夏は近いぞ

雑記
スポンサーリンク

最近暑いっすよね。今年は冷夏とか絶対嘘だと思ってるから。




7月『9係』が帰ってくる シリーズ初のスピンオフも登場

俳優・渡瀬恒彦主演、テレビ朝日系人気シリーズ『警視庁捜査一課9係』がシーズン9として7月から放送されることが20日、わかった。さらに、9係9年目のメモリアルを飾るべく、シリーズ初のスピンオフスペシャルドラマ『帰れない二人』(6月27日放送、後11:25~深0:25※一部地域を除く)の放送も決定した。スピンオフの主人公は、『9係』で名コンビぶりを発揮している青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)の二人だ。

 2006年に誕生した『9係』は、加納倫太郎(渡瀬)、浅輪直樹(井ノ原快彦)、小宮山志保(羽田美智子)、村瀬健吾(津田寛治)、青柳、矢沢ら個性豊かな刑事が、それぞれの背景、事情を抱え、時に激しく対立しながらも難解な事件に挑む群像ドラマとして人気を獲得。シーズンを重ね、刑事たちの独特な個性もファンの間で定着してきた。

 スピンオフで主役に抜てきされた青柳は、反骨精神の塊で金持ちと上流階級が大嫌い、常にシニカルな変人、矢沢は根っからの善人で偏屈な先輩・青柳に振り回されつつも時に厳しくしかりつけることもある。思わず笑ってしまうような丁々発止のやり取りを繰り広げながら、ほかの刑事たちに負けじと犯人を追いつめる有能なコンビだ。

今回のスピンオフでは、青柳と矢沢が通常の張り込みから思いもよらぬ事件へと巻き込まれてしまう。たった二人でどうやって事件を解決していくのか。単発ドラマとして同ドラマになじみの薄い視聴者も楽しめるストーリーをスピーディーに展開しつつ、二人のセリフのやり取りを堪能できる“密室劇”を演出し、ファンの満足度も高めていく。


ということで、7月は9係で熱くなるぜ!
メモリアルシーズン&スピンオフ決定おめでとう!
これだけで終わりじゃないよね……?
期待してるんだぜ!





誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

北海道警事件ファイル 警部補 五条聖子2 函館殺人迷宮

話に捻りが欲しかった。高橋和也がやっぱり犯人か……
ただキャラクターで理不尽な捜査をするような人はいなかったので、地味によかった(良作とまではいかなくても)って感じでしょうか。
それにしても北海道のメシは美味そうだ。でもビールの牛乳割りは……どうなんだろ……


検事・霞夕子6~不能犯~

一番ワクワクしたのは「不能犯」ってワードが出てきた時でした。
真相は子どもの母親は母親じゃなくておばあちゃん。なんだその変則パターンは。
わざわざ「不能犯」という落とし穴を使ったのは、あんなクズが生きている法の盲点を批判したかったからなのでしょうか。ただ殺すだけなら、わざわざ使う必要ないものなぁ。
復讐に対しての霞さんのスタンスは別に批判しないので、検察・警察批判には何か言い返していただきたかった所。まあ、でも難しい問題だよねぇ。
あ、沢口さんはお綺麗でした。やっぱり最近メイクお変えになった?


検事・朝日奈耀子15
×
時間延長の弊害か、なんか出てくる人がクズばっかりで……親たちがクズすぎて、子どもたちが可哀想すぎます。いい人は死んでるか犯罪者パターンだし。
蛍光テープベタベタの自転車には笑った。ヤマさん、さすがにアレはねーべやよ。印象的だったのはそれぐらいでしょうか。





『バイキング』。沢口靖子さんの『霞夕子』の宣伝やね。まあ口頭で言ってた程度だけど。

印象に残ったことメモ。沢口さん中心ですよ。

◆なんかふわっとしたセミロングに近い髪型になってたな、沢口さん。めっちゃかわいい。そしてメイクもお変えになったのか、顔色もいいし。かわいいし。

◆卵料理にちょっとうるさい沢口さんに捧ぐ具なしふわトロオムレツ。それを食べた沢口さんの感想→「パンケーキみたいですね!」「うん! あのなんか、デザート感覚のような、香ばしいような感じがあって、珍味です!

◆渡辺えり、オムレツつまみ食い。そして笑い出してから「うん、珍味!」
珍味なのか。食べたい。

◆渡辺えりと土田のそばにいるせいか、顔の大きさによる遠近法が酷いことに。

◆デビュー作の『刑事物語3 潮騒の詩』の映像……の前に急に『霞夕子』の告知が!

◆デビュー映像が。めっちゃかわいい。

◆通ってた高校にはファンクラブあったって、マジな話なのか。会員番号まであったのかよ! すげー本格的だな。

◆番宣にちょっと慣れてない感じの沢口さんかわいいいいいいいいい

◆書道が特技の沢口さん。じっと見られながら書いたからか、なんかいつぞやか披露してたのよりは崩れてたかな? って感じですけど、でもかちーっとした神経質な字を書く人だなという印象は変わらんです。教科書みたいな字。
ちなみに書いてた文字は『笑顔』でした。
『笑顔』色紙争奪戦が微妙に勃発。


沢口さんはこれから舞台の宣伝とかで色々バラエティとかにも出るらしいので、要チェック! ですな!





有給使って別部署見学したことが今週のハイライト。私、くっそ真面目です☆
まあでも、正直有給ってそんなに使わないので……ここらで消化しておかないと……
あとは特に、仕事して寝て仕事して寝て仕事して寝たぐらいです。ここんとこずっとそうです。
それに幸せを感じてます。



あ、ニコ生もしてた。
そこで「私、やっぱりブログ感想向かないかも」と吐き出してました。

なんというか、私の中にはブログを書く上でいくつか「ルール」があるんですよ。
もう私にとっては、このブログを書くことは一種のライフワークなのです。なので好き勝手書く中でも気を使っているし、それだけに悩んだりもするのだよと。
他人からするとすっげーくだらないことなんでしょうけど、私にとっては超大問題ですよ。
なのでその「ルール」を破りたくないんです。潔癖症とか杓子定規とか色々言われるだろうけども、それを破った瞬間に私はこのブログを消さないといけなくなる。

「面白い」「つまらない」「好き」「嫌い」「快」「不快」、そんな感想とか考察とかは人それぞれの曖昧なもので、そこに絶対的で揺るがない「物差し」(例えば「数字」)を持ち込んで混同したら、それは矛盾なんです。
感想も考察も、曖昧で然るべきなのですよ。そこに答えなんてない。正解も不正解も、上も下もない。絶対的なものを求めちゃいけないのです。
「自分の感想(考察)が一番だ(正しい)」と思った時点で、それは思い上がりなんですよ。

その他色々、自分の不手際やら未熟さやらが原因でトラブルを呼び込んだこともあり、余計に気を使って書くようになりました。そんな感じでトラブルを起こしてしまったから前のブログは辞めました。また再開しちゃったけど。色々な方面に向かってごめんなさい。

そんな風にしぶといというか無神経な私でも、たまに「ああ、潮時かなぁ」と思うことはあるのです。作品がどうとかではなくて、自分の中で「ルール」を守れなくて嫌になるとか、他の感想ブロガーさんやらを見て自分のやってることが虚しくなったりもするとか。

と、そんなことを語ってました。割と真面目に。
そんな風に真面目に語ることもあれば、だらーっと訳の分からないローテンションな雑談もしてますのでどうぞニコ生コミュニティをよろしく!
不定期にやってます。



結局宣伝かよ!
そうです!

終わり。



タイトルとURLをコピーしました