【ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~】第5話 感想

ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~
スポンサーリンク

File.5 監察医が謎解く夫の浮気疑惑! ラーメンのナルトに秘められた涙の真相は!?

ゲスト:須藤理彩、高橋和也、大友康平、八木優希

脚本:尾崎将也
監督:藤尾隆


なると回となると仮面女子回に決まってんだろ、いい加減にしろ。

一言でまとめると、大体こんな感じの回でした。
いや、好きだよ今回も。
ってなわけで、いつも通りに今回の感想へ!





◆今回のOPナレーションは薫子ちゃん。いつもの戸田恵子のもいいけど、薫子ちゃんのもかわいくて好き。
でも今回、OPナレーションをやるぐらいに薫子ちゃん回かと言われると微妙なところではあった。どっちかっていうと、なるとと仮面女子に色々奪われててな……


◆ニョッキは粉からじゃなくポテトからもできているので、消化速度が早い。これ、秋田先生の豆知識な。
っていうか、秋田先生にも一応「美味しい」とかいう食事を楽しむような感覚はあるだろうに、なんでこういうことを言うかな。こういうことを言うから秋田先生なんだろうけど。


◆放送時間がご飯時なので、消化しかけた御飯は映せません。渦巻きなるとも。


◆気に「なると」気になっちゃう人=秋田先生。
それについて「日本語になってない」と言ってしまう人=秋田先生


◆薫子ちゃんの不用意な一言により、浮気疑惑を持ってしまう奥さんが須藤理彩……だと……
なんか、こう、イメージ変わったな……うむ……
それはともかく、不用意な一言を責められる薫子ちゃん、自業自得。
秋田「ああいやいや、原因を作ったと言ってるんです。原因を作ったと言ってるんです。」
2回言われたー! でもその通りだから仕方ないよね。


◆薫子ちゃんの友達、秋田先生のことを覚えていたり、「上手くノセれば調べてくれるんじゃね?」(要約)と言い出したりで優秀。超優秀。


◆しかし、その手には乗らない秋田先生……と思いきや、既に興味を持っていたので、なるとを調べることになった秋田先生と薫子ちゃん。


◆ここまであまりちゃんとした出番がなかったマキタスポーツこと安田さん、謎の決めポーズを決めて登場して秋田さんたちの個人的興味調査活動にケチをつける。
しかし秋田さんの屁理屈とゆるキャラ・院長に論破(?)されて終わる。要するに「何が仕事の役に立つか、それはその時にならないとわからない」ってことらしいんだけど、モノはなんでも言いようだよねって。勤務中にゴルフの練習はダメじゃね……?


◆薫子ちゃんがなるとの工場を突き止めた方法→なるとの写真総当り
そして『ラストドクター』のよくわかる鳴門巻きの作り方」を経て「見つけると『なると』」。今回はある意味でダジャレ回。


◆久々登場・検査科のヨッシー。素直そうで良い子だなぁ。


◆うまく情報を小出しにして警察(山倉刑事)をノセて上手いこと警察をコキ使う秋田さんマジ鬼畜。
「これが人にモノを頼む態度でしょうか」
「警察で調べてわかったことを、報告書にまとめて提出してください」
「日本で一番調査能力が高い集団は警察です。それを使わない手はない」

なんということでしょう。秋田先生は見事、山倉刑事と池田刑事をコキ使うことに成功してしまいました!


◆池田刑事の情報漏らしキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
前回はなかったから久々に感じる。


◆過度のストレスがかかると、消化が遅くなったり殆ど消化が止まったりするらしい。豆知識その2。


「秋田さんは、本当は生きてる人が好きなのに、関心がないフリをしているみたい。どうしてですか?」
おい、やめろ……今のこのほのぼのムードが好きなんだから、変なシリアスとか入れるなよ……頼むよ……
どー見ても秋田先生、ワケ有りじゃんかよーやめろよー


◆しかし転んでもタダでは起きない薫子ちゃん。ジェイソンの落書き発見。
あんなところに地下アイドルのトレードマーク描く馬鹿いるんだろうか。……まあ、どこにでも落書き描く馬鹿はいるしなぁ。いるんだろうなぁ。
仮面女子は実在している地下アイドルらしいです。やっぱり、仮面女子とコラボしたいと打診されて今回の話を作ったのだろうか。


◆真美ちゃんは綺麗な子、というかかわいい系の子だと思うに一票。むちむちしてて健康的で、年頃っぽい素直さでいい子じゃないか。


◆秋田さん、ガチで安田先生のこと嫌い説。論理で対抗って……
そして山下さんは鳴門巻き貰いすぎだし、秋田さんは相変わらず着色料とかにこだわるし……
と、ほのぼのっぽい締めでございました。ラストも「なると」ダジャレだったしな。



「結構、(仮面女子の)ファンになっちゃったよ」

お父さんは真美ちゃんが(意図せず)出した「父親テスト」に見事合格したから、「花まる印」のなるとをもらえたんだよね。
被害者が最後に会った女の子は前妻との子、真美ちゃんでした。まあ正直、14~15歳の子と一緒にいた、というところでわかってしまった人も多いと思う。そこはいつも通りのベタさということで。
それでもお父さんがちらっと見たキーホルダーから仮面女子のことを調べて、それだけじゃなくて娘のために仮面女子のライブにせっせと通い、限定アイテムをゲットしてあげて渡して上記の台詞を言うところはぶわっと来たよね。気の利く、いいお父さんだなぁ。

お父さんは真美ちゃんのことも奥さんのことも本当に愛していたから、ラーメンもハンバーグも食べたんだよね。と考えると、本当に切ない。

で、結局機密文書が持ちだされた窃盗事件の件はどうなったんだ!
なんて、そんな野暮なツッコミはなしな。こまけぇこたぁいいんだよ!
おそらく「なんとか『仮面女子』とコラボして話を作れませんか?」とか打診されて作ったんじゃないかとか下衆い勘ぐりをするが、上手くコラボ感も処理できていたんじゃないでしょうか。仮面女子のことを全く知らないので、そう思うのかもしれないですけど。


次回ぃぃぃぃぃ!


少し頼もしくなってきた薫子ちゃんが初見立て!
でも、一筋縄ではいかないようで……?
レオと大杉漣がゲストって超豪華だな!
遺体の死亡時刻偽装による遺作問題って?
何が起こるんだ! でも次回は1週飛んで22日! そりゃないぜセニョリータ!

ってなわけで、2週間後も楽しみ! なんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました