最強の刑事!

雑記
スポンサーリンク

来期の木ミスは、『警視庁・捜査一課長』


内藤剛志が“捜査一課長”に就任 『科捜研』沢口靖子から「警視庁へ異動ですか!?」

俳優の内藤剛志が主演を務める土曜ワイド劇場の人気シリーズ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系列)が、4月から木曜20時に連続ドラマとして新たなスタートを切ることが決定。今年60歳を迎える内藤は「ライフワークのように70歳くらいまで、長く続けていけたらいいですね」と意気込みを語っている。

内藤は、“27クール続けて連続ドラマ出演”という日本記録を打ち立て、“連ドラの鉄人”の異名を誇っている。中でも刑事役はとびぬけて多く、過去に刑事を演じたテレビドラマは32作品にのぼるという(※単発、連続含む)。本人いわく「キャリアの87%が刑事役」とのことで、所轄署の刑事から麻薬取締官、各県警の捜査一課刑事まで幅広く演じてきた。

そんな内藤が“刑事の中の刑事”といわれる警視庁・捜査一課長・大岩純一役で、本作で連続ドラ主演。一課長といえば、いわゆるキャリアが占めるほかの警察要職とは異なり、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”が務める特殊なポスト。内藤自身も1980年の映画デビューから名もなき端役を積み上げ、名バイプレイーヤーとして活躍後、主演俳優に上り詰めた、いわば“叩き上げ役者”で、そんな内藤が、デビュー36年目にあたる2016年、自らと男としての生き様が重なる捜査一課長・大岩役に挑む。

今回の連ドラ化について、内藤は「4月からは大岩純一捜査一課長を毎週、演じられるということですから、今とてもテンションが上がっています。土曜ワイド劇場から木曜ミステリーに場は移りますが、大岩というキャラクターにブレはありません! 連続ドラマになることで、より深く作品のディテールを描くことができることを楽しみにしております」とコメントしている。

木曜20時といえば、内藤が、2016年3月まで『科捜研の女』の土門刑事役で“レギュラー出演”しており、そこから“主演”という形で木曜ミステリー枠を引き継ぐことになる。長年、『科捜研の女』でタッグを組んできた沢口靖子は、主演のバトンをつなぐ内藤に「あら、内藤さん、長年マリコと一緒に事件に取り組んできた土門刑事は4月から警視庁へ異動ですか!!」とジョークを交えつつ、「『警視庁・捜査一課長』のご成功を心からお祈り申し上げます! そして、また土門刑事として、きっと京都府警に帰ってきて下さいね!」とメッセージを送っている。これに対し、“東京に行ってちょっと仕事してくるよ”と話したという内藤は「応援してくださってありがたい!」と感激しつつ、「『科捜研の女』では“土門スイッチ”をパチッと入れて、全身全霊で榊マリコ=沢口靖子をアシストします!」と誓っている。

物語の舞台は、警視庁の花形部署・捜査一課。約400名の精鋭刑事を統率する捜査一課長は、都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決め、重大な局面では自ら捜査に乗り出すなど、極めて重い責務を担っている。しかし、主人公の大岩一課長は、決してスーパーマンではなく、大岩が苦悩の中、その重責を乗り越え、部下を導いていく姿は、まさに“等身大のヒーロー”であり、“理想の上司”として描かれていく。

その一課長を支えるのが、捜査一課・現場資料班の平井真琴と小山田管理官。彼らは事件現場へ真っ先に駆けつけ、膨大な捜査資料や最新状況の中から、一課長が知るべき情報を選んで伝えるという、いわば大岩の“懐刀”的存在だ。シリーズに引き続き、斉藤由貴と金田明夫が、この凸凹コンビを熱演。さらに、床嶋佳子ふんする妻・小春や愛猫・ビビとのホッとする日常シーンも描かれ、大岩が生活の場面から事件のヒントを見つけ出す、というシリーズではおなじみの展開も織り込まれている。




http://news.walkerplus.com/article/72809/
>沢口さんには、『東京に行ってちょっと仕事してくるよ』と話しました。『行っちゃイヤ!』って言ってくれないの!?とは思いましたが(笑)、応援してくださってありがたいです。


え? 内藤さんはどもマリ派だって?(近視)

公式サイト。まだ仮オープンですが。

まさか、『捜査一課長』が連ドラ化とは。土ワイの頃は思いもしませんでした。
『相棒』『スペシャリスト』に次ぐ快挙。と並ぶと、なんかすごいっすね。
これで内藤さんは3クール連続で木ミス出演ってことに。それもすげーな。
いや金田さんもそうなんだけど、『科捜研』だと出番少ないし……
そして『科捜研』とは逆転する立場。視聴者は混乱している!

『科捜研』といえば沢口さんって、こういう冗談言えるんだ。いや、失礼な話ですけどあんまりジョークとか飛ばすお人に見えないので……それに対する内藤さんのコメントも素敵。それだけお2人は気心知れた仲、ということですな。そりゃ15年間も一緒にやってればなぁ。

助演→主演っつーと、船越帝王の『京都地検の女』『その男、副署長』ぐらいしか浮かばんが、あれも連続でやったことはない……はず。

で、舞台は木ミスなのに東京なわけですが、それはもう昔に1回やってるので気にしない。気にしないったら気にしない。

土ワイの頃のように、安定の大福・ヤマさんコントタイムとか、ビビちゃんタイム、捜査員たちの大捜索タイムとかがお約束になるんだろうか。楽しみです。





こちらは既に皆さんご存知でしょうが。

春の水9は『警視庁捜査一課9係』、セミレギュラーに野際陽子さん。

なんという『花嫁のれん』。いや見たこと無いんですけど名前ぐらいは。
しかし野際さんといえば、声がガラガラしてたり『温泉マル秘大作戦!』のレギュラーから外れちゃったりと、なんか体調不良?と不安になる面もあるんで心配です。いやでも、連ドラのレギュラーを引き受けてくださったんだから大丈夫だよね?
野際さんの役どころ含め、こちらも楽しみです。





誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

山村美紗サスペンス 狩矢父娘シリーズ17 京都・開運ツアー殺人事件!
×
コスプレ話。原田龍二が時代劇風のコスプレしてたの筆頭に、終始コメディ風味で何かと理由つけてみんながコスプレしてたのは楽しかったです。
何度でも言うけど、密室で毒殺はナンセンスだから。


佐々木譲サスペンス 制服捜査2

高岡早紀が犯人じゃない……だと……相変わらず不幸な役柄でしたけど。
土門さんと亜美ちゃんが親子(@『科捜研』)。他にも東映制作ドラマでお馴染みの方々いっぱい。
話は……ょぅι゛ょ誘拐(現在と過去)と傷害事件(だよね?)だけで持たせたのはすごいと思うけど、あまり面白くはなかったなぁ。高岡早紀の気持ちが痛々しいぐらい伝わってくるだけに、もっとなんかこう……救ってあげてほしかった。
過去のょぅι゛ょ殺害事件の描写は、規制のためかなんか知らんけどえらく昭和チックな影絵演出で逆に不気味でしたよ。何アレホラー?
ょぅι゛ょ殺害&ょぅι゛ょ誘拐事件のあとに、ょぅι゛ょじゃないけど可愛い大学生の娘とほのぼのやれている主人公一家見てると、なんともこう、世の中って不公平よねと思うのでした。何度でも言うけど高岡早紀可哀想だよ。救ってあげてほしかったよ。


おみやさんスペシャル

貫地谷しほりは案外悪くなかった。
話は……壮大過ぎて何が何だか。いや落ち着くべきところに落ち着いてたけど。
しかし京都府警に異動しちゃったか、おみやさん。鴨川東署の面々がいないと寂しいなあ。そして京都府警に異動しちゃったなら、捜査一課の洋子ちゃんとまた鉢合わせしてもいいんですよ……いいんですよ……それには連ドラ復帰が必要かもですが。



タイトルとURLをコピーしました