【最強のふたり~京都府警 特別捜査班~】第2話 感想

最強のふたり~京都府警 特別捜査班~
スポンサーリンク

第2話 出戻り刑事と女班長 完全犯罪の罠!! 二つの顔を持つ女!?

ゲスト:竜雷太、河相我聞

脚本:森下直
監督:猪原達三


「河相我聞出演禁止令」とか出したら、テレ朝の刑事物って成り立たないかもしれないなと薄ぼんやり思った。


今回ぃぃぃぃぃぃぃっ!





◆東雲さんのどアップで「違うなぁ」はもうどう見ても杉浦ぁー


◆どうでもいいけど河相我聞は「かわいがもん」じゃなくて「かあいがもん」。知ってた?
河相我聞の目の下のクマがすごすぎて、途中で死ぬのかと思った。死ななかったけど。


◆葛城二課長に「君」をつける夏木班長に対しての皆の「君!?」は驚きのそれなんだろうけど、高田鑑識課長のそれだけは絶対に嫉妬込だな。親衛隊長としての。


◆葵ちゃんのおっぱい! おっぱい!
デカイな……ゴクリ……
自撮り棒は鬱陶しいから規制されればいいのにな。でも葵ちゃんには許す!


◆どーでもいいけど、「ロリコン趣味」って「頭痛が痛い」とか「馬から落馬」とかと同じものを感じるのだが、どうなんだろうか。


◆東雲さんたちによる京都の裏道案内@詐欺事件の捜査
川綺麗だなー。そしてフルーツタルトも美味しそう。実際にあるお店なのかなあ。どうなのかなぁ。どっちにせよ、あのお店の雰囲気はよかった。


◆その視線は、
「自分が興味あることしかしない」
は東雲さんも夏木班長も同じじゃね、という意味での視線だよね? 大和田くん。


◆とりあえず、連れ去り未遂の被害者の女の子の名前が「みゆ」でも「みう」でもなく「みゅう」ちゃんだった理由は何ですか。今やっと廃れ始めたキラキラネーム()のつもりなんですか。ひらがななだけマシかもしれんけど。
でも考えてみると、年取った後「みゅうおばあちゃん」と呼ばれるのはキツイと思うの。と、本筋とは関係のないことがずっとひっかかっていた。


◆え、夏木班長って結婚経験者だったのか! で、旦那とは死別していると。驚きの過去。台詞とか吹っ飛んじゃったよ。


◆御園を女装させる意味合いが全くわかりません。ホント、人のせいにするなよ! 誰だよこんなこと考えたの! 木曜夜8時にやっていい絵面じゃないだろいい加減にしろ!
よかった、病気の女の子はいなかったんだね……


◆なんか主題歌の音量小さくない? っていうか、目立たない主題歌だなぁ。
音楽的にはなんか、メインテーマ以外イマイチだなあってのが現時点での感想。



スマホとタブレットパソコンを使いこなす老人。楽しそうだな。
しかしスマホとタブレットパソコン持っててSNSまで使いこなしてるのに「金がない」とか「寂しい」とかもねーもんだな、と思う私は何か間違っているんでしょうか。
もうその時点で入り込めなくて、どうにも……いや、それだけじゃないな。

対個人で力を発揮するのが東雲ネットワーク、組織の中で力を発揮する夏木班長。
その役割分担ははっきりしてんだけど、相変わらず「見づらいなぁ」ってのが感想でしょうか。
なんだろ、事件も詰め込めばいいもんじゃないよねみたいな。そりゃ実質事件が2つに分かれてたなら主役2人立てるのも楽だよねみたいな。そんな風に感じちゃうのだよ。
「そもそもお前はこのシリーズに何を期待してたの」って言われたら困るんだけど、とりあえず今のところ「期待してたのとは違うものを見せられてるなぁ」という戸惑いだけがある感じ。せっかく夏だからステーキハウスに来てんのに、目玉焼きハンバーグ食わされてる微妙感。目玉焼きハンバーグも嫌いじゃないからこその微妙感。わかってくれ、これで。「同じ肉類なんだけど、なんか違う」みたいな感じ。


はい次週ぅ!

東雲刑事が逮捕される?
そんな花火師殺人事件!
横向きの花火の謎とは?

っつーわけで、来週にも期待! してるんだよ! ホントに!

タイトルとURLをコピーしました