今の気分

雑記
スポンサーリンク

別に悪くはないけど、よくもない。
とか言ってたら、最後に更新したのが8月末。嘘だろ。9月入ってから1回ぐらいは更新した気でいた。そりゃ、他の夏ドラマも終わりを迎え始めるわけだ。





誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

犯罪資料館 緋色冴子シリーズ・赤い博物館

松下由樹の無機質キャラって、案外違和感あるんだなぁ……と思った。そつなくこなしてらっしゃるんだけど、やっぱり温かみのある、面倒見のいい人が似合うんだな。いや、緋色さんもなんだかんだでいい人なんだけど。
無機質っつーか、ラノベキャラみたいな感じか? 無機質な口調とか人の気持ちを上手いこと汲み取れないとかは、ミステリ・サスペンス主人公にはありがちといえばありがちなんだけど、私が思ったのはラノベっぽいな、だった。
話の筋は、安定の星野真里と藤田朋子。ですよねみんな知ってた。あと、おまけで保田圭。作中の保田圭、話からすれば40代ぐらいのはずだけど、さすがに無理ないか。
作中で一番不憫なのは、間違いなく母親が自分以外を巻き添えに一家無理心中したという真実をぶちまけられた寺田さん。本人は緋色さんの話とかを聞いて乗り越えたっぽいが、他の話に比べて重すぎ。まさしくこんなん聞きとうなかった。星野真里残酷すぎる。最後にサッカーボールのこととかでフォローされてたけど、あれはもう元から家庭が歪み過ぎててどうしようもない。
緋色さんの過去が明かされてないので、シリーズ化期待。寺田さんが刑事の経験活かして、聞き込み面などでは結構有能なので、観ててストレスなかったです。


ヤメ判 新堂謙介 殺しの事件簿4

「あんな男、死んで当然だよ……死 ん で 当 然 な ん だ よ !!! 」
爆発する黒斉藤暁さん。もう終盤には消去法で彼しかいなかったわけだが、言い逃れできなくなったときの開き直りぶりが素敵すぎた。
これってこんな『浅見光彦』チックな話だったっけ? 元判事の印籠振りかざす橋爪さんがまさしく……しかし石橋さんはいくらエリート出だからって今はOBでしかないのに、警察に対してあんな権力持ってんのか。
話は超ストレート。善人たちは庇い庇われ、悪人たちはどうしようもない。2番目の被害者こと1番目の事件の犯人さんは、ものすっごいクズでしたね。殺害方法にビビるわ。安全靴で蹴り殺すって……エグすぎる。その上、強請までしてたんだからそりゃあ死ぬ。残念ではなく2サス世界では当然。


法医学教室の事件ファイル42

羽場裕一は殺され役、遊井亮子は事件と全く関係なし。ばんなそかな。
半田健人が犯人だったわけですが、結構な凶悪犯の割には色々見られすぎ。というか、ほぼ口封じで殺してるだけっていう……しかも、羽場裕一の殺害方法が無駄にエグい。アリバイ作りのためとはいえ、縛って密閉した空間に放り込んで酸素ボンベと一緒に閉じ込めて窒息死させるって……普通に絞殺で殺した方がまだ救いがあるレベル。いや、殺人はどっちにせよダメ。
愛介くん結婚できない問題。早紀さんが未来のお嫁さん(筆頭候補は南ちゃん)に好意的なのが意外。そういや、早紀さんもお姑さんには苦労させられてたもんなぁ。
やはりこのシリーズ、愛介くんが結婚して孫でも産まれたら終わりそう。もう42作目で、作中経過時間も愛介くんが結婚云々で揉めるぐらいまで経ってるもんな。愛介、この20数年間で何回事件に巻き込まれたんだろ。





『逆転裁判 その「真実」、異議あり!』『さらば、逆転』の1stと2ndをまとめて。

オバチャン関連の演出キレッキレ。「カタカタカタカタ」は口で言ってんのか! あの光線銃の音じゃないのか! マジかよ!
ナツミさんoutで矢張in。矢張の方が最後の大団円には相応しいのかな。作中でもシグナルザムライ強調してたし。
法廷で証言してた霧緒さんに色々そそられた視聴者は多いと思う。男じゃなくても気持ちはわかる。
1日目の法廷で明らかになったことが殆ど無い、という、冷静に見るとゲーム以上のどん詰まり感溢れる状況なんだが、いかんせん盛り上がりが少ない。尺の都合とは無情なものである。
1日目の裁判ラスト、なるほどくんが泣いてたのにビックリした。青スーツ以降のなるほどくんに、あまり泣くイメージがなかったんで。というか、ピンクセーター以外でなるほどくんが泣いてたことってあったっけ? 記憶にない。






DSC_0017_R.jpg

DSC_0016_R.jpg

DSC_0018.jpg

この前、初めて高円寺amp cafeに行って『siraph TV vol.5』を観てきました。主な目当てはその日から物販で発売された、新しいシングル『current mood vol.2』なんだけど。当日の朝にできたてホヤホヤ。
照井さん作曲の『hyos』はサスペンス主題歌系(皆さん談)。
蓮尾さん作曲の『words』は最初、ゲーム音みたいな始まりだと思ってたらテクノ系バリバリな感じ。
2曲とも、これから聴きこんでいきたい。

で、Annabelさんのアルバム『TALK』も借りてきた。
『I.C』『混線と対話』『sky needle』『CLOUDY』『青に融ける』『未完成な星の住人』が好きです。
特に蓮尾さん作曲の『混線と対話』はもう……何と言ったらいいの……バリカッコいい!!!

DSC_0013_R_20160911014527826.jpg

DSC_0015_R.jpg

『siraph TV vol.5』は山下さんがお休み。
山崎さんの毎回変わる(らしい)コーナーは、今回は視聴者からのお便りからのリクエストで書道。
言葉や絵はいい感じなんだけど、演奏時のVJと合わさると、なんとも異様な感じでした。いや、味はあった、と思う……
ライブ終了後、おまけライブ前にこの書を巡って現地の皆さんがジャンケンバトル。参加したけどあっさり負けた……

もうひとつの企画は蓮尾さんのギター挑戦コーナー。あと3年は挑戦必須。
3年後もこのライブ、続いていたらいいなぁ。

これからsiraphも活動を活発化させていくらしいし、10月からのアニメの主題歌も担当するらしいしで、楽しみすっごい楽しみ! これがsiraphの初タイアップなんだよね。
『current mood vol.1』もそろそろ通販再開するらしいんで、楽しみです。『damp damp』をいつも聴いていたい。





秋ドラマで観るのは『科捜研の女』、たぶん観るのは『勇者ヨシヒコ』(最近Amazonプライムビデオで全部観ました)、気になってるのは『家政婦のミタゾノ』

『ポケモンGO』をちまちまとやってるんですが、ソフトバンク系ショップがポケストップになったからか、ポケモンの出現率が変化している気がする。地元でもそこそこレアなのがたまに出てくる。まあ、だいたい捕まえられないんですけど。
やっぱり、色々遠征しないとダメかなぁ。まだまだコンプには程遠いです……あと、TLが上がってボールが足りなくなってきた。きずぐすりとか要らないから、ボールくれボール。
「もう飽きた」とかの声も聞くんですが、意外にまだ人がいる。ジムもころころ変わってるし、駅前の公園はいつも花びらが舞っているし、特に夜はいつも人がたくさんいる。ガチ勢多いな……
私も、もうちょっとやってみます。現段階の図鑑コンプぐらいはしたいなぁ。あと、相棒ポケモン機能はすごく楽しみ。誰を連れ歩こうかな。



タイトルとURLをコピーしました