【マルホの女 保険犯罪調査員】第7話 感想

マルホの女 保険犯罪調査員
スポンサーリンク

File No.7 隠ぺい疑惑!? 警察と全面対決! 噂の“ストーカー保険”

ゲスト:石黒英雄、大塚加奈子、並樹史朗、遠藤要、久ヶ沢徹、草野速仁、森井健太、田口主将

脚本:秦建日子
監督:鈴木浩介


最終章突入序章。

ちなみに島谷ひとみの『やぶれかぶれ』買いました。なかなかいい曲なので、皆さんもぜひぜひ。

ってことで、今回の感想へ!





◆OPが明らかに仲良くなる奈津子さんと亜希さんの軌跡。


◆冒頭、ますみさんが動物病院の院長の申し出を断ったのは、やっぱり真犯人と同じくストーカー化するのを恐れてなのかしら、とかなんとか。


◆真面目な話をするのかと思えば、潔癖症の奈津子さんとズボラな亜希さんのただの(痴話)喧嘩だー! 鼻に油ついた指がー! いてててててて!
それを「仲がいいね」で流せる三ノ宮社長の器のデカさっつーか、鈍さっつーか……まあなんだ、慣れてるな。


◆すげー細かいけど、亜希さんってネイルするんだ。真っ黄色のネイルってのもどーかと思うけど。


「だって警察って世の中で一番、自分のミスを認めないところでしょ?」
そのせいで数多の警察ドラマができたと考えれば。


◆過去の「私、ストーカーされました」な恋愛話でとんでもない本人再現が。本人再現なのに、周囲が歳相応なのがまた笑いを誘う。
麻生祐未のヤンキー中学生姿……!
名取裕子のインテリ大学生姿……!
ど、どっちもアリだと……思……(震え声の後、力果てる)
ちなみに、ヤンキー中学生は用心棒代わりで、インテリ大学生は罰ゲームの題材だったらしいです。
どっちもお互いの過去に泥を塗って爆笑しすぎ。特に奈津子さんの爆笑具合は酷いw


◆顔の黄金比ってどんな感じなのかしらん。


◆亜希さんが「アデュ」を使ったら動揺するって、奈津子さんは亜希さんをなんだと思って……いや、確かに普段の英語力を思えばそうだな。うん。


◆そんな亜希さん、「昔っから国語だけが苦手で」だそうですよ、奈津子さん。
たぶん奈津子さんに聞かれてたら、鼻で笑われてる気がする。そして喧嘩になる。いつも通りだ。


◆過去のストーカー、もとい、いじめられっ子を検索して楽しそうな亜希さん。割とベタベタ奈津子さんに触ってるけど、奈津子さんは睨んではいるけどそんなに嫌がってないな。仲良くなってるな、順調に。


◆良い子はいきなり自転車の前に飛び出さないようにね!
そういうことをする人が「指導係」ってのはどうだかなw


◆いかねーよバーカ!
残念すぎる男だな、風間。
そしてそんな風間からの映像をタブレットでちょちょいと超解像する奈津子さん。すげーハイテク技術。
遠野亜希も除去。ってこういう戯れもできるようになってる辺り、本当に仲良くなってるなあ、この2人。


「うわあー! ちょっと! 私、生きてる相手は強いけど死んでる相手はダメダメダメ……!」
そう言って奈津子さんに抱きつく亜希さんがもはや百合。っていうか萌え。お化けとか幽霊とかそういうのダメなタイプか。かわいい。


◆さりげなく若月さんを止めるときに消毒スプレーを使ってる奈津子さんワロス。
そしてさりげなくもなく居酒屋に溶け込み始めてる奈津子さんワロス。
今回の勝山さんの出番はここだけか。というか、今回に限らず最近は居酒屋ぐらいでしか出番ないけど。科捜研である意味無くなっちゃってるよな。いいのかしら。まあ、最終エピソードで大活躍かな。


「あなたバカなの!? 私もバカ! バカが移った……!? ああ、深刻な自己嫌悪!」
いきなりこんなこと言われて奈津子さんをぶっ飛ばさない辺り、亜希さんはどれだけ奈津子さんと仲良くなってるのかって話。


「で、私考えたんです」の奈津子さんのポーズがどう見ても某京都の主婦の勘検事さん。


◆引越し祝いが盗聴器入りの掃除機って嫌だー!
それをあげるぐらい追い立ててたなら、そりゃあ、ますみさんも「気持ち悪い」とか思うし言うだろうなと思った。
手伝わせておいて、って自分から手伝うっつーたんちゃうんかい、とか。
たとえますみさんに非(恩を忘れちゃった所とか)があったとしても、若月が何事も自分のいいように捉えるストーカー気質なのは変わらんよね。
だからこその潔癖症の奈津子さんがブチギレてビンタ。そして「あなた何にもわかってないわ」
「あなた、何もわかってないわ。あなたは典型的なストーカー。ますみさんはもう戻ってこない。誰かを守るっていうことは、本当はとっても孤独なことなの。感謝を期待しながらすることじゃない。そんなこともわからないで、警官なんてやってるんじゃないわよ! バカ!」


「『バカ』って……あなた口が悪くなったわね」
「……腹が立ちすぎただけ」
早映子さんの事件の話か。


◆小野田岬の写真発見キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
そしてその横にさりげなく写るラスボス(暫定)・眞島秀和。


◆まさかの若月自殺。殺したとは言わないまでも、精神的に追い詰めてしまったのは事実なんでしょうなぁ>警察
序盤の「だって警察って世の中で一番、自分のミスを認めないところでしょ?」がこう転がるとはねぇ。


次回! 最終“章”突入!


とうとう早映子さんの指が動いたー!
真実はどこに!?
凸凹コンビ最後の事件!?
巨大な陰謀ってなんだべ!

気になる気になる!

ってなわけで、期待! してるんだぜ!

しかしこうして話がシリアスになると際立つ、亜希さんの癒しっぷりよ。基本的にボケもツッコミもこなすからかな。

タイトルとURLをコピーしました