【科捜研の女 season16】第14話 感想

科捜研の女
スポンサーリンク

File.14 空海の密室!?

ゲスト:田山涼成、冨家規政、三輪ひとみ、平田舞、楠見薫

脚本:岩下悠子
監督:匂坂力祥





完全にお遊びアンケート。選択肢を4つまでしか作れないのが悪い。

主役の相棒と今期で株爆上げ中と私の中で評判の強面コンビがトップになりましたが、この票数を2で割れば、実質的には宇佐見さんがトップという結果に。
宇佐見さんはイケメンなのでハンデのつもりでひとりにしたんですけど、結果としては「イケメンはパワー」であることを証明していきやがりましたね。本当、宇佐見さんは文句のつけようがないイケメンである。
呂太くんさんと蒲原青年の票数が案外少ない。もうちょっと行くと思ってた。2人ともこれから頑張ろう。
日野所長と佐伯本部長は、ギリギリまで「美しいハゲ」にしようか迷ってたんですが、それに日野所長まで巻き込むのはあんまりだな……と思って回避しました。いやまあ、「毛髪学」でもあまり変わらん気はするが。





男性の人気投票があるなら、女性版の総選挙もなくちゃ不公平ということで。
風丘先生はアレだよ、『ニセコイ』でいうところの小野寺さんなんだよ。或いは、『ゆらぎ荘の幽奈さん』でいうところの宮崎さん。
じゃあマリコさんは千棘なのか、或いは幽奈さんなのかとか、亜美ちゃんは妹寺さんなのか、或いは雲雀ちゃんなのかとか、楽やコガラシくんポジは土門さんなのかとか、そういう話じゃないです。あと、どっちかといえば楽やコガラシくんポジこそマリコさんだと思う。
なんで最近のジャンプラブコメで喩えてんだ私は。ここを読んでくださってる方の97%はわからん話題だな。


はい、今回!





◆泉国寺、雪積もってるじゃないですか。終盤でも雪がちらちら降ってたし、マリコさんが赤ジャンパーの下にマフラーぐるぐる巻きにしてたり、やっぱり京都は寒いんだなぁ……
字幕をつけて見るとわかる、あの愉快なジモティーさん3人のお名前。
扉を叩いてた男性は「芝 敏明」さん。
女性は「芝 みさえ」さん。
残る眼鏡の男性は、「神保 公次」さん。
ってことは、扉叩いてた2人は夫婦なのか……
なんか桜庭町の皆さんみたいで面白かった。名前ありってことは、またいつか再登場でもするんだろうかw
さらっと言われてるけど、住職は元々破天荒な人なんだな。「また酔っ払って中で寝てる」とか、普通ただ事じゃねーだろ、特にこの時期はw 下手したら、事件じゃなくてもニュースになるコースである。


◆今期にしては珍しく、無茶ぶられない風丘先生。
……いや、本来ならこれが当たり前なんだよな……無茶振りが日常茶飯事になってるいつもがおかしいんだよな……
しかしこれはおそらく、今回は風丘先生の出番が少ない話だったからなんだろうなぁという気がするw 出番が多くなると必ず無茶ぶりされる、それが風丘先生。大変だなw


◆ドライバー片手にニヤリと笑う亜美ちゃんは、自作PCとか当たり前系女子。3分でパソコン組み立てられる子ですよ。
そんな亜美ちゃんが手を合わせておりましたが、アレは祈ってるのではなく拝んでるんじゃないか派です。だって今回の舞台はお寺ですからね。「お寺だから祈るんじゃなくて拝むんです」とは、某「主婦のカン!」な相方不良僧侶刑事が言ってた台詞。


◆ここ最近、「あざとかわいい」枠を呂太くんさんに取られ気味だった亜美ちゃんですが、お寺の境内で座って待ってた亜美ちゃんは久々のあざとイエローでよろしいでしょうか。
呂太くんさんの「あのちょいワル住職、役に立たないなぁ」「うん」と力強く頷く亜美ちゃんもあざとイエローでよろしいでしょうか。


◆呂太「謎を解くには……レッツトラーイ!
呂太くんさんが家庭教師のスポンサー獲得を目指していると聞いて。
それはともかく、呂太くんさんの挙げる密室トリックネタが、尽く「いまや『名探偵コナン』ぐらいでしかやらないよな……」みたいな機械的なトリックだった。やっぱり呂太くんさんは、昔ながらの王道本格推理小説が好きなんでは。冗談です。
そんな呂太くんさんの根拠なき迷推理にズバズバ指摘していくマリコさんと宇佐見さんに草。マリコさんは元々の性格がアレだからともかく、宇佐見さんに指摘されるとガチ感あって、なんか逆に嫌だw


◆背中に「SRI」を背負っていても悪ガキ扱いされる呂太くんさん。めっちゃしばかれてるw
そんな呂太くんさんのためにさっと謝る宇佐見さんとマリコさん、完全に呂太くんさんの保護者である。そしてデカい図体のくせに、小さなマリコさんの陰にさっと隠れる呂太くんさん。その上、マリコさんの肩に手を置いてるし……
見てると、呂太くんさんはスキンシップが多いよなと思う。ズルい。私だって。私だってマリコさんの肩に手を置きたいですよぉー! なんなんですかぁー!
ここでのジモティー3人組が面白い。みさえさんはイケメンの宇佐見さんを見てあからさまに表情崩してるし、旦那さんの方はたぶん奥さんのみさえさんのであろう女物バッグ持ってるし。


◆個人的には宇佐見さんとマリコさんの違いはまさしく「粋」だろうなと思う。
マリコさんがお寺の(七つもない)不思議をズバズバ指摘していきましたけど、たぶんアレ、宇佐見さんもタネわかってたと思うw
でも宇佐見さんは「粋」がわかるので口には出さないし、ジモティー3人組が拝んでたのを見たら自分も拝むし、むしろ無粋なマリコさんのフォローをしていく方。
で、我らがマリコさんはそんなの関係ないとばかりに科学で不思議を解き明かしていくスタイル。この前のマリー姫回といい、マリコさんは基本的にファンタジーもオカルトも科学でぶっ飛ばしていくヒロイン。知ってた。マリコさんと心霊スポットにいけば、もう何も怖くない。
今回挙げられた不思議の内、唯一マリコさんに解き明かされなかった「北斗七星が映る池」が気になります。残ったコレこそガチのオカルトだったりは……しないんだろうなw


◆土門さん、開始から10分経ってようやく登場。
土門さん・亜美ちゃん・蒲原青年という組み合わせ。最近、亜美ちゃんは何かと土門さんたちと組んでるな。この2人と組むと、亜美ちゃんもまだまだ妹系キャラだなーと思う。いや、土門さんとだと娘みたいなもんか。他局だと実際に父娘だし。


◆ジモティー中年3人組とコミュニケーションを図るマリコさんと対照的に、ジモティーJCたち3人組と交流を図る呂太くんさん。
後の自己申告どおり、確かに呂太くんさんは女の子にモテそうだ。異性としてっつーか、友達としてモテそう。
最近はみんなスマホを持ってるから、簡単にこういう映像撮れていいな。Youtubeには投稿しないあたりがかわいらしい。


◆大学が映った時の空といい、龍道町プラザといい、今回は東映の合成本気回。
ジモティー3人組との距離感を見るに、やっぱりマリコさんってコミュ力高いよな……みたいな。なんかこう、素の状態の好感度が高いよなーって。


◆風丘先生、今回は無茶ぶられなかったんで科捜研内で優雅にティータイムできてる。よかった。
本来なら風丘先生はこれぐらいの距離感でいていい人だよなw 風丘先生がこんなに無茶ぶられるようになったのって、いつからなんだろうな。初登場頃は、まだこんな無茶振られキャラじゃなかったと思うんだけど……
今回の差し入れはロールケーキ。呂太くんさんだけ3つガン積み。まさかオーズだから? 「仮面ライダーオーズ/OOO」さんだから、メダル3つなんですか!?
しかし、あのロールケーキのお皿、結構可愛いけど誰の持ち物なんだ。っつーか、科捜研内って共有の食器があるんですか!? みたいな、今更すぎる発見。お茶関係は宇佐見さんが趣味兼ねて持ち込んでるでいいと思うけど、それ以外の食器はいったいどこから誰が……


◆つまり呂太くんさんは、2015年の段階では既に京都にいたっぽい。「フネキ神社」って、それすなわち「貴船神社」じゃろ。
呂太「まあ、『女子会』ってやつだね!」
日野「……君、男子だよね?」
呂太「うん。人気者だから呼ばれるんだよ

ウウウオアアー

日野所長がすーっと視線逸らしてて草。
これは呂太くんさんへの全力で熱い風評被害のために言うが、確かにこういう男性もいる。周囲の女性に溶け込んじゃって、異性扱いされない女子力高い系男子。
しかし、そういうヤツはたいてい、ネコかぶってるからな! 羊のフリしてオオカミだからな! 騙されちゃダメだぁー!
これは嫉妬からくる全力で熱い風評被害のために言ってます。呂太くんさんがモテるキャラとか! ああああああ世の中不公平! 私だって貴船神社で女子会やって鮎食べたいわ!


◆つまり今回のサブタイ『空海の密室!?』はダブルミーニング。
他の方々にとっては「くうかい」だけど、マリコさんにとっては「そらうみ」だし、事件の鍵を解くのは「空海」。
やだ、上手いw 個人的今期のサブタイ大賞暫定一位です。前期の『見えすぎた女』もそういう系統で好きだったな。


◆今回の「地下水の潮の満ち引きによる」密室トリック、故意に仕掛けたというにはあまりの大胆さだなと思うんですけど、この大掛かりさが好きです。
どうせ嘘をつくなら、小さくてしょーもない嘘じゃなくて、大掛かりな嘘をついてほしい。マジックだって、小さなタネより大掛かりな仕掛けの方がバレにくいっていうし。


◆絶滅危惧種のヒメヒカリソウの自生地はさすがにないらしいが、椿の分布はある。相変わらずなんでもありなデータベースだな。
呂太くんさん、モズの習性に詳しい。マジか。そういうの、宇佐見さん担当かと思ってた。
今回、呂太くんさんは密室トリック解明に奮起してたし、悪ガキ扱いでホウキでしばかれるし、ジモティーJCたちと戯れてたし、女子会参加者であることもわかったし、なんだかんだで呂太くんさん回であったな。
そうか、呂太くんさんはやはり「女子力高い系男子」路線なのか……いや、ホウキでしばかれるのが「女子力高い」のかっつーたら違うけど。


◆そんな呂太くんさんに負けじと、亜美ちゃんもブランドものに詳しいアピール。
いや、もしかして人が着ているスーツが有名ブランドだったら、わかるのが当たり前なんだろうか……私はわかんないですごめんなさい……


◆告白タイムでなお被害者にブチギレる犯人は『科捜研』では珍しい気がするw
被害者もクズだが、犯人も残念系。残当。残念ながら当然、ではなくて、残念な上に当然。
斜めに倒された被害者の等身大パネルに草。誰もツッコまないから更に草。シュールすぎんだろw


◆小柳さんに、「地下水脈に関するレポートを世間に発表すべきだ」と勧めるのが宇佐見さん。珍しい、事件関係者の救済を宇佐見さんが担当するなんて。やはりイケメンは余裕があるからイケメン。
宇佐見さんの説得は言葉少ないけど、それだけにその言葉にはきちんと力が宿っていて、真摯に頭下げててカッコよかったな。やっぱり宇佐見さんは、文句のつけようがないイケメンである。ズルいわw
それはともかく、「真実が人を傷つける」と言ってた人たちに「真実だって人を救える」と告げるのが今回の科捜研の皆さんの役割なので、住職担当がマリコさん、小柳さん担当が宇佐見さんっつーのは、そうなるよなみたいな感じだ。どっちもマリコさんだと、住職とのやり取りの意味合いが薄れるしな。


◆保科さんと一緒にいる蒲原青年、めっちゃ寒そうで草。っつーか、実際にすごく寒そう。息真っ白だし、雪がちらついてるし……
保科さんは「祈る」派らしいです。まあ、結局は人の心が救えれば、祈ろうが拝もうが科学でオカルトぶっ飛ばそうが構わない、ってことだな。


◆袈裟で取調室、なんかロックでカッコいいと思う。無責任に言うが、ちょっと見てみたかった。
誰かが救われれば、もう仏様は涙を流さない。一番大切なのは、祈るより拝むより科学でオカルトぶっ飛ばすことより、その人が救われることなのかもしれませんね。



マリコさんに対して「本当に真実は人を救うのか」ってのは、シーズン通してやれそうな割とデカい問いかけだと思う。
他作品ですけど、『相棒』『赤いリボン』とか、『京都地検』の赤い帯回とか、ああいう「もしかしたら、嘘でもほんの少しは誰かを救えるかもしれない」みたいな話に遭遇した時、マリコさんはどういう反応を示すんだろうなって気になる。土門さんがフォローしてくれそうではあるが、マリコさんはどうするんだろう。
もしかしたら、その『科捜研』版が前期の『悪の枝』なのかもなー、みたいな気はする。そしてその系統が今期の『偽りの鏡』。今回は『見えすぎた女』系統。

それはともかく、今回の密室トリックの「嘘だろ!」加減がめっちゃ好きだ。ここまで大ネタだと、実際に出来る・出来ないとかどうでもよくなるなw
トリックそのものが今回の雰囲気作りになってる感。すげーわ。
しかし、結果的に地下水がやべー!ということが明らかになった龍道町はどうなるんだろうな。小柳さんがレポートを発表してくれることで、きっと改善されると信じたい。これもまた、「真実だって人を救える」案件なんだろうから。


次回!

「仁義なき戦い!?」、つまりマリコさんと土門さんはラブラブイチャイチャしない、殺伐殺し愛カップル。違います。
藤倉刑事部長が山狩りの格好で「必ずホシを挙げる!」、つまり次週は警視庁から捜査一課長(の部下)が派遣される。違います。
つまり次回は、マリコさんがサイエンスでデスゲームなサバゲーするんですか? たぶん違います。

ということで次回以降も期待! しておりますよ!

タイトルとURLをコピーしました