【出入禁止の女~事件記者クロガネ~】第3話 感想

出入禁止の女~事件記者クロガネ~
スポンサーリンク

第3話 禁断の実験室!! 死体が流した涙…DNA鑑定の裏で

ゲスト:渡辺梓、大河内浩、細田善彦

脚本:真部千晶
監督:藤岡浩二郎


テレ朝動画公式で、出演者のインタビューが無料で見られるぞ!
今のところ観月さんと財前さんと宅間さんの分が見られる。
気になる人は要チェック。

今回。言い訳するけど、未だ風邪が治らないので微妙に簡易気味です。

さて問題。今回、3話にしてようやくやたらめったら「出禁」「出入り禁止」を連呼されていましたが、一体何回台詞として出てきたでしょーか! 台詞以外は対象に入れません。
答えは中の感想で!





正解は「6回」でした! 私の数え間違いじゃなければな!


◆冒頭からの健棒やめーやwww
文化部とか言ってたから、まだ出番ありそうだな。今回は健棒、おやじさんの前でも頑張ってた方だと思うんですが私だけでしょうか。
稔侍はこのシリーズでは息子を推すつもりか! そんなのまるっとお見通しだぜ!


◆2回も古林デスクに名前を間違えられる、not山内さん・not山中さん(正解は山下さん)が可哀想です。
古林デスク……もっと部下に思いやりを持とうぜ。


◆美馬ちゃんによる(視聴者に対して)わかりやすい説明。
うん大事よ、状況を整理する役目って。


◆遺体見ていきなり「あの女のせいで妻は死んだんだ!」と言える辺り、まあ浜嶋社長も本気で奥さんを愛していたのか疑問だな。不倫もしていたし。あれらはキツく言えばパフォーマンスっつー。


◆え、古林デスクと一路くんって顔見知りだったん?
さりげなく一路くんを一緒にしばいてるし。
なんだかんだ言いながら一路くんを保護してあげている辺り、古林デスクいい人だなぁー(棒)。
でも忍布さんを追い出せた時の笑顔は本物。人間ってそういうもの。


◆美馬さんって、これでも40過ぎてるんだぜ……これでこの空気を読めないアホボンっぷりはやべぇ。だから取材にも置いて行かれるのよ。
でも今のところ一番理解しやすいのでお気に入り。次が古林デスク。クルミちゃんに驚いたりして好感が持てる。


◆実際問題、実名まで出して一記者を追い詰める新聞があるとは思えん。まあそこはドラマだから。


◆忍布さん、あのジャンパーのバリエーションは何枚持ってるんだ。


◆一路くんが帰ってきて登ってった階段、あれ『京都地検』のセットやん……
うああああああ(´;ω;`)


◆こういうさらーっとした内部情報機密漏らしって、実際にもありそうだから困る。株って怖いね。手は出すまい、くわばらくわばら。
しかしこういうぶっ飛んだ女は怖いなぁー。相手が死ねば自分がそのポジションになれると思ってる辺りが怖いねぇ。


◆木ミス史上、一番の身軽さな忍布さん。劇中、「行ってくるか」の一言でニューヨークまで行った主人公はさすがに初めてじゃないでしょうか。ドラマの最終回でどっか外国行く話が出る、とかはあるけどさ。


◆つまり遠藤くんはハーフということになるが(クォーター?)、あまりその血は濃くなさそうだな。


◆磯村オーナー、タヌキ。そのおかげで忍布さんギリギリ首の皮一枚つながる。飼っておくメリットは確かにあるのかもしれんが……まあ、古林デスクが愉快なので見ててこれでいいのかもしれません。


◆一路くん、時差ボケの母親になんだかんだで優しい息子。



忍布さんは最初「死者のプライバシーがあるから記事にはしない」となんだかんだ言っていたけど、明らかになった真相の方がよっぽどプライバシーがあれじゃねとか思ったり。なもんで、それを記事に書いちゃうのかよ忍布さん(未完成だったし、躊躇ってるっぽかったけど)、とか思ったり。
あと警察が最初からやる気出せよ! とか別にこれ元々浜嶋教授が遠藤くんに隠す必要のない真相だったんじゃね? とか、色々気になるんだけど私の風邪っぴき頭のせいでしょうか。

まあそんなこんなで、次回は1週飛んで2月12日! やだなぁ。

忍布さんまさかの大失態、そして京都府警と全面戦争!?
そして早速襲撃される忍布さん。仕方ない、西岡脚本だからね(酷)。

2週間後も楽しみにしておりますよっ。

タイトルとURLをコピーしました