クワガタとカッパが主戦力。

雑記
スポンサーリンク


沢口靖子主演「科捜研の女」第16シリーズ放送決定!

10月よりテレビ朝日系の木曜ミステリー枠(夜8:00-8:54)が、沢口靖子主演ドラマ「科捜研の女」の第16シリーズに決定。2クールにわたって放送されることも発表された。

同ドラマは、沢口演じる京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件解明に挑む姿を描く。

’99年に放送開始してから現行の連続ドラマでは最長記録となっている。今回もマリコと共に犯罪に立ち向かう熱血刑事・土門薫(内藤剛志)や、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、斉藤暁、長田成哉、山本ひかる、西田健、石井一彰らおなじみのメンバーが出演する。

今シーズンは、“顔を見ればウソが分かる、微表情研究のクセモノ学者”や、“研ぎ澄まされた五感でどんな爆弾も解体する爆弾処理のエキスパート”など、“大物スペシャリスト”がゲストとして出演する。

また、マリコの衝撃的なシーンも多数登場予定で、“マリコが逮捕された!? 土門刑事に取調べを受けるマリコ!!”など、驚きのシーンが用意されているようだ。

沢口は「始まった当初は、こんなにシリーズが続くとは思っていませんでした。科学の進歩と共に毎年、作品も進化してきましたが、ここまで長く回を重ねることができたのは、『科捜研の女』を支持してくださっている視聴者の皆さまのおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです」と、第16シーズンを迎えるに当たり、支えてくれたファンに感謝した。

「今回のシーズンの最大の見どころは、ゲストとして登場する、さまざまな分野の大物スペシャリストたちと科学のスペシャリストであるマリコが、時に対立し、時に協力しあいながら難事件を解決していくところです。また、これまでにないマリコの衝撃的なシーンが多々、登場します。

アッと驚くような場面も用意されていますので、皆さまもどうぞご期待ください! 私も今から撮影を楽しみにしています」と、沢口は今から撮影を心待ちにしているよう。

最後に「この『科捜研の女』は、私を俳優として育ててくれた作品。また、マリコは30代半ばで出会って、共に成長してきた存在です。今は、そんな私にとって大切な作品の撮影が再開するという、ワクワクした気持ちでいます。

なじみのスタッフや共演者の方々と、また新たな『科捜研の女』をお届けしたいと思っています」とアピールした。



マリコの衝撃的なシーンも多数登場予定で、“マリコが逮捕された!? 土門刑事に取調べを受けるマリコ!!”など、驚きのシーンが用意されているようだ。



……マリコさんも、とうとう年貢の納め時ですか。そうか。しかし土門さんはマリコさんに勝てるのかしら。頑張れ、土門さん。
とかいう冗談はともかく、放送決定おめでとうございます! 2クールか! 嬉しい限りだ。マジで1年の3分の2は木ミスに出演することになりそうなお二方。
公式サイト仮オープン。
「多彩な出会いと発見がマリコを強くする!」――とうとう『科捜研』はゲーム化するんか。この煽り、まさしくマリコさんもRPGの主人公ですよ。レベルあげてくと、使える機材や鑑定道具が増えていく、みたいな。冗談です。
なんか発表されてる内容見る限りだと、今度はシーズン通してのゲストはいないのかな。まあ、死神落合刑事の後だと、どうしてもインパクトなくなりそうだしな……

なんにせよ、楽しみ! ですね。秋からは『科捜研』で燃えるよぉー!




『おみやさんSP』渡瀬恒彦&貫地谷しほりのコンビで第2弾 10月放送決定

 俳優・渡瀬恒彦が主演する人気ミステリー『おみやさん スペシャル』の最新作が、10月15日の『土曜ワイド劇場』(後9:00~11:06)で放送される。わけあって資料課長という閑職に甘んじている元敏腕刑事、“おみやさん”こと鳥居勘三郎(渡瀬)が、“迷宮入り(おみやいり)”とよばれる過去の未解決事件を解明していくシリーズ。新パートナーに貫地谷しほりを起用したリニューアル第2弾となる。

 今年2月に同枠で放送された前作は、京都府警本部に異動してきたばかりのおみやさんが、神尾ちず(貫地谷)と共に難事件に臨む姿が描かれた。今作では京都府警本部に異動して半年たったおみやさんが、またもや事件に遭遇。捜査資料のすべてを記憶しているおみやさんは、現在の事件と過去の迷宮入り事件の共通点をいち早く見出し、独自の視点から事件を解決に導いていく。

 今回、おみやさんの目に留まったのは、詐欺グループの男が刺殺された事件で捜査線上に浮かぶ女が作った“折り紙のバラ”。12年前に起きた未解決事件の現場でも、同様のバラの折り紙が見つかったことを思い出す。はじめは無関係と思われた、2つの事件がつながり、当初、詐欺グループの内紛と思われた殺人事件は意外な方向へ展開していく。

 「五山の送り火」も事件解決のヒントとなっており、「京都の夏の風情」を盛り込んで、事件に潜む濃密な人間ドラマを描き出す。渡瀬は「久しぶりに面白い“映画”を見た、そんな感じです。過去の事件を絡めながら進んでいく『おみやさん』、ついつい難解になってしまうことが多いのですが、今回はまったく気になりませんでした」と手応えを語っている。



こちらは土ワイ枠でのスペシャル放送。もう木ミスには帰ってこなさそうだし、鴨川東署の頃の面々も、すずさん以外は出てきそうにないな……悲しいなぁ。
公式サイト。10月15日放送です。
ゲスト豪華。佐野史郎に加藤貴子……
こちらも要チェック!





誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

制服捜査3
×
出演者の皆さんは好きな方々ばっかりなのに、最後の方は話が頭に入ってこないレベルで飽きていた。とりあえず、どうしようもない放火魔と、その知り合いだったクズ息子の話ということでいいのか?
最後の川久保一家のやり取り、どう聞いてもアドリブでだらだら喋らせてる感じだったけど、あれを垂れ流す意味がよくわからん。音楽とかで消すもんじゃないのか。
このシリーズは毎回そうだけど、青森八戸の方々はああいう描写で納得いってるんだろうか。ただの老害や無能の集まりみたいな描かれ方してない? いいの?





『逆転裁判 その「真実」、異議あり!』。第20話『逆転サーカス Last Trial』

サーカスの皆さんも含めた犯行の再現シーン入れたのと、人情要素強めたのはよかったと思います。
その代わり、メインの仕掛けの「なんだそれ!」をノリとハッタリで押し切るみたいな強引さがなく、ものすごく真面目に仕組みを解いちゃってたのでものすごくシュールなことに。何度でも言うけど、アニメのなるほどくんたちって真面目だよね。
マックスがぐう聖に。いや、ベンリロ殴ってんだけどな。でもいいところが強調されてた。そういえば、ベンリロ殴った理由のミリカ関連もバッサリカットされてんだな。なのでマックスが、「プロ意識とプライドの高い職人マジシャン」みたいな感じに。
トミーさんがミリカちゃんにビシッとお説教したり、ミリカちゃんも過ちに気づいて自らやるべきことにも気づき、アクロに直接謝罪できていたりと、結構救いのある感じに。でも過去回想の「バットもお星様になったら~」は歪に純粋すぎてえげつなかったんで、そうすることでバランスとりました、ってことかな。

次はとうとう、『さらば、逆転』。長丁場になりそう。と思いきや、次回は9月入ってからなので、ギリギリ最大限やっても全4回なのか。そう考えると少ない。
『失われた逆転』カット・『逆転サーカス』の短縮っぷりも仕方ないのか。そう考えると、全5回あった『逆転、そしてサヨナラ』の高待遇っぷりがわかる。ボリュームは『さらば、逆転』の方が長いと思うんだけどね。
しかし、『1』と『2』がぶっ通しで続いてる2クールアニメなので仕方ないし、作中では結構季節ぶっ飛んでるから時間経過激しいのもわかるんだけど、視聴者(私)からすると「いや最近まで御剣さんいましたし」って思っちゃうな。
尺の都合もあって「御剣怜侍は死を選ぶ」の伏線も大して張ってないので、次回威風堂々と帰ってきても、こっちのリアクションは薄くなりそうだ……





『Amazonプライムビデオ』を覚えました。
『クレヨンしんちゃん』の劇場版とか、『勇者ヨシヒコ』シリーズとか、有名ドコロの洋画とか、ちまちま観てます。
どうも映画として作られたものを家で見るのが苦手だったんだけど、スマホでだらーっと見る分には気にならない。何が違うのか、どういう視聴環境が自分に適しているのかよくわからないけど、これはいいものを覚えた。
最近は、配信されているものなら『TVer』で観ています。感想書くときはPCの前に座らないといけないけど、バラエティとかその他のドラマとかなら、ごろーっとだらーっと観られるのがいいっすね。便利だなあ。でも巻き戻しボタンがないのは不便。そういう用途で使うものじゃないからだろうけど。



台風が来たりそれでも払えぬ熱気と湿気に溺れたり、自分の打たれ弱さに辟易としながら夏の終わりを待っています。
最近よかったことは、即戦力レベルのブーバーとカイロスをゲット出来たことです。『ポケモンGO』です。
でもジム戦には負けます。勝つにしても、数によるゴリ押しです。カビゴンとかカイリューとかギャラドスとか、私もほしいよ……まずはちまちまと、コイキングを集めなくちゃ。もうちょっとでアメが400個集まるんだ……でも、あまりコイキング出ない……むしろカイロスの方が出る……



タイトルとURLをコピーしました