【マルホの女 保険犯罪調査員】最終回 感想

マルホの女 保険犯罪調査員
スポンサーリンク

File No.9 ごめんあそばせ! 暗黒の首謀者に怒りの往復ビンタ!!

ゲスト:眞島秀和、戸田昌宏、宮川一朗太、荻野崇、佐戸井けん太、名高達男、五代高之、八十田勇一、小林且弥、永倉大輔、中山由紀

脚本:秦建日子
監督:鈴木浩介


眞島秀和こと御木、討ち取ったりぃぃぃぃぃ!
そして最後の最後まで百合。とうとう奈津子さんがデレたぁぁぁぁぁ!

そんな感じで、今回の感想へ!





「逃げて早く! 早く! 何やってんのよ、柏木さん! 行けー! 奈津子ぉー!」
亜希さんの「柏木さん」呼びは初か。シリアスになると「柏木さん」呼びになるのかな。今回のクライマックスで刺された(未遂)の時といい。


◆奈津子さんの言うとおりに捜査資料を見せたところからして罠だったとすれば、新聞記者の堀田さんは奈津子さんたちを消すための捨て駒にされたということだよな……
可哀想……いや、そうでもないのか。


「警察官職務執行法」について語るときの奈津子さんは、間違いなく京都の某主婦の勘検事さんの魂が乗り移ってた。


◆車の走行シーンが合成……!
合成の予感!


◆警察の尾行から奈津子さんを逃したのは、亜座亜巣 酒こと勝山さんと吾妻。烈風隊www
あのライトはいつも通りだけど、一体誰が……!
「あざっす!」で警察から奈津子さんを逃がす2人有能。


◆あの見張りの女性警官さん、かわいい。


◆白衣を着ている奈津子さんが、某横浜にいる監察医さん。「早映子は死なせない!」と戦闘力の高いファイナンシャル・プランナー(角谷)に飛びついて腹を蹴られてる辺りもそんな感じ。
しかし戦闘力の高いファイナンシャル・プランナー(角谷)に敵わないけど善戦はする三ノ宮社長。ただのヘタレじゃなかったんだな……! というか中の人がガチで強いから、なんで敵わなかったかわからんw


◆雉原の策略により、取調室で寝ちゃうほどふてぶてしい亜希さんからデタラメで自白を引き出そうとする警察。
しかし亜希さんは笑うのです。
「あはははは! あんたたち、あの性悪女のこと、なんにもわかってないんだね! 『親友を庇うために嘘をついた』、親友とか以前に、友達じゃないし。あの女はね、頭でっかちで理屈っぽくて、やったらいつも上から目線のウルトラスーパー嫌な女だけど、ちょっと刑事に脅かされたくらいで嘘の供述するような、そんなヘタレな女じゃないんだよ! あの女はね、すんごく、すっごくしつこいから! あんたたちがさ、しょーもない嘘ついて私を嵌めようとしている間も、きっとネチネチネチネチなんか調べてるから! そして必ずあんたたちに仕返しする。あの女は……そういう女だよ」
本人がそこにいないからこそ言える、口が悪い亜希さん流の愛の告白、もとい信頼。いやもう、愛の告白でいいんじゃなかろか。告白だわコレ。


三ノ宮社長、不倫疑惑。
ダブルパスワードを早速設定しようとしている辺り、これはアタリか……
ダブルパスワードなんてあるのな。ダメだ、私も現代技術に置いて行かれてる……
そして話にも置いて行かれてる三ノ宮社長。
っていうか話には全く関係ないが、決して名取さんだって小さいわけじゃないのに、並ぶとめっちゃデカい宇梶。身長どれぐらいあるんだべか……


◆真実は大体奈津子さんが語ったとおりなんだろうけども、堀田さんを殺した犯人は角谷なのか、或いは雉原なのか。そこは明らかにならなかったよな。いいのかしらん。まあ、最早些細なことか。


「飴ちゃんは入ってないわよ」って、それ徹子……アドリブだったりするのかしら。


◆亜希さん食い過ぎ。さすがの刑事さんたちが固まってる。その上、まだレストランでモノを食おうってのかい。どんだけ食うつもりなのだろう。いやホント、今まで含めても作中ではめっちゃ食ってたよなぁ。


◆こんなおもてなしは嫌だー!
と思ってたが、やけに亜希さんが余裕の表情。
まあ奈津子さんが何も手を打たないまま取引をするわけないですよねー、ということで、胸のブローチは囮で実はデジタルフォトフレームにWi-Fi機能をつけて全てをライブカメラで全世界配信してましたとさ。加えて警察無線にまで飛ばす抜け目の無さ。え、マイク付いてるの?
ここはやはり、民間科捜研の勝山さんが助けてくれてたりするのかしら。フォロー何もなかったけどさ。


◆最後の抵抗とばかりに戦闘力の高いファイナンシャル・プランナー(角谷)が奈津子さんにナイフをー! いやあれは、亜希さんを庇ってたな。
しかし亜希さん怒りの鉄拳に沈む。
そして血が出て……ない。
刷毛に救われた命って、どうなのそれ。いや確かに角谷の様子も「ん?」って感じだったし、ナイフに血が付いてなかったから「アレ?」とは思ったけど。


◆とうとう目覚めた早映子さん。しかし肝心のデジタルフォトフレームを忘れたり、なんだかんだとドジっ子だな早映子さん。
早映子「私を呼び戻してくれたのはあなたよ。ありがとう」
亜希「……お邪魔ですね」
え、なにそれ百合?(違)
そして何を言うかと思えば「奈津子と遠野さんは、素敵なバディだったのね」
わかってんじゃん……! 私、早映子さんと友だちになれそう。


◆亜希さん、ツンデレで奈津子さんとの別れを惜しむ。しかしそれを上回る奈津子さんのツンツンデレっぷり。
亜希「アメリカに行っても……そのやーな性格、貫きなさいよ」
奈津子「あなたもね。ああ、観光で来ることがあっても私のアパートはアテにしないでね。私、他人と同じ屋根の下では眠れないから」
亜希「最後までこれですよ。この性格の悪さ! どう思います?」
奈津子「多少性格が悪いくらいじゃないと、あなたの友達は務まらないわ」
最後の最後にめっちゃデカい爆弾落としていったな! おい!
今まで「友達じゃない、単なる仕事上のパートナー」とか言ってたのに。
亜希さんも亜希さんで「らしくないな……なんか変なもの拾い食いしたかな?」と言いつつ嬉しそうだし。ホント、最後の最後まで百合百合してんなぁ。



事件モノとしてはツメ甘いなーという感じでしたが、この2人の掛け合いが非常に楽しくてよかったです。
仲良くなっていく過程が非常にベタだからこそよかった。
もうこの2人にはお会いできないのが寂しい。
あとはまとめで。
兎にも角にも、3ヶ月間ありがとうございました!


次回作は『ラスト・ドクター』
「かつてない癒し系監察医ドラマ」のキャッチコピーとキャストに惹かれたので、見ようかどうか検討中。
でも1クールに3本はキツいかもなぁ。
とかなんとか色々考えつつ。

タイトルとURLをコピーしました