【最強のふたり~京都府警 特別捜査班~】第3話 感想

最強のふたり~京都府警 特別捜査班~
スポンサーリンク

第3話 花火の夜の約束!! 父娘3秒間の再会

ゲスト:高橋かおり、金子昇、本宮泰風

脚本:真部千晶
監督:猪原達三


だから、そうじゃねぇんだって。

色々言いたいことはあるけれど、なんか夏バテ気味で疲れてるのでついきで語りましょう。





◆で、そもそも現場で東雲さんは何をしてたの。せめて救急車か警察かをだな。ぼんやりしてるからあなた取調室にブチ込まれるのよ。
「あなたには黙秘権が…… あ り ま せ ん !
夏木班長によるメタネタ発言。今回唯一笑えたのはここだけでしたな。


◆橋爪功の投げキッスはいらない。


◆一課長、東雲さんと夏木班長のこと「最悪のふたり」だと思ってたんだ。今までこの人の本音が見えなかったので、そこはよかった。


◆カプセルトイを知らない若者・大和田くん。
でも「ビスコッティ」って何? オサレなお菓子なの? とか言ってる私は、大和田くんと同レベルか。


◆元々家族の証言ってアリバイにはならないんじゃなかったっけ……
つまりパートのオバチャン以外は論外ですよ、論外。吉田さん、案外抜けてるな。元からだめじゃん。


◆自撮り棒は規制すべき。この前、渋谷の街中で自撮り棒振り回してるヤツいたよ。やめれよ、それ。
でも葵ちゃんのは許す。かわいいは正義!


◆今はコンピューターで管理してるんだよね、花火って。
いやぁ、なんでもハイテク化ですなぁ。


◆夏木「年取ると便利ねぇ。面倒な書類は見ない。都合の悪いことは聞こえない」
そうなるのは嫌だな……


◆家族が証言したアリバイを信用しちゃう吉田さんなので、傷害の前科を調べてなくてもさもありなん。むしろ今までそんな失敗をしてこなかったのが不思議ですな。
そういえば全く関係ないけど、かき氷のシロップって、色と匂いが違うだけで味は一緒の砂糖水らしいっすね。今まで騙されてた。くそぅ。


◆夏木班長の親衛隊登場。吉田さんのために取り計らいをしてあげる夏木班長△


◆寿司につられて元気の良い返事をして捜査に走る大和田くんを置いて、ひとりで寿司食ってる東雲さんはあくどいな、さすがあくどい。


◆子どもと遊んでる東雲さんは、つまり『京都迷宮案内』の最終回(暫定)のその後の杉浦さんの姿……ちがぁーう!(杉浦ボイスで)
私は何を言ってるんだ。


◆っていうか、花火作りが好きだから以前に、ああやって火事起こしたら火薬に引火して自分も巻き込まれかねないから消火したんじゃね? とかなんとか台無しなことを。
で、ワルの間崎さんを釈放する代わり? に花火を打ち上げてもらう東雲さん。都合よく打ち上げの資格持ってて、そして「必要な許可ももらってきました」とクレーム回避のエクスキューズも。


◆募金強要はいけないんだぞお。でも一課長ざまぁw
そして南海子さんにはフラれてた東雲さんも、まあなんつーか……頑張れ。



いやだから、10年近く前に絶縁してた娘の主治医を訪ねるってのはどういうことなんだよ。せめてそのきっかけだけは教えてくれよ。ずーっと気にかけてたにしては描写が足らなさすぎ。
ミスリードのためだか捜査描写のためだか知りませんが、他のところに描写割きすぎて肝心の親子愛をきっちり描けていないのでは本末転倒じゃないかと思うんです。

もうひとつ、やっぱりこれは東雲さんっつーか橋爪さん主演で行くべきだったんじゃないかと思いました。だって今回、夏木班長が殆ど仕事してないんだもの……
夏木班長の頑張り・許容あってこその東雲さんだということは重々承知の上で言うけど、でもこれは橋爪さん主演だよね。わざわざ「W主演」と銘打たなくてもよかった類のそれだよね。
と、思っちゃう現状の何が悪いっていうか、意外に橋爪さんと名取さんの食い合せが悪いのかもしれん。2人共、個性が強いからなぁ。別々の作品のキャラとしてコラボするぐらいがちょうどよかったのかもしれない。

正直全何話になるかわかりませんが、終わるまでに「橋爪さん単独主演で行くべきだった」と感じた私のこの考えを覆す話を作っていただきたいです。望むのはそれだけ。


次週!

台湾旅行に行こうとしていた東雲さんに事件の報せが!
人参抜きカレーの謎?
果たして東雲さんは台湾旅行に行けるのか!(絶対違う)

次週以降も楽しみにしてますから! お願いしますよ!

タイトルとURLをコピーしました