【遺留捜査 season4】第3話 感想

遺留捜査
スポンサーリンク

第3話 爆破3分前!! 焦げたやじろべえに死んだ妻の秘密!?

ゲスト:平岳大、袴田吉彦、下條アトム、陽月華、内田慈、松井紀美江、相沢美紗樹、今西彩、福嶋千明、吉澤智美、内山森彦、雪代敬子

脚本:森下直
監督:長谷川康


(撮影5分前)科捜研の男・村木が要

村木さん(甲本さん)はすげーんだぜ話。
大丈夫、視聴者はみんなちゃんと知ってるよ。




今週のアンケート結果です。投票してくださった方、ありがとうございました!
割と本気でしょーもないアンケートなのに、票が入ってよかったw それがまず第一段階。
そして肝心の結果。みんなこんなにすごい人であるはずの村木さんに冷たくない!?
いやこれは、逆に視聴者の皆さんに愛されているということなのか……
この愛が少しでも糸村さんに掬われて、報われるといいなと思う。そんな日は永遠に来そうにもないが。頑張れ村木さん。


はい、今回ぃ!





◆冒頭。まーた京都で爆発が起きてしまったのか。
初回の冒頭パンダと同じ音楽だったので、嫌な予感がした人も多かったのでは。
ってことはつまり、あの妙に楽しげな音楽は『遺留捜査』における爆破の音楽、ということになる。嫌だなぁw


◆糸村さん遅いですよ、が復活。
先週なんか、(たまたまとはいえ)「火消し」チームの中で唯一現場に臨場してたものだからビックリした。復活していた。


◆私が読み取れてないだけなら申し訳ないんだけど、そもそもなんでこの事件を最初から「火消し」チームが担当してんだろ……みたいな疑問。
いやだって、なんか正式名称は「特別捜査対策室」で、なんかデカい事件とかを担当したり、警察がヘマしたりしたら本格的に動くから「火消し」とか呼ばれてるんじゃないのか、と今までの2話で理解していたので。
むしろ爆破事件の方こそ「火消し」チームが担当しそうだよな、と思う。
爆破事件との繋がりが判明したのはあくまで捜査途中だし、やっぱり被害者が有名人だったからなのかなぁ。
と、本筋には全く関係のない話。


◆誰もやじろべえに興味を持ってないのに糸村さんだけこだわってるこの感じ、すごい『遺留捜査』っぽい……みたいな、不思議な感覚に陥っていた。
前2週でも「『遺留捜査』が帰ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」とは思ってたけど、それは糸村さんの存在感とかの方が大きかったからなぁ。
それ以上に、話の面できちんと『遺留捜査』っぽかった。というと、「なんのこっちゃ、当たり前だろ」みたいな話になるんですけどw


◆おい聞いたか。4桁だったら解析は2分で済むんだってよ>パスワード
8桁なら15時間、10桁だと……6年。
12桁だったら2万5000年はかかるそうで。
そのせいで、はりきってんだがヤケクソハイテンションになってんだかワケわかんなくなってる村木さん。大変ですねぇ。
糸村「『遠くの景色に気を取られていると、足元の花に気が付かない』……って誰かが言ってました」
で、「暇があったらやるから見えづらい場所の裏に置いといて」(要約)と言ったら、真に受けられて見えやすい人形の上に置かれてしまうやじろべえ。
村木「『見えづらい場所の裏』っつったらほぼ『やらねぇよ』っつってんだよ!」
綾子「お礼言ってましたね。曇りなき眼で……」
ディスコミュニケーションの土台の上に薄氷のようなコミュニケーションを乗っけてくる糸村さんに嫌味とか皮肉とか通じないの、村木さんはこの長い付き合いで嫌というほどわかってるだろうに、なんでそう自ら重しを増やしていくスタイルなのか。村木さんのMはドMのMか。縛りプレイ大好きだろ、実は。


◆神崎さんが梨田さんと栗原さんの過去の説明をしている中で、ひとりじりじり動き回って資料を見て回る糸村さん。自由だな……


◆栗原さんがあまりのディスコミュニケーションぶりだから、コミュニケーション能力に長ける佐倉さんですら歯が立たないという話。
そんなディスコミュニケーションぶりに明らかにドン引きしてる雨宮くんと佐倉さんが好き。後ろで顔芸してんの好き。


◆結末を知った上で見返すと、犯人自ら警察に圧力をかけようとしてきた形なのか。わかりやすい話だなw


◆ディスコミュニケーション同士ならわかりあえる典型か>糸村さんと栗原さん
今回の糸村さんの相棒は実質佐倉さんだったけど、第3話で言うことじゃないですが神崎さんより佐倉さんの方がきちんと糸村さんの面倒見つつも自分のキャラを発揮できているという面で、相棒感あるよな……
きちんとその場その場のリアクションが取れる、というのは、やっぱりキャラ造形の上で大きな利点よな……と、神崎さんと佐倉さんを比べてホントそう思う。こればっかりは役者さんのキャリアの問題な気がする。頑張れ神崎さん。


◆おっ、マリコさんが出張ぅー!


◆なんだかんだ言いつつ、やじろべえを調べてくれる村木さんは聖人か。その功績すら綾子ちゃんのものだと勘違いされて……(´;ω;`)ウッ…
糸村「じゃあこれは、ついでで結構ですので(追加のやじろべえを並べだす)
村木「はあ!? ちょ何これ、はあ!? はあ!? はあ!?」
糸村「栗原さんが快く貸してくださいました」
村木「はあ!? はあ!? ちょっと……あの……これを私に、あのまた……あの……やれっていうの?」
糸村「どうしても気になるんですよね。でもまあ、ついでで結構ですので。でもなるべく早くお願いします
「ついででいいから早くしろ」という、そんな矛盾した言葉を曇りなき笑顔で吐ける人間になりたかった。
栄養ドリンクの上に並べられるやじろべえたちに、後ろでドン引きする綾子ちゃん。そしてとうとう壊れる村木さん。
村木「バババババババババババババババババーーーーーーーーーーーッ!!!!!!」
ああ……この世界線の村木さんも壊れてしまったよ……どの世界線の村木さんなら救えるんだろうか……


◆演技派女優の佐倉さんに合わせて演技できるようになってる雨宮さん。初回じゃ聞き込みもあんまりちゃんとできてなかったのにw


◆なんだかんだ言いつつ、壊れつつもやじろべえについて調べてくれる村木さんは聖人。
じゃあなんで報われないんだろうな……というのは、永遠の謎。いや、糸村さんにこうやって振り回されてること自体が、彼にとっての幸福なのだろうか……


◆佐倉さん老眼w
しかしあの陽動作戦、どのみち大学関係者じゃないと入れなさそうで意味なくない? と思っちゃう私は、なんか読み間違えてんだろうか。


◆2万5000年を超える男・糸村。
ポケモンで言う時を超えるセレビィか、或いは電子ポケモンのポリゴンか、スパコン並みの解析能力を持つというフーディンか、とにかくそういう……
やめよう。
いやしかし、あの店名はともかく番地かぁ。
まあ、糸村さんがいくつ候補を挙げて、その何番目がヒットしたのかはわからないし……と、糸村さんが人間であることのフォローはしておきたいw


◆いつも通りの絶対3分では終わらない3分間タイムなわけですが、あの場面の後の、回想後の殺人犯のひとりぽつねんぶりに笑ってしまった。もう殺人とかどうでもよくなってるw



つまり殺されても尚真犯人だった袴田吉彦っつーか梨田さんが全部悪い。ハンザイ・ダメ・ゼッタイ。
恵さんが何故あそこにいたのかをきちんと調べる辺り、恵さんへの関心は梨田さんの方が高かったのかもしれない。ただ、こっちは爆弾犯。
恵さん、ロクな男が周りにいなかったな……コミュニケーションがきちんと取れる相手が周りにいればなぁ。
浮気を疑わせるような格好をしてバランスをとるためのやじろべえをわざわざ飾る辺り、本当にこの3人はアンバランスな3人だったわけですね。ああもう面倒だな……w
果たしてあのこじらせまくった状態だった栗原さんに、直接やじろべえを渡して何かが通じただろうかという疑問はあるw すごく皮肉な話だが、恵さんが死んで追い詰められた状態だからやっと話が通じた、恵さんの思いが通じたような気もする。
それでも、なんか今期の今までの話の中では、一番主題歌に即した話だった気がするし、視聴後にそこまで強烈な疑問もなかったので、よかったです。ベタでよかった、ということです。
あと、佐倉さんがよかったです。ここまで3話、レギュラーメンバーで「おっ、いいな」と思えてるのがマジで佐倉さんと桧山室長の2人だけなんで、残りのメンバーには本当に頑張ってほしい。特に糸村さんの相棒ポジのはずの神崎さん。というか、彼女を活かした話がくるといいなぁというか……

ここで言うことでもないんですが、やっぱり再放送とかで『遺留捜査』の復習をしておけばよかったと後悔しているところです。できなかったんですよね。だから、どんなのが『遺留捜査』っぽいのか、うろ覚えの記憶だけで語っている気がする。
あー……復習の時間ほしいw それこそ、「3分でわかる『遺留捜査』動画」とか作ってくれねーかな……無理かw


次回!

遺留品は「金のチェーン」。『遺留捜査』は面白予告に走らないんだな。よかった(?)。
大富豪が強盗を撃った! 正当防衛か、過剰防衛か、或いは……
糸村さんが白川の一本橋を自転車で渡った! なんかさすがに怖かったのか、若干ガタガタしてた気がしないでもないw


そんな感じで! 次回も期待! しておりますよ!

タイトルとURLをコピーしました