【科捜研の女14】第1話 感想

科捜研の女
スポンサーリンク

File.1 カリスマ奪還計画

ゲスト:田中美里、中村育二、手塚とおる、木ノ本嶺浩、本宮泰風、西田健

脚本:戸田山雅司
監督:田崎竜太


サブタイは東映公式、本放送準拠。


番宣の沢口さんの個人的メモ。
赤いワンピース? に白いジャケットがとってもお似合いでした! かわいい! っつーか足すらーっとして綺麗! ほせぇ! 今更だけど!


『グッド! モーニング』
これだけ録画できなかった……
生放送出演の感想は? と聞かれて「病院で検査待ちをしているかのよう」とお答えになってた沢口さん、露骨に緊張しててかわいい。



『モーニングバード!』
「沢口さんが実在した!」と言うバード。ですよねー。

・マリコさんを演じる上で気をつけていること→現場ではご遺体への礼儀で白衣を着用している。研究員だからナチュラルメイクにしてる。らしい。

・マリコさんの初登場シーンを見て「ゴミ袋から出てきたんですね!」とバード。「今このシーンがあったら、ひとつ会議が開けますもんね!『(やって)いいのか?』っていう」

・内藤さんから沢口さんへの映像コメント。沢口さんは「真っ直ぐな人。純粋で真っ直ぐで、透明感溢れる人。マリコのまま」(意訳)だそうです。
呼び捨て……! と、ちょっとときめいた。

・最後の番宣で緊張してまごついてしまい、宣伝の途中で「あっ、時間がない!」と言って終わりました。おいおいw



『ワイドスクランブル』
・生マリコさんに興奮するスタジオ一同。
というか、『モーニングバード!』でもそうだったけど「榊マリコ役」ではなく「榊マリコ“さん”役」と呼ばれてた。最早テレ朝公式で「マリコさん」呼びなのか。

「時間を止めてください」と危ない発言をする橋本大二郎。大丈夫か。

・絹糸ぶっしゃー! な「ふなごろー」を見て「可愛いですよね」って言ってるあなたが可愛いですから! 沢口さん!

・マリコさんは決断力も好奇心も探究心も旺盛だけど、実際の沢口さんは「おっとりタイプで優柔不断、石橋を叩いて渡る」(意訳)らしい。

『科捜研』見て実際に科捜研に入った研究員もいるっていう話。よく聞く話だけど、マジなのか!

・沢口さんによる第1話あらすじ紹介が楽しめたのはワイドスクランブルだけ!

・ニュースの間、沢口さんを質問攻めしてた大二郎。自重しろw
インナーマッスルを鍛えてるとかなんとか。


番組の紹介具合では『モーニングバード!』『ワイドスクランブル』『グッド! モーニング』だったかな。

都合3回に渡り、第1シーズンの第1話の映像が流れてたわけですが、そんな感じで関東では今度の火曜日・10月21日にその第1シーズン・第1話の再放送が有ります!
どーだ羨ましがれ地方民!
と、いつか自分に跳ね返ってきそうな台詞を吐いておきます。関東はめったに旧シーズンの再放送しないからねぇ……はしゃがせてよ……


ちなみに、今日の『徹子の部屋』のゲストは内藤さんでした。ナチュラルに沢口さんを「やっちゃん」って呼ぶところがきゅんってした。来年公開の映画も見たいです。


というわけで、マリコさんに「『科捜研の女』15周年おめでとうございます、マリコさん! で、マリコさんはお幾つになられたんですか?」と尋ねて思い切り耳を引っ張られる役目は私に任せてくれ。
何ならケーキになりたい。あの私、あの15周年ケーキになって沢口さんに切られるんだ……

そんな感じで、今回の感想へ! 前置き長くてごめんね。





◆あの少年と火事は話にどう関わるのか。


◆自転車に乗るマーちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
でも黄色い自転車はリストラ(毎回言ってる)。


◆科捜研の共有スペースから椅子をなくした(理由:作業効率化と迅速化のため)のは自分なのに、「落ち着かない」と言い出す日野所長が私は好きですよ。
そしてそこにお茶持ってきて立って淹れて飲む宇佐見さんも、バランスボール持ってきて椅子代わりにしようとする相馬さんも、それに「私も運動不足だからそれにしようかな」とか言い出す亜美ちゃんも、みんなそれぞれいいな。
そして椅子の要・不要を問われて「……椅子なんてありましたっけ?」とか言い出すマーちゃんは……適応してるっていうかただの若年性認知症じゃあ……


◆キャラ名紹介のテロップのカラー、衣装のイメージカラーで間違いない?


「廃墟萌え」(by亜美ちゃん)な発見者や台詞を出せるのは、木ミスでは『科捜研』だけ!
いや別に、他のシリーズでも出してもらって構わないんだけど。


◆マジで土門さんが坊主だ……3~4話辺りではもう少し伸びてるらしいですよ(今日の『徹子の部屋』より)。


「はいお宝発見!」な相馬さん、相変わらずだな。


◆今シリーズからサブタイが出るように。私としては助かります。
そして相変わらず遅刻癖が直らない風丘先生。洗濯機の水が止まらないって割と大事件だよね。
しかしマリコさんのご指名とあらば「タクシー奮発しちゃった!」だそうで、もう風丘先生の聖人っぷりというか忠犬っぷりに涙がちょちょぎれる思いです。
「念のため」、マリコさまの目線とヒトコトだけの命令で皮膚組織を調べさせられるし(でもたぶん、これが何かの鍵になるんだろうけど)。


「よしよしよし。君は何ミリだ一体? 何発撃った? 何発撃った? お? 今日も冴えてる! 現場にはね、たくさんの証拠が残されてますね」
これ、全部相馬さんのひとりごとだからな。今日も冴えてる(ネタ的な意味で)。


◆土門さんからの命令(二課に被害者の家で好き勝手させるな)を遂行できない木島っち無能。残念だけど無能。


◆相馬さんの汗と涙の結晶の鑑定結果に、「汗と涙が入ったら証拠汚染ですけど!」と軽口を叩ける亜美ちゃん有能。「そういう喩えだよ」(by相馬さん)


◆相馬さんの軽口をすらーっと無視する辺り、もうみんな慣れてるなw
そんな相馬さん、電話出るときは「はい科捜研の相馬!」「お呼び出しみたいですよ」(嫌そうな、というか藤倉刑事部長の真似?な顔で)。


◆何も出来なかった木島っち、被害者宅で正座からの足崩し。あざとい。
相馬さんの「(色々持ってかれても)それでも、何か見つけちゃうのが俺たちなんだよね~」ってのがカッコ良かったっすよ。
実際に見つけちゃう宇佐見さん・相馬さんも。


「だったら、本人に直接確かめてみるしかないわね」
マーちゃんって、ホント(心が)ハガネの女。
その鋼メンタルのかけらでいいから分けてほしいわ、いやマジで。まあ、かけらで結構なんですけど。


◆自分から捜査に協力させてくれって言うヤツは、9割方無能か犯人かどっちか。これ、ミステリの鉄則な。
次週予告で、渋沢先生が言ってた「心の中の天秤」が崩れてたしなぁ……これは……


◆C4ってガチやべーじゃねーか! んなもん作んな!
相馬さん、そのダイナマイトのマグネット的なの自分で作ったん?


「自分は刑事です。数値では(可能性を)示せません」
この台詞、言外に「科捜研と連携してます」宣言だよね、土門さん。そこらへんが好き。


◆椅子が無くなったことにご不満な風丘先生。おつかれ団子!
勝手に翌日の襲撃計画からの警護に混ざる計画を立ててる皆さんにおつかれ団子な日野所長。が、頑張れ……!
風丘先生まで「いいアイディアある!」とかね、もうね。大好きですよ。


◆キャンプな格好してるみんなが馴染んでいる。でも釣りしてる日野所長はご不満な様子。まあ確かに、今回は(目の前で爆弾爆発という)ババ引いたけどもw


◆まさかの空から計画。とりあえず初回だからヘリ飛ばしておけってことか(違)。
それに対抗するかのように、というかまるで読んでいたかのように科捜研もリモコンヘリを用意。対抗。初回だからか派手要素詰め込んでるなぁー。
上空の熾烈な争い! 宇佐見vs襲撃犯! 宇佐見は勝った!
そんな感じですか。爆弾が爆発したわけだから、痛み分け、という感じですけど。


◆亜美ちゃんが落としたビデオカメラに何か重要なものが映ってるフラグ?
ということでマリコさんが爆発に巻き込まれたわけですけど、翌週にはピンピンして復活してんだからやっぱりマリコさんってハガネの女よなー。肉体的にも精神的にも。
というか、すっげー細かいけど日野所長が直前までは「マリコくん!」って呼んでたけど、爆発したら「榊くん!」って呼んでたのはなんでだろう。


◆きゅんってしたのは敢えて土門さんがマリコさんの身体を揺さぶらなかったこと。なんかよくわからないけどきゅんってした。


◆続きものだから仕方ないんだけど、主題歌流れなかったね(´・ω・`) 期待してたのに……



次回予告の「土門大爆発!」って、それってリア充爆発的な意味で……?(絶対違う)

そんな戯言はともかく、戸田山脚本らしい引っ張り方でしたな。
派手な要素詰め込んでおけ! 的な。
それを2サス的というか、人情っぽく落とすのもお約束。
冒頭の火事と少年も話に関わってくるでしょうし、一体どうなることやら!?
法定で何が起こるのか!?
そして「心の中の天秤」が崩れた時、一体何がどうなるのか!

現時点ではぶっちゃけまとめとして書けることないんで、次回に期待! で終わらせてもよろしいでしょうか。これだから続き物は苦手だ。

ということで、次回以降にも期待! してるんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました