【最強のふたり~京都府警 特別捜査班~】第4話 感想

最強のふたり~京都府警 特別捜査班~
スポンサーリンク

第4話 夫婦間の殺人レシピ! ニンジン抜きカレーを食べた犯人!?

ゲスト:有森也実、石橋保、内田慈、渡辺梓

脚本:真部千晶
監督:黒沢直輔


とりあえずカレー回でした。あと真夏のメンヘラ回。

今回!





◆なんで駅で荷物確認してんの、東雲さん。荷物確認はお家でしましょうね!
で、よりによって台湾行くのにパスポートを府警に忘れる東雲さんは、たぶん物忘れが始まっている。アカンな、歳だよ。
っつーか、そもそも府警でパスポートのコピーを取るんじゃないw


◆鑑識の春子ちゃんが現場でコケたことが何か事件に関係しているかと思っていたが、そんなことはなかったぜ!


◆東雲「日本人は働き過ぎだと思いまーす……」
うんまあ、そうだけどやっぱり東雲さんには言われたくないよねw


◆カレーにはやっぱり、じゃがいもだよね(私の持論)。


◆回想シーン含め、犯行再現シーンなどで何回も刺される被害者の人が可哀想です。


◆「犯人はどっちか」って話になったら、大体9割5分9厘の確率で第三者の犯行だってばっちゃが言ってた。


◆東雲ネットワークを真似しようとした大和田青年、失敗してボンバヘッ!
でも次のシーンじゃ元に戻ってた辺り、パーマしたオバチャンの良心を感じる。いや、感じない(どっちだ)。


◆夏木班長にはカレーぐらい、奢ってあげるべきだと思うよ東雲さん。いつもかけてる迷惑に比べれば。


◆橋爪さんに「違います」とか言わせると杉浦ぁー
いい加減、自分でもしつこいなコレと思ってますんで。ごめんよ。


「最近の知也さんはにんじん入りのカレーを食べられるようになっていた」(要約)
あのさぁ、3歳児の話じゃないんだからさぁ……
ちなみに、足のカットに着目できるようになったらあなたも黒沢監督ファンだね!


◆有森也実がこういう事件モノに出ると、なんでメンヘラ風味になるんだろうね。事件現場で死体の目の前でカレー作るとか、メンヘラ以外の何者でもない。そして夫が離れていったことに涙するとか、メンヘラ以外の何者でもない。
私、事件ドラマで明るい有森也実って見たことないんですけど、どうしてですかね。ある意味、山下容莉枝より酷い。どうしてだべ。


「月に一度っていうと、なんだ?」にゲスい答えしか浮かばなかった私を許してほしい。詳しくは聞くな。


◆東雲さんと死んだバーテンダーさんが頭打った柱が同じでワロ……えない。切ったりしないの?


◆ぶっちゃけ今回の「アンタに迷惑をかけるかもしれない」ってそれ、真犯人捕まえた後に知也さん釈放→墓参りに連れて行く、じゃアカンかったんですかね……そうしたら夏木班長が無駄なお説教を食らう必要もなかった……
まぁ、夏木班長に「宮仕えだから、言いたいことを言わせておけばいい。反論しない、口答えしない」(要約)とかいう、あの最後の方の台詞を言わせたかっただけだよね。


◆過去はともかく、そりゃ今回のあの状況じゃ「気持ち悪いんですけど!」とか言われても仕方ない>真犯人
動機は自分は全く関係ないのに不倫を逆恨みした末の斜め上錐揉み回転ぶっ飛び殺人。
今回出てくる女たちが皆メンヘラ風味で怖いよー やだよこれー


◆月命日に遺族訪問しに行ったら、嫌いなにんじん入りカレーを出されて食えと言われたでござる>知也さん
被害者の翠さんも翠さんでメンヘラ風味。なんでどいつもこいつもカレーにこだわるんだ。怖い。


◆福本先生! 福本先生じゃないか!(野菜菜園のシーン)
この夏のノルマ(?)も達成ですな。もうなんか木ミスへのカメオ出演当たり前になってきてんな先生。「皆で福本先生を探せ!」的な。



姉も弟もとばっちりで殺されるって、それなんか呪われた家系なんじゃないの? >被害者の菅野さん
姉はメンヘラ基地外に絡まれて殺されているので、ほぼ事故のようなものだった弟より悲惨。
なんか最後明るく終わってるけど、これ本当に「メデタシメデタシ」していいのかなー? よくわからない。
なんか捻ろうとして色々と崩壊していたような気がするが、「真夏のメンヘラホラー回」って言っとけば多分許されるっていう風潮。
とりあえず有森也実がいつか幸せな役柄で事件モノドラマに出ることを祈って、2週間後の次回!


東雲さんが刺される!? と思ったら人違いかよ!
ムチマキが出るぞ! 気をつけろ!(何)
そして夏木班長が着物を着ているぞ! 『京都地検』だ!(違)

個人的には脚本の安井国穂さんが書かれる作品(2サスしか知らないけど)が好きなの多いんで、ちょっと期待。
してるんだけどなあ! 2週間後かよ! 長いよ!

ってなわけで、楽しみ! なんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました