水分不足は大敵の季節。

雑記
スポンサーリンク

アンケート撤収。
皆さんに「見やすい」と仰っていただけたので、このままで突っ走ることにします。





高島礼子×宮崎美子×高畑淳子「女たちの特捜最前線」が連続ドラマ化「より一層楽しい井戸端トークを撮りたい」

高島礼子×宮崎美子×高畑淳子の3熟女が競演する木曜ミステリー「女たちの特捜最前線」が、2016年7月より毎週木曜午後8:00?8:54、テレビ朝日系にて放送される。今作では、昨年12月に土曜ワイド劇場で好評を博したミステリーを連続ドラマ化。ウワサ好きなオンナたちが“警察食堂”を舞台に井戸端捜査会議を繰り広げ、事件を解決へと導いていく。
京都中央警察署の総務課に勤める警察官・室町京子(高島礼子)、広報課・一条弥生(宮崎美子)、食堂調理員・八坂美鈴(高畑淳子)の3人は、捜査員たちの縁の下の力持ちとして事件解決を目指して働いているが、その原動力は好奇心という名の覗き見趣味。噂好きで地獄耳の女たちが、警察署内でゲットした極秘捜査情報を持ち寄り、ホンモノの捜査本部とは全く違う視点で事件を分析し、ふいに解決につながる意外なヒントを見つけ出していく。

土曜ワイド劇場「女たちの特捜最前線 警察食堂極秘会議」の撮影でも共演した3人はすぐさま意気投合。井戸端会議シーンでの女子トークはとどまるところを知らず、まるで舞台のように臨場感あふれる会話劇が繰り広げられたそう。また、これまで“デキる女刑事”という役柄が多かった高島礼子が、“総務課のおばさん”役を熱演するのも見どころ。トイレットペーパーの補充、蛍光灯の交換など、会社員時代に経験があるという庶務をテキパキとこなしながら、時にコッソリ、時に厚かましく、捜査会議に潜入する。

共演陣には、渡辺いっけい、相島一之、飯田基祐、冨家規政、増澤ノゾム、近野成美、杉浦琴乃、泉川実穂らが名を連ねるほか、毎週、豪華ゲスト俳優が出演。さらに、ロケ地である京都周辺のグルメ、観光情報なども織り交ぜ、ドラマをにぎやかに盛り上げる。フツーのアラフィフ女性たちが、オンナならではの視点から事件の謎を解いていく新シリーズ「女たちの特捜最前線」。作品の詳細が気になる人は、続報のチェックをお忘れなく。


■高島礼子 コメント
「実は今、プライベートでも女子会にハマっているんです! 特に年上の方たちとの女子会は勉強にもなるし、面白くて…。そんな女子会に、視聴者の皆さんも参加している気分になるようなドラマを作っていきたいですね。
第1弾の撮影のとき、“もっと女子会シーンを面白くしたい!”と、撮影所の食堂で3人でミーティングをしたのですが、オンナ同士の会話って脱線するんですよね。高畑さんも宮崎さんも、ツッコミがすごいですし(笑)。でも時間はかかるけど、結果的にはきちんと結論もつく…。そんな女子トークの醍醐味に気づいたおかげで、面白い井戸端会議シーンを撮ることができました。今回の連続ドラマでも皆で話し合いながら、それぞれのキャラクターをしっかり持って、より一層楽しい井戸端トークを撮りたいと思っています。また、せっかく京都で撮影しているので有名観光スポットやグルメ情報もどんどん盛り込みたい。旅情気分も楽しめるのも、このドラマの魅力だと思います。
これまでキャリア女性を演じることが多かったのですが、今回は等身大に近い感じで、無理せず自然に演じていきたいですね。実は私、かつて3年ほど会社勤めをしていましたが、総務部総務課だったんです。洗剤が足りなくて先輩に怒られたり、備品を整理したり、まさにこの京子の役を体験してきました。若い後輩を叱るシーンでは、当時の先輩のことを思い出して本気で怒れると思います(笑)。そんな会社勤めの貴重な経験をぜひ生かしたいですね! 
女性目線で事件を解決していくのが、この作品のテーマ。普通の刑事ドラマになってしまってはつまらないので、監督に抑えられちゃうぐらいの勢いで、でも脱線しすぎず、視聴者の方が一緒に謎解きを楽しんでいけるような作品を作り上げていきたいですね。長く愛される作品になるよう、1本1本、大事に撮っていきたいと思っています。」

■宮崎美子 コメント
「連続ドラマになると聞いたときはうれしくて、今とてもワクワクしています。第1弾の“女子会”のシーンでは、おばさんらしいリアルな会話を3人で探りながら演じたのですが、緊張感もありながら3人のチームを作り上げることができて楽しかったですね。今回はもっと楽しんで、それぞれの個性をよりくっきりと際立たせていきたいと思います。
弥生は、“自分はこうありたい”と思う基準が高すぎる人。だからこそ“私なんてダメ”と思ってしまう、損な女性ですね。でも一方では、“おばさんだから”という開き直りもあって、人前でも図々しくクヨクヨしちゃう…。私自身、先頭を切って走るタイプではないので、高島さん、高畑さんという、2つの大輪の花を眺めつつ、その隙間に出ていく弥生のポジションはとても心地よいです。
3人は警察官ではありますが、捜査一課で活躍する花形刑事などではなく、総務、広報、食堂といった、視聴者の方々にとっても身近な存在。いわゆる刑事のやり方で捜査するのではなく、“気持ち”を大事に事件を解決していくところが、おばさんらしくていいなと思います。
世の女性たちはふだんテレビを見ながら多々ツッコミを入れていると思うのですが、その雰囲気が画面から出せたら面白い! 言いたいことを言いあって、“おばさんたちだけど活きのいいドラマ”になれば…。テレビの前の皆さんにもたくさんツッコミを入れながら見ていただけたらうれしいです」

■高畑淳子 コメント
「オンナが3人集まると、自然とそれぞれのパートを担うようになると思うんです。前回の撮影でも徐々に3人のコンビネーションがしっくり来るようになったので、今回の連続ドラマでは前回やり足らなかったところを、遠慮なく演じたいですね!
オンナって、基本的に人の話を聞いていないでしょう(笑)。実際、世のオバサンたちって皆、我を忘れてしゃべっていますよね。今回は、あのエネルギッシュさをもっと出したいんです! “ホンモノの食堂のオバサンが出演しているんじゃない?”と思われるぐらい、そして世の女性たちに“この3人って私たちそのものだわ”と思われるような、自分勝手な女子トークをお見せしたいですね。
私は、3人の中で美鈴がいちばん純情な女性だと思っています。元刑事の美鈴は両親の介護という理由から職を退きましたが、実は刑事という仕事が怖くて第一線から逃げたんです。でも、実は誰よりも正義感が強くて、“正義を貫く場に身を置いていたい”という思いから、警察食堂で働いている…。そこに、彼女の純粋さを感じます。毒舌で下ネタも言っちゃうけど、根は恥ずかしがり屋で情にもろい。そういう、美鈴という女性の中に見え隠れする多様性が好きですね。
女性の皆さんには、3人のおしゃべりに参加しているような感覚でご覧いただければうれしいです。男性たちには少々鬱陶しいかもしれないですが(笑)、“オンナって元気だなぁ”とうらやましがられるようなお芝居をしていきたいですね」


シリーズ化はあるだろうなと思う感じでしたけど、まさか連ドラ化するとは思ってませんでした。しかも、まだ1作しかやってないのに。そういやこれ、土ワイ版も京都舞台の東映制作だったよな……元から連ドラ狙いのパイロット版だったってことなのかな。
これから土ワイは木ミスのパイロット版が増えるのかなぁ……というか、土ワイ→連ドラが増えるというべきか。
当時、「お蔵入り寸前みたいなタイトル」とかボロクソ言って申し訳ない。いやまさか連ドラ化するとは(ry)
確かに高島礼子のキャラは確かに新境地だし、高畑淳子さんのマシンガントークは素入ってるだろwレベルで面白かったんだけど、唯一宮崎美子のキャラだけはあまりこなれてなかった感じだった覚えがある。そこは回数こなすとこなれるといいなぁ。
クズじゃない冨家規政さんが楽しめるドラマ。
連ドラからの新キャスト・いっけいがいるのがなんつか、「あ、木ミス新作だ」って安心させてくれます。私の中でいっけいは、「タイトルに『女』とつく木ミスにはだいたい顔出してる」的な法則があるので。『科捜研』『京都地検』『捜査地図』……あ、『出入禁止』は出てないや。
それはともかく、あの強烈なオバチャントークをどこまで毎週繰り広げられるか、楽しみです。3人いるんだし、そういう面では『京都地検』の鶴丸さんを超えられる……といいなぁ。高畑さんがいるならできそうだけど。





誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

事件17

「クズがどうクズだったか」とか「事件に至るまでがどうだったか」を丹念に描いていくからキツいよな、このシリーズって。DV被害を訴える沢田亜矢子とか、性的虐待のくだりは前田亜季の熱演もあって生々しくてキツかった……
話は別に捻りなかったし、雰囲気とか役者さんが違えばいっそテンプレ2サスのストーリーなのに、ここまで重いのはやっぱり皆さんの熱演あってこそだよなぁ。鼻水垂らして泣くかたせ梨乃とか前田亜季の熱演っぷりがすごかった。レギュラーである白い容莉枝のウザかわいさと、最後の伊丹先生の真犯人への弁護申し出だけが救い。
あそこで母娘和解に踏み出すのかー、と思ったけど、直前に「罰せられた方がいっそ救われる」みたいな台詞があるってことを踏まえると、許されないことをしてしまった母に一緒にいてもらうことで、娘は母に救いと同時に罰をも与えることをしているのかな……とかなんとか考えちゃいました。それによって救われる母。実際はどうなんだろね。アレは素直に「前田亜季マジツンデレ」ぐらいで流すのが健全な気はする。
かたせ梨乃は本当に熱演してたし存在感もすごかったけど、やっぱなんかこう……こういう弱々しい役をやるより、シャキッとしててほしい派です。そういう意味ではこの前の『逆転報道の女』での刑事役みたいのがいいな。





『逆転裁判 その「真実」、異議あり!』。第10話『逆転、そしてサヨナラ 3rd Trial』

ボート屋のおっちゃんの話通じなさ加減(自主規制的表現)がマイルドになってた。まあ、ゲームそのままでやってたらなんつーか……色々アウトだよな。わかります。
矢張の裁判乱入シーンの躍動感は卑怯。しかもアレでCM入りだからな。ズルいわ。証言の滅茶苦茶さもマイルドになってた。
拳銃に残った弾の数とか、犯行場所とかの説明は端折られてたな。そこらへんは原作のが丁寧だったかな。犯行場所に関してはともかく、拳銃の弾の数は説明ほしかった。
これは前回からなんだけど、真宵ちゃんが地味に金属探知機担いだまま法廷入りしてるのに笑う。持ってないと最後に使えないんだけど、それにしたって金属探知機背負ってる絵面に笑うわw
なるほどくんたちのキャラの根がマトモになってるので、真面目に謎解いてる感がある。原作より駒不足で法廷立ってるのにきちんとひとりで謎解いてる分、アニメのなるほどくんの方が推理力はありそう。逆にひらめきと運とハッタリかますだけの度胸に溢れてるのが原作のなるほどくん。って感じでしょうか。
全体的にこう、「マイルドになってるよな」っていうのがアニメ版の感想。あのままだとぶっ飛び過ぎてるよなぁ。





siraphさんが好きです。そりゃあ、sfp好きとしてはもう。もちろん。
キャッチーな『カーテンフォール』に惹かれて、それ以外の曲は今のところじわじわとその魅力が身体に染みこんできてる感じ。
ってことで、行ってきたぜタワレコ渋谷! インストアイベント!
今回はAnnabelさん、照井さん、蓮尾さんの3人体制ミニライブ。全員じゃなかったのが悔やまれるがしかたない。
最近リリースされた1stミニアルバムを買った人には、CDにサインするよーというサイン会付き。
個人的メモ。

◆CD買おうとAmazon見たら定価の倍の値段で、「いやさすがにそれは……」ってなったので、タワレコ渋谷で直買。3階のインディーズコーナーで棚開けてまで探して見つけて買ったのに、4階のイベントコーナー前にいっぱい目当てのブツは並んでいた。ですよね。
きちんとインストCDももらいました!
タワレコ渋谷4階のイベントスペースは初めて行ったんだが、CD陳列棚とレジと普通に小さなステージが並んでるって構造が異空間で楽しかったな。

◆Annabelさんは独特な雰囲気のトークをする緊張しいな人な感じ。「さすがに最近はないけど、ライブする前は必ずリバースしてた」とか、「タワレコ渋谷4階インストアライブ前の口内出血事件」とか、siraphの曲に対する印象とかを話してるところから、そんな雰囲気を受けました。
「『想像の雨』はやってて楽しいけど、『linotype』はまだ楽しくない。……今日は楽しかったです!」(要約)とか言っちゃったりw

◆照井さんは明るくてその場を盛り上げるのが上手いトークをする人って感じだった。演奏は当然として、トーク面では一番ご活躍なされてた印象。
「siraphTV」に対するコメントと、「最初はバラエティ慣れしてないのを笑ってもらおうと思ってる」(意訳)と、蓮尾さんがトラブってはけてる時のAnnabelさんとのトークが面白かったw
照井さんの曲は、一見ガチガチでも実際にやってみると余白があって柔らかい、らしい。蓮尾さんが「メンバー可哀想」と思うぐらいにはガチガチかと思いきや実はやっていくごとに楽しくなっていく、だったかな?

◆蓮尾さん、途中で「時間が解決する系」のトラブルに見まわれ途中で一旦はける。戻ってきた時、楽譜?か何かを手にしてたみたいだから、アレを忘れてきてたんだろうか……? いやわからんけど。
素敵なTシャツをお召でした。歯……?
照井さんいわく蓮尾さんの曲は「音色のセンスがいい」「必ずカッコいい曲になる」みたいな印象らしい。

◆メインイベントのライブは、本当にとても素晴らしかったです。
……本気で小学生並みの感想ですけど、本当にコレしか浮かばないから仕方ない。私だってこの素晴らしさを伝えられる知識とセンスがほしいですよ。足らないって罪だ。

◆「CDにサインしてもらう」っていうのが初めてだったので、てっきりCDケースにしてもらうのかなって思い込んでたんですけど、歌詞カードの中身にしてもらいました。そういうものなのか。
どんなサインしますか、って蓮尾さんに尋ねられ、超テンパって「あの、大丈夫です! お好きに!」とか言ってしまったのが私。たぶん、ご本人は超困ったと思う。
ついでに言うと、Annabelさんや照井さんにサインしてもらっている間、隣の方が蓮尾さんの演奏への感想をめちゃくちゃ丁寧にかつ情熱的にお伝えしていて、私はといえばご本人を目の前に何喋ればいいのかわかんなくて、CDにサインされるのを見つめてた。ここらへんも色々と足らない証拠。
でも、ライブが素晴らしかったっていうのだけは言えました。あと、これからも応援します! っていうのも。

◆すっかりsiraphさんの虜になったので「siraphTV」公開収録にも行きたかったんですけど、帰ってネット開いたら既にチケットが売り切れてたっていう。そうだよね、トークの時に「もうチケット残り僅かです」って仰ってたもんな……
いいよ、生放送見るから……それに、(編集されてフル尺じゃなくなるらしいけど)アーカイブも残るらしいから。それで我慢します。
でも、フルメンバーのライブを生で見たかった……おまけライブもトークも見たかった……お酒振る舞われたかった……
まだ機会があると! 信じたい!

◆そんな「siraphTV」第1回は、12日の20時から。youtubeの公式チャンネルから見られるみたいです。楽しみだ。忘れないようにしないと。


自分の足らなさを痛感しつつも、イベント自体はとっても楽しかった! そんな感じで。





PCでのTV視聴環境構築に挫折していたここ最近でした。心がベキバキに折れるぐらい同じ手順を繰り返してPC再起動かけてもダメ。
一応見られるんだけど、ベストな環境ではない現状。なにこれ。ネット上で情報かき集めて手順通りやってるのに、何故か謎の強制終了を起こす我が環境。なんだこれ。意味がわからないよ。
何もかも上手くいかないのでもういっそのこと、と、OS再インストールまで考えましたけど、さすがにTV視聴できないからOS再インストールっていうのは無理です。なので妥協しました。見られりゃいいよ、もう。知識も技術もないヤツが下手にアレするとこうなる、みたいな。


夏の新ドラ情報も出揃った感じありますし、梅雨入りしましたし、そろそろ2リットルペットボトルを担ぎ出さないといけない時期ですね。水美味しい。



タイトルとURLをコピーしました