。マリコさんを見た瞬間に起こる安心感は、やはりこれまで数多の修羅場をくぐり抜けてきた経験によるものなんだろうか。これが20年間の重さですわ。




◆3.OPカッコいい!


 秋クール版OP。
 最近のものと比べて、一番スタンダードに近いというか、「20周年っぽいな!」って感じですね。
 23日(水)には『「科捜研の女」オリジナルサウンドトラック Part3』が発売になりますが、これには今期のOPは入ってるんだろうか。曲名リスト見る限りでは、入ってなさそう……なんだけど、どうなんだろ。




◆4.マリコさんってご近所付き合いするの!?


 上の階の人の名前をちゃんと把握してるの!?
 一緒のエレベータに乗り合わせた子どもに話しかけたりするの!?
 マリコさんがちゃんとご近所付き合いというか、ご近所に意識を向けることもあるんだなぁってのが意外。仕事以外で人とちゃんとコミュニケーションとれてるイメージがなくて……とか言うと、まるで仕事上ではちゃんとコミュニケーションとれてるみたいな言い方だな。お詫びして訂正します。仕事含めてもご近所付き合いできそうな人だと思ってなかった。
 でも大きなマンションで、そこまで濃いご近所付き合いをしなくてよさそうなところってのはマリコさんらしいなと思う。
 そして異変を察知して、自宅であろうと鑑定モードに入るところは私が思ってたマリコさんでした。
 誰もツッコむ人がいないから流されてるけど、なんで自宅にALSライトがあるんだろうか。なんで自宅のPCが指紋採取に対応できるシステム搭載してるんだろうか。あれら、いくらすんの。もしかしなくても自費購入分だよな。
 常々、「マリコさんって給料を何に使ってんのかな。もしかして、意外と結構溜め込んでたりするのかな」とか詮無いことを考えてましたが、ここで答えが出ました。自前の鑑定道具買ってたんだな。確かにマリコさんらしい。
 じゃあマリコさんも、「あれ買おうかな。どうしようかな」とか可愛らしく悩んだりするわけか。科学鑑定道具のカタログを前にして悩んだりするわけか。
 マリコさんと親しくお付き合いするためには、そういう金銭的な面でもサポートできないといけないんだな……私は辞退します。




◆5.マリコさんのプライベート


 自室、意外と片付いてる!
 というか、モノが少ないのかな。
 床に紙が散らばってたり、ノートPCが直置きされてたり、使う時も床に本を重ねて台を作ってたり、そもそもの机の上がとてもアレなことになってたり、洗濯物とかの影ははっきりと見えたりしてるけど、予想してたよりは悲惨じゃない。S1とかの頃より全然マシ。マリコさんの成長。
 インテリアも、和歌山旅行土産っぽいパンダがあったり、伊知郎父さんの名残らしい埴輪があったりなどなど、個性的ではあるけどシンプル。
 それをいうならマリコさんのオフの格好もまたシンプルだけどオシャレ。ちょっとそこまで買い物ルックと、鑑定に対応できる準戦闘服のジーパン。か、かわいい……
 っつーか、こんなこと言っちゃいけないんだろうけど、ひとつ訊かせてくれ。
 このマンションにマリコさんのファッション全てが詰め込めるんですか!? どういうこと!? その収納術、私にも教えてください!!!!!




◆6.亜美「もっと最新鋭のマンションに住んでくれればいいのに」


 完全にマリコさんを「休日も事件に巻き込まれるのが当たり前のトラブルメーカー」扱いした亜美ちゃんのセリフに草。確かに間違ってないけど、本人がいないと亜美ちゃんも結構言いたいこと言うよなw
 真面目な話、マリコさんは自分の事件遭遇率を鑑みた上で、亜美ちゃんのこのセリフについて大真面目に検討してほしい。自分の胸に手を当てて、よーく考えて……
 でもそんな金あったら、マリコさんは自前の鑑定道具購入に回しそうな気がする。妥協の末、防犯カメラがひとつしかないマンションに住んだ結果が今回だよ!




◆7.職務中に不倫ってすごいな!


 そこらへんの外回り営業職だってもっと真面目だよ!
 制服着て不倫できる神経の太さはちょっと羨ましい。いや、神経が太いっていうかなんかどこかネジぶっ飛んでんのかな。
 後に語られる理由通り、あてつけだとしても、せめてもう少し忍ぼうよ……




◆8.君の名は


 マリコさん、生命保険(警察官)の押し売りに負ける。意外とああいう押しの強い人に対しては弱かったりしたら、ちょっときゅんとする。でも鑑定モードだとそんなことないんだろうな。
 玉城班長が臨場してから、一度もマリコさんは名字を呼ばれていない。土門さんは他の場所にいるし、藤倉刑事部長は謎のログアウトしてるし。他の皆さんは名字で呼ばないもんな。
 っていうか、そもそも玉城班長は前編の内で、マリコさんの名前も認識してるかどうか怪しいw 呼ぶ機会が意図的過ぎるほどに省かれている。
 玉城旦那の「なんかいいコンビだこと」からするに、後編のオチはマリコさんと玉城班長の間に絆が生まれるのではないか。お互いの名前を認識して呼び合うのがオチだったら胸アツ。




◆9.マリコも誘惑に勝てない美味しさ!


 ルヴァンプライムやばいな。
 素でつまみ食いを疑われる呂太くん。日頃の行いがアレ過ぎるし、そもそもマリコさんが食ってなければ呂太くんがつまみ食いしてた事実は変わらんわけだよね。蒲原刑事もガチでおこになるルヴァンプライムの魅力がヤバすぎる件。
 
 風丘先生も登場!『科捜研の女』メンバーが出演する「ルヴァンプライム」特別CMが新バージョンに

 というわけで、今回のCMは『取調室編』。次回は『早月先生編』かな?
 ルヴァンのCMはこれら2本と沢口さん版で3バージョンになるのか。じゃあこれからは、「今日のルヴァンCMはどれだろうなチャレンジ」は1/3の確率になるわけですね。難問だ。




◆10.マリコさんは素人じゃない


 もしかしたら玉城班長よりガチな経験を積んでる人かもしれないんですよ、この人……
 この20年で、マリコさんは何回こういう目に遭ってるんでしょーかっ。いっそ公式で教えてほしいw




◆11.マリコさんって不倫しそうなの?


 玉城夫妻の会話に混じるマリコさん、の音声は確かに紛らわしいが、誰ひとりとして「マリコさんが不倫なんて……」みたいな反応しないのが酷いと思うw
 なんだろう。視聴者(私)からすると、マリコさんって不倫するほどプライベートにエネルギーを振り分けてる印象がない、仕事全振り人間ってイメージなんだけど、身近な人からすると印象が違うのかな。
 なんなら一番付き合いが長い日野所長が、一番すんなりと「マリコさんの不倫疑惑」を受け入れてて笑う。15年もこんなに濃い付き合いを続けてたら、マリコさんが(たとえ不倫の自覚なくても)不倫なんかできそうもないことぐらい、わかりそうだけどなぁw
 でも、なんか日野所長って、付き合いが長い割には今もマリコさんのことを誤解してるというか、未だにどこか夢を見ている気がしないでもない。マリコさん再婚疑惑のときも、赤いドレス姿を妄想してたのは日野所長だったし。美人に夢見過ぎだよオッサン!
 宇佐見さんがマリコさんの不倫疑惑に動揺しつつも、それより鑑定結果の報告を優先して話を流したところが好き。職務中ならそれが当たり前だし、そもそも宇佐見さんならそうするだろうなっていうムーブだった。




◆12.サーモドローン!


 カッコいい!
 呂太くんは前からこういうところを担当しているが、細かい機械いじりみたいのも得意なんだろうか。じゃあちょっとうちのラジカセ直してくれねーかな。
 メカニック担当なので、呂太くんはロボ操縦よりメンテ。中の人は特撮映画で巨大ロボ動かしてたが、呂太くんの役割はその映画のお兄ちゃんの方。
 警察がドローンを捜査に活かしてくる。今や時代は令和なので、これも当たり前になるんだべかな……『科捜研』が描く世界も、今までの科学鑑定同様、きっと現実になる日が来るんだろうな。




◆13.玉城夫妻の憂鬱


 少なくとも、玉城班長はこの会話が捜査本部や科捜研に聞かれかねないことはわかってるはずなのに、よくこんな会話できるなw 冷めきって開き直った夫婦って怖い。
 この事件、解決すれば玉城夫妻の仲を取り持つことになる……んだろうか。
 玉城旦那がマリコさんを愛人に仕立て上げて勘違いを解こうとしないのは、本物の愛人を庇ってるんだろうけど、そこまで頑ななのは、本物の愛人が奥さんと顔見知りだからとかなのかなぁ。どっちにせよ、玉城旦那は結構なクズだw
 この玉城夫妻が勘違いして云々みたいなコメディ描写は、20周年記念ってことでS1の倉橋さんと準子さんとかのことをうっすら意識してるんだろうか、と思ったんだけど、でも状況が全然違うな……




◆14.女優マリコさん


 マリコさんは今までも、犯罪者相手には普通に演技力が上昇するところを見せてきたので、今回もマリコさんは演技面では特にポカしてない。
 大体が玉城旦那のせい。後編で何かしないと、普通にクズのままで終わるw その可能性も否定できないところが、またなんとも言えない……




◆15.科捜研のマリコさん


 マイク付き小型カメラを奪って、SUSPICT起動に全てを賭ける。
 そしてマイク機能がバレてないと踏んで、犯人から情報を引き出すと同時に問い詰め追い詰める。
 20年間、命がけで科学捜査にあたってきたマリコさんの真髄って感じだったここらへんのシーン。冷静なマリコさんの圧こわい。
 犯人に頬を張り倒されたときから、「負けず嫌いスイッチ入ったー!」ってわかる。いや、腕縛られたときからかな。
 犯人を睨み返すマリコさんが綺麗で、色っぽい。やっぱりマリコさんは追い詰められるほど輝くヒロイン……




◆16.どこから来たの、あの家族!


 周囲に警察いないの? せめてあの異変を察知できないの!?
 なんで京都府警はポカばっかりやるんだ! 20年間、進歩ねぇな!
 進歩ないといえば突入後も。人質とられて爆弾持ち去られて逃してんじゃねーよ!




◆17.人質慣れしすぎじゃろマリコさん


 これももう今更なんだけど、マリコさんが人質慣れしすぎである。目に見えて動揺したのは、土門さんが撃たれた時と蒲原刑事に爆液がかかった時だけ。自分の身に何が起こるかとか、そこは殆ど考慮してない。20年間、修羅場をくぐり続けて培われたメンタルが強靭すぎる。




◆18.土門さんが撃たれた!


 でも、土門さんなら平気なんでしょう? 土門さんは刑事という名の概念だから死なないよ!
 無線からマリコさんが人質にとられたことを聞いて、何も言わずにさっとマリコさんたちが来ている方に向かうのが……カッコいい……何にも言わない、特に大きな反応をしないのがカッコいい。土門さんカッコいいわぁ。




◆19.さらば蒲原刑事


 グッバイ、蒲原刑事。君のことは忘れないよ。
 とかいうと、蒲原刑事のファン過激派の人にぶっ飛ばされそうだな……
 でもアレ、たぶん蒲原刑事とは反対の方が爆発してない? 犯人たちが逃げていった方。

   ↑
 (蒲原刑事)  (フェンス)

Σ(マリコさんたち)

 (犯人たち)   ←爆発したの、こっちじゃない?
   ↓

 フェンスとかの位置からそう見えるんだけど、どうだろう。違うかも。自信ないw なんでそうなってるのかもわからないし。マリコさんの叫びもガチだったし。それも含めて次回以降にタネ明かしあったらいいね。
 そんなあやふやな推理はともかく、爆液がかかったと察知するや否や、せめて少しでも人のいない方へ退避しようと動く蒲原刑事が本物の警察官。
 その精神はとても立派だ。さすが土門さんに認められた蒲原刑事。
 でも気をつけた方がいい。今回は助かったとして、土門さんに認められるって、まあまあ強力な死亡フラグだからな……
 前任の木島っちも、土門さんへの憧れを吐露して認められた2シーズン後に、銃で撃たれましたね……
 まだ「土門さんに褒められる」というミッションが残ってるので、今回の蒲原刑事は大丈夫じゃないかと思うのですが、蒲原刑事が生き残れるかどうかの真のサバイバルは、次々回以降から始まるんじゃなかろうか。彼が「刑事とは」みたいなこと言い出したらメタ的にマジでヤバい。




◆20.主題歌の扱いよ……


 合わないところに流される主題歌ぁ! これが後期EDのお披露目回である。酷いよ! こんなのってないよ! あんまりだよ!
 でも意地でも流すのは結構好き。でも場面と合わないのも大マジw





簡単雑感


 次回に続く!

 情報収集を怠っていたせいで、次回に続いたことが一番の衝撃でした。確かに中盤とか、1話完結にしてはテンポもったりだなとは思ったけども!
 蒲原刑事の安否は!? 人質にとられた卓海くんはどうなる? 爆弾の行方は? 玉城夫妻の仲は? マリコさんの不倫疑惑は晴れますか? っつーか巻き込まれた杉原家が本当に災難過ぎるって!

 『科捜研』20周年の幕開けっぽい、めちゃ気合入ったゲストも豪華な前編。みんながそれぞれ思惑と勘違いを抱えたまま、物語は後編へ。一体、オチはどうなるんだべか。





次回予告とか。


 マリコさん、人質になるってよ。

 知ってた!

 次回は風丘先生も来るぞ!
 ふ、藤倉刑事部長は……来ないんですか、そうですか……謎のログアウト……

 20周年、突っ走ってくださいマリコさん! 控えめに着いていきます!


タイトルとURLをコピーしました