【科捜研の女14】第4話 感想

科捜研の女
スポンサーリンク

File.4 殺人ゴミ屋敷

ゲスト:安達祐実、末永遥、有薗芳記、春やすこ

脚本:李正姫
監督:石川一郎


今回のテーマは「ゴミ屋敷」!

色々心に刺さった人も多いって噂ですよ。いや、私か。

とにかくこまけぇこたあいいんだよ、今回の感想へ!





【今回の冒頭2分間】
実際はオバチャンが死体を発見する経緯があるのですがそこはカットで。

◆問題:マリコさんが自分のデスクの前にいます。さて何をしているでしょう?
正解:健康診断の問診票を探しています
MISSION! デスクの上に積み上げられた書類! その中から今日の朝9時期限の問診票(白い封筒に入ってるらしい)を探しだせ!
そんな感じですか。
急かして一緒に探してあげてる所長がもう、まるでマリコパパンのようで(´;ω;`)
それを背後からそっと見ている残り3人。
相馬「理系の人は片付け上手って話、ありませんでしたっけ?」
亜美「片付け下手の女性が、深情けって話ならネットで見たことありますよ」
相馬「マリコさんが深情け、ねぇ……」

で、当の本人マリコさんは日野所長に片付けさせて何やってんのかと思いきや、目を閉じ精神集中。

相馬「おーっと榊マリコ研究員、精神を統一し最後のチャンスに望みを賭けるようです」
そしてピンクのファイルの中に挟まってた白い封筒を見事見つけた! すげぇ何者だ榊マリコ! そして庶務に向かって走りだす!

……と、ここまでならハッピーエンドじゃん?
でもその後、まだ書類を片付けてくれてた日野所長が健康診断の問診票を見つけるんだぜ……白い封筒にも入ってないし……

マリコさんが庶務に持っていった書類が何だったのか、それは永遠の謎。

【今回の冒頭2分終了】


◆ゴミ屋敷に驚く一同。亜美ちゃんもドン引き。その中でも特に相馬さんが拒否反応を示しているので、実は割ときれい好きと見た。
そして検死のためなら躊躇いなくゴミの山を超えるマリコさまはさすが。というか自分が片付け下手だから抵抗が少ないのか?


◆亜美「部屋を見ればどんな人が住んでるのかわかるっていいますからね」
……え? 私は亜美ちゃん理論で言うと、キレイ系じゃないのか? いや知ってたけど。
でも実際の早川さんはキレイ系だったから、亜美ちゃん理論はハズレ! つまり私はキレイ系? キレイ系!


「出ました。有無をも言わさぬその眼差し。……調べておきます」
私も風丘先生みたいに、マリコさまにじっと見つめられてこき使われ……たくない。でもじっと見つめられたい。


◆今回のマーちゃん、家政婦並になんか色々立ち聞きしたり見ちゃったりしてる場面が多かった気がするんですけど、気のせいでしょうか。


◆安定のマリコ女王様が、相馬さんにだけさらーっとゴミ回収を任せた時の相馬さんの顔は、前途ある若者が未来に絶望した顔のそれ。


◆マリコさんの見つめる! 相馬は怯んだ! そしてソースまみれの電話を受け取ってしまった!
結果→最後まで作業をする羽目になった。
まあ、ですよねー。
で、マリコさんの超観察力! マリコたちは白骨死体を発見した!
いや実際、あそこで片付け作業を中断してたら真相わかんなかったのよね。マリコさんの諦めない心、プライスレス。


◆今回の風丘先生の差し入れは骨せんべい。たまにこの人はタイミングドンピシャだから困る。でも食ってる相馬さん。
というか、わざとやってんのかもしれない。マリコさんへの意趣返し……いや、違うか。


◆マリコさん筆頭に科捜研メンバーらがゴミ調べるのって、割と頻繁にやってるイメージなんだけど科捜研の(『科捜研』という作品も含めて)イメージがどんどんおかしなことにならないかw
しかしゴミ調べの時の音楽、カッコ良かったなぁ。あそこまで聞けたの、すごく嬉しい。やっぱりサントラ第二弾出してほしい。ダメかなぁ。


◆土門さん、犯人の女装を指摘した時ちょっと笑ってなかった?


【速報】マーちゃん、ソースまみれの電話機を治せることが判明
いやたぶん、相馬さん辺りにやらせたなコレ……
そして直してもらった電話機の留守番電話から始まる百合ストーリー。いいね、そういうのなら私は好みですけど! ラブストーリーは突然に!



中年男性の女装姿とか誰得。誰が得するんだそんなニッチな映像。
それがトリックだったとかいって、大真面目に(真夜中だからバレにくいとはいえ)やろうとする馬鹿だからどんどん罪を重ねるのかしらと思うわけですよ、私は。口紅塗ってカツラ被って……アホなのか、コイツ。

で、雅さんが使ってた段ボール箱を、犯人はわざわざ入手してきたわけ? それともたまたま?
現場にあった口紅の経緯も無理やりだし、なんだかなぁ。

もうひとつ。私はマーちゃんたちのまとめとは違って、今回の事件って「下手にご近所付き合いが根深いところにクビ突っ込むとろくなことない」が結論なんですけど、間違ってるんですかね。
事件が解決しても、私は雅さんに関する噂そのものは消えない気がします。違うかな。
本当にアレで、全ては解決したんでしょうか。

なんかこう、死体隠しといいゴミ屋敷といい「社会問題と科学ネタを混ぜて人情要素をぶっこんでおけば『科捜研』だろう」みたいな雰囲気を感じるんだよな。
なんか色々混ぜ込みすぎてて、まさしくゴミ屋敷のような話になっていましたな。作中のゴミと合わせてマリコさんたちが上手く片付けてくれたけど、私は見てて疲れました。悪い意味で。
土門さんが犯人に説教するのも、私はあんまり好きじゃないし。

ただ小ネタは光ってましたけどね。だからって事件本筋がアレだとどーかなーが今回のまとめでしょうか。ツッコミ甲斐はあったけども。


次回ぃぃぃぃぃぃぃぃ!


大谷さんがいらっしゃいましたね。
あと、久々に香坂さんも。いや、むしろ香坂さんがメインなんだけどね、私にとっては。ハリーが引退した今、新たな警察犬は「ジンクス」か……カッコいいな……
そしてとうとうマリコさんたちの失態!? どうなる科捜研! っつーか『科捜研』
久々登場・藤倉刑事部長は活躍できるのか!?(そこかよ)

次回以降も楽しみ! にしてるんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました