今年最後のトーキョーライト。

雑記
スポンサーリンク

沢口靖子×草なぎ剛、ドラマ初共演 科捜研に宅間善人がやって来た!?

SMAPの草なぎ剛が、沢口靖子主演のテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)の第8話(来年1月14日放送)にゲスト出演することが24日、わかった。同局では、同日午後9時から草なぎが主演する連続ドラマ『スペシャリスト』がスタート予定。草なぎは連ドラで演じる刑事・宅間善人(たくま・よしと)役で“科捜研”を訪れ、沢口と初共演を果たす。

 『科捜研の女』は、沢口ふんする法医研究員・榊マリコのいる京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)のメンバーが、専門技術を駆使して事件の真相解明に挑む姿を描く、人気ミステリー。1999年にスタートして以来、現行の連続ドラマの中で最長の歴史を誇っている。

 一方、『スペシャリスト』は、冤罪で10年間服役していた異色の経歴を持つ京都府警特別捜査係の刑事・宅間の活躍を描いたシリーズで、『土曜ワイド劇場』特別企画として第4弾まで放送された。1月期から連ドラとして新たなスタートを切るにあたり、舞台は東京・警視庁に移される。

 この2つのドラマが、“京都府警”でつながっていたことから、作品の枠を超えてエールを送り合うべくコラボレーションが実現。長い歴史を誇る『科捜研の女』が、ほかの作品とコラボするのは今回が初、ジャニーズ事務所所属の俳優が出演するのも初となる。

 『科捜研の女』第8話では、京都市内の宝石店で強盗殺人事件が発生。解剖医・風丘早月(若村麻由美)の娘・亜矢(染野有来)の親友の父に共犯容疑がかかる中、科捜研に間違って届いた荷物にヒントを得たマリコが、真相に迫っていくというストーリー。ヒントを与えた荷物の送り主が宅間だった、という交わりを見せる。いったいなぜ宅間の荷物が科捜研に届いたのか!? その荷物に隠された、事件の謎を解くカギとは!? ミステリードラマファンが思わず膝を打つような展開が仕掛けられている。

 撮影は東映京都撮影所で行われ、草なぎが“科捜研”セットを初訪問。宅間が「科捜研に、すごい女性研究員がいるって聞いていました」と話しかけると、マリコが「これからも事件で協力できることがあったら何でも言ってくださいね」と応じるシーン。いつになく緊張した様子の草なぎがNGを出すこともあったが、徐々になじんで、去り際には“宅間らしい”小粋なアドリブ入れる余裕も見せていた。

 撮影後、沢口は「視聴者の皆さんをひきつけてくださいね! 『科捜研の女』もがんばります!」と草なぎを激励し、ガッチリ握手。大先輩からの言葉に感激した草なぎは「沢口さんも冬の京都での撮影は寒いですが、がんばってください!」とエールを交換。「今後もこのようなコラボレーションができたらいいですね!」とお互い笑顔で再会を約束していた。




公式でのコメントはこちら。


これは卑怯だわーどっちも見ざるをえないわー。『スペシャリスト』も見たいわー。『スペシャリスト』の時系列的にはどこらへんになるんだろな。
しかし『科捜研』初コラボが新ドラマとは、『科捜研』も評価されてますな。
で、コラボってことは、『科捜研』8話(1月14日分)は戸田山脚本ってことでおkですか?
そしてそのビッグニュースに隠れてますが、子役は変わっていても亜矢ちゃん久々登場も見逃せないね!
ってなわけで、年明け以降の『科捜研』もますます熱いぜ! ってことで。





誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

女たちの特捜最前線 警察食堂極秘会議

お蔵入り寸前みたいなタイトルですけど、割と面白かったです。おばちゃんたちの機関銃トーク(高畑さんのアレは素としか思えないw)とか、なんだろ、演出面とか。制作は東映で撮影は濱監督ですけど、この方もなかなか独特な撮り方されるなと思いましたです。
話は、まとめ方が強引すぎるw 久々に犯人じゃない中田喜子さんを見られると思ったのに……なんでや、グルコサミン……
あと大和田伸也は何の罪に問われるのだろう……殺人教唆? ではないよね?


警視庁機動捜査隊216Ⅴ まだ見ぬ夜明け

見てて飽きなかったし、見た後の満足感もあった。ただし、これを「面白かった」といっていいのか迷う内容のキツさ。
様々な形の貧困家庭と、そこから搾取するようなクズババアが出てきましたが、いやこれほど因果応報で死んだババア久々だな。そりゃ死ぬわ。そして誰が犯人でもキツかったっていう。その中でも一番キツいルートの角替さんが真犯人で「あああああああ」ってなったのは私だけじゃないと信じたい。
松尾諭さんの出番が少なかったのは、やっぱ他ドラマとの兼ね合いとかなのかなぁ。
舞子さん、土居さんのこと「土居さん」って呼ぶんだ。っつか(たぶんお互いに?)ケー番知ってんだ。でも相変わらずメシはダメなんだ。パンケーキ好きな舞子さんとか想像したら何それ萌える。でもねーんだろな……
とか、そんなところが目についた。いや、文句つけてんじゃないんだけど。もう普通に舞子さんと土居さんは仲いいのな。これを仲いいと呼んでいいのかはわからないけど。
そういえば心なし、土居さんもとい西村雅彦の出番も少なかった気がする。気がする、だけでこんなもんだったような気もする。どっちだ。


佐々木譲サスペンス 警視庁特命刑事☆二人 ~代官山コールドケース~

タイトルから想像してたより、なんか重たい話だった……もっと軽い話かと……
主役コンビ2人は悪くなかったけど、犯人の動機周りがちょっとよくわからなかった。私の理解力不足と言われればそれまでなんだが。





1451142367608.jpg

1451265852373.jpg

1451265859862.jpg

1451265872717.jpg

1451265867772.jpg

1451281447334.jpg

1451281468503.jpg

1451265896103.jpg


最近忙しいのもあり、なんか「今更コレかよ!」みたいな更新でホント申し訳ない。
いや、申し訳なく思う必要なんか実はこれっぽっちもないわけだが、でも思っちゃうんだよね。申し訳ない。
あといっつもこれ言ってる気がするが、鼻風邪引いて鼻水がドバドバ出てて死ぬかと思った。いや、思ってる。現在進行形。なう。そんな感じの年末くたばれ。

そんな中でも友達とイルミネーション見に行ったりしたよね。しんどかったけど楽しかったよね。お台場と汐留いったよね。めっちゃ綺麗だったのに、そんな時に限ってスマホの調子がおかしくなって、自分で撮影出来た画像が1枚もないっていう。全部友達に送ってもらった画像。なんだ、ふざけんな。
でも綺麗でした。汐留のシンデレラのヤツ、最後のショーにはギリギリ間に合ったけどシンデレラ特別バージョンには間に合わなかったから、今度また行けたらいいねって。

で、そんなこんなで友達2人と会ったわけですが、そのうちのひとりが今年結婚しまして。
もうひとりの友達が、すっげぇ凝った手作り結婚祝いあげててどうしようかと。
私はといえば、「私が思いつくもの、無難すぎるよな……あああどうしよう」とか悩んでいる間に会う日になっちゃって、結局何もあげられませんでした。最低だな。
ということで、来年の結婚記念日には必ず何かお祝いする、と約束しました。覚えておこう。そして考えておこう。何がいいのかしら。
その凝った結婚お祝いをあげてた友達は元々手芸好きで得意なんだけど、今度はDIYに手を染めることになったようです。匠か。ビフォー・アフターなのか。すげーな。私には真似できん。



そんなわけで年末恒例のアレ。やっておこうか。
「2015年」を個人的に振り返るアレ。


出入禁止の女~事件記者クロガネ~
評判悪い理由がいまいちよくわかんない作品。え、普通に木ミスやってなかった?
その「普通」から出られなかったところが敗因なのかなぁ。
でも主人公の忍布さんのキャラはすごく好きでした。なんだろ、ベテランっぽいところが。


京都人情捜査ファイル
出演者の中から現実に逮捕者が出てしまったので、おそらくしばらくはお蔵入りなんだろうなという残念な作品。う、上様と俺の松下由樹が……
上様タイムがいつも楽しみでした。事件モノとしてはどーかなーってところもあったけど、タイトル通り「人情モノ」として楽しむって感じでしたね。


警視庁捜査一課9係 season10
アニバーサリーブックは出たけれど、微妙っちゃ微妙なシーズンだった。
警視総監がもったいなかったな、って感じでした。
また濃ゆい人間関係の掛け合いを見たいなぁ。


最強のふたり~京都府警 特別捜査班~
正直、コンセプトからしてどーかなーって感じの作品でした。事件自体も面白いの少なかったし、本当にもったいなかった。
「橋爪さん×名取さん」から、上手く脱出できなかった感じ。
続編あるのかどうかわからないけど、あるならコンセプトをもっと煮詰めてほしいなと思いますです。


科捜研の女15(前半)
死神の出番少な! いいのかコレで。藤倉鑑識課長(当時)ですらもっと出てた記憶があるんだが、どーだったっけ。
っていうか、元々今回の話数は少なそうなのが……な……うーん……
今のところ、2話が1番お気に入りです。あ、死神出てねーや。


2時間サスペンス
あんまり見られなかった。毎年言ってる。
でも本当、年々見られた本数が少なくなっていってる気がする。あー……もう……ううん……


映画・舞台
映画もなー。少なかったな。見られたの。来年こそは……来年こそは……!
舞台は沢口さんの「台所太平記」ですな。よかったけど、笑いのツボは合わんかった。そんな作品でした。


プリキュア
『ハピネスチャージプリキュア!』後半。正直、ぶっ叩かれてる理由がわからんので普通に楽しんでました。色々粗もあったとは思うんだけど、そんな叩くほどかぁ?
ただ、やっぱ『Go! プリンセスプリキュア』の方が出来はいい(現時点)とは思いますけど。
その『プリンセスプリキュア』は本当に面白いですね。皆の成長物語としても、本当に毎回良く出来てる。来年の締めが楽しみかつ鬱です。良すぎて。


la la larks
ハレルヤ! これに尽きる。今年最後のライブに行けなかったのが心残り。あと、近藤晃央さんとのコラボで『トーキョーライト』とか。
来年はライブ……行けるかな……


日常
ろくでもない日常でしたが、最後の方に光が見えました。
来年はいいこといっぱいあるといいなぁ。





ということで、今年最後の更新です。皆さん、良いお年を。



タイトルとURLをコピーしました