【出入禁止の女~事件記者クロガネ~】第4話 感想

出入禁止の女~事件記者クロガネ~
スポンサーリンク

第4話 町の英雄刺殺! 防犯カメラの死角に悲しい真実が…

ゲスト:升毅、蟹江一平、岩橋道子

脚本:岡崎由紀子
監督:田崎竜太


公式のインタビューが増えてるよ! 今回は益岡さんたちです。気になる方は要チェック。

なんか公式での告知なく、前回の次回予告(警察との全面戦争)と内容が違ってるんですがこれは何。どうしたんだべ。
そして全面戦争は次回に先送り。なんかヤバイ要素あったっけか。

今回。





◆関東でも冒頭2分がなくなりいきなりタイトルバック。実質放送時間も短縮?


◆朝にあぐらかきながら朝刊読むわ、その批評はするわ、唐揚げの味の違いにまで気づいたり、一路くんって将来色々有望だなと思いました。その才能をどう活かすかが問題だけど。


◆夕刊締め切り・あと5分(美馬以外)
でも美馬さんにしては目の付け所悪く無いと思ったんだけどな、結局ちゃんと記事にはなるし(一路くんのコメントはなかったけど)。


◆ナスだけに、も何も、スーパーの店員なんだから店先で見たのかもしれないのは当たり前なんじゃねて、上手いこと言ったつもりか。


◆すげー当たり前の話なんだけど、忍布さんって取材対象に対してはすごく丁寧で口がうまいなぁと思ったり何だり。そうじゃないと話してもらえないから当たり前の話なんだけど。


◆売れ残りの惣菜を持ち帰るって、本当にその場の責任者の裁量によるというか、グレーゾーンなんだよなーと元飲食業アルバイト経験者が言ってみる。
男の子が唐揚げに目がない理由は、唐揚げがある種のロマンだからだと思う。


◆スーパー店内でデジカメ撮影してたら目立たないかい、忍布さん。


◆たまにはいいこと言うじゃない、美馬! ってデスク酷いな。そこが好きだけど。


◆万引きの一件から数日は経ってるだろうに、鞄を開けてたまたまようやっと万引きの事実に気づく忍布さんはバッグの中身を整理整頓しない、つまり掃除などは苦手と見た。机の周りはどうだったかな……


◆みんながそれぞれ頑張ってる中、くっそ真面目な顔でソリティアやってる美馬さんがブレなくて好き。


◆未成年から酒類を買い取っちゃダメだろ! 保護者の同意書があっても! とか思う私は何か間違ってるか。


◆しれっと忍布さんが二宮刑事に「出禁」って呼ばれててワロタw


◆でも私、親の職場の通用口の暗証番号とか監視カメラの場所とか知らんけどなー
息子はどうやって聞き出したんだろ。あのお父さんがペラペラと喋ってしまったのだろうか。那須さんに「だってアンタ前科持ちだろう!」と禁句言っちゃうし。口軽いのかな。


「嬉しいんだよ。お前みたいなクズが20歳超えてるのが。よかったな、新聞がどーんと取り上げてくれるぞ」
二宮刑事△


◆あれ、デスクがクルミちゃんにジムの住所教える描写ってあったっけ。なかった気がするんだけど。
美馬さんの記事にはノーコメなのに、胡桃沢さんの記事には辛口コメントをくれる一路くんの先見の明というか読解力よ。



ということで、胡桃沢さんにスポットの端っこを当てた回。バッチリ当てたわけじゃないところがポイントなようなそうでもないような。
そんな感じで那須さんはどういう人だったのか、結局は善人だったんだよということで忍布さんはちょっとごめんなさいしてこようぜ。
話は、粗はあっても手堅くまとまっていたんじゃないでしょうか。いやホント、プレーンに木ミスやってんなーが個人的なこのシリーズに対する印象なんだけど、どうなの皆様そこらへん。


次回は夜7時からの2時間スペシャル! 2本立て! これが2週連続、ということで実質2週短縮。
いくらなんでもこの扱いはちょっとなあ……と思わんでもない。
それでも次回にも期待しておりますですよ!

タイトルとURLをコピーしました