【マルホの女 保険犯罪調査員】第3話 感想

マルホの女 保険犯罪調査員
スポンサーリンク

File No.3 3億円強盗保険! 疑惑リケジョの涙に凸凹コンビ怒る!

ゲスト:黒川智花、相島一之、加治将樹、本田大輔、中澤隆範、高杉亘

脚本:猪原健太
監督:鈴木浩介


佐野史郎、討ち取ったりィィィィィ!
でもまだまだ話も謎も続くようで……いや、続いてくれないと困るんだけど。





◆いくら亜希さんがケチだといっても、銀行員さんにケチつけるほどケチだとは思わんかった。そしてそれに周囲の同意を得られるってどういうことだ。あの拍手は謎。というか、あの銀行の空間は全体的に色々謎演出だった。


◆凸凹コンビとはいえ、ムカつく対象は同じな亜希さんと奈津子さん。


◆おせんべいを食べるなら丸呑みって、おせんべいは丸呑みしちゃいけません(by公式)。
おせんべいといえば、立正堂の純米サラダせんべい美味いよね、と関係ない話を。


◆銀行の行員そろって笑顔でご挨拶でお出迎え、ってそれは確かに亜希さんの言う通り「キモッ」としか言えないよなぁ。全体的に謎演出だった大河銀行内。奈津子さんも釣られて首傾けてるし。


◆私、割と亜希さん寄りの知識の持ち主なので、奈津子さんの言ってることが稀によくわからん(ネットスラング)。
でも私、さすがにタッパー持ち歩いてないし、出されたカツ丼(?)を持って帰ったりはしないな。そこは奈津子さん寄りかも。


「警視庁にいる私のオーディオ仲間から」


◆奈津子「アルコールが分解されたアセトアルデヒドは脳にも影響するから」
それに対する亜希さんの答え。
亜希「……汗臭い?」


◆お米券は大事だよな。大事だ。それを破られたらそりゃ亜希さんだってキレる。
しかし亜希さん強ぇな。さすがPPP(ピンクパパイヤ)初代総長。久々に悪人じゃない高杉亘に過去がバレてもまんざらじゃなさそうな亜希さんである。
「酔拳ゴー!」
「ブルース・リー!」
「決めポーズ!」
「ナイフ出た!」

奈津子さんの暗示&実況はなんだべ。


◆リケジョ……理系女子。
じゃあ文系女子とか工学系女子はなんて言うんだべ。土木系は「ドボジョ」らしいですけど。


◆Pt78……プラチナレッド。そんな口紅。
「プラチナ」を商品名に入れるなら、っていうかそれを広告として全面に出すなら、あんなべたーっとした赤じゃなくて、もっとプラチナっぽさっつーか、パールが入った赤の方がよかったんではないか……とか関係のないことを思ったりするんだけど、どうだろう。まあ、「地味な女に合わない口紅」だからこそ重要なんだろけどさ。


◆亜希さんの、っていうか麻生祐未の「だいしゅき」


◆アネモネの花言葉。
・赤……君を愛す
・白……真実
・紫……あなたを待つ
だそうで。違う花を毎回持ってきてあげるところは、奈津子さんの温かさがわかるエピソード。
果たして早映子さんはいつ目が覚めるのか。最終回間近なんだろうけど。


◆三宮社長は癒しキャラで可愛いなぁ、とか思う私は間違ってますかね。
なんかポーズとか置いてけぼりっぷりとか、「お約束だ……!」とか。


◆2人は相変わらず。
亜希「論理? 偉そうなこと言ってっけど、そんなの三流科学者の妄想だね!」
奈津子「元暴走族の戯言でしょう?」


「うわっ……カビカビだし……!」の亜希さんかわいい。
文句言いつつ、潔癖症の奈津子さんの代わりに冷蔵庫を開けてあげたり線香を入れたり出したりしてあげる亜希さんはホントいい人だな。ナデナデしてあげたい。


◆殺害現場の冷蔵庫からで見つかったシロモノは、
「『Tradigrade』または『Water bear』、日本語では『モヨウニセトゲクマムシ』。史上最強の生物と言われ、乾眠状態といわれるいわゆる仮死状態の中ではどんな過酷な状況でも生きられるの。一説では、宇宙でも生きられるそうよ」
だそうで。すげーよな、生き物って。環境に適応する進化ができるんだから。


◆関東中央化学研究所、いくらなんでも管理が杜撰すぎねーか。大丈夫か。まあ、ヘリウムガスと真空ポンプをあんな風に使うとは思ってはなかっただろうけど。


◆奈津子さん、佐野史郎こと藤堂昭平センセイのこと知ってたのか。
亜希さん、ずさんな調査をした保険調査員に激おこ。
「なるほど、よくわかりました。あなたみたいな方がいらっしゃるから、保険調査員が信用されないんですね」
奈津子さんが保険調査員になった理由は今のところ「友達のため」だけど、亜希さんが保険調査員になった理由はなんだろうな。そこも触れられるのかしら。


◆今回も色々モノを食ってる亜希さん。喫茶店で男性保険調査員が残したシロモノも食ってなかった?


◆無酸素冷蔵庫殺人の夜、葵さんがやたら急いでたのはアリバイ作りをしようとしてたからですかね。奈津子さんと亜希さんが会いに行ったのはあくまで偶然だし。


◆亜希さんの机の中、確かにゴミ箱だなありゃw
いくらなんでも「もとそ」はねーだろw
でも「元素の中にも、恋がある」ってよくよく考えるとよくわからんキャッチコピーだな。なんかあの口紅にプラチナっぽさがあるってなら別だけど、そんな感じもないし。


◆原子周期表、懐かしいな。結局覚えきれなかった記憶。
○奈津子「水兵リーベ僕の船 七曲りシップス クラークか」
×亜希「水陸両用クラーク船長」
この2人にどこで差がついたのか……慢心・環境の違い。っていうか、「水陸両用クラーク船長」ってジワジワ来るんだけどなんだこのワードw


◆普段はいがみ合ってても、いざというときは息が合っちゃう奈津子さんと亜希さんかわいいよ2人。


「みんなが幸せになるには、どうすればいいですか?」なんて聞いてくる小学生いるのか。
そして亜希さん、っつーか麻生祐未(50)による「はーい!」犯罪的可愛さ。



第1話とここで繋がった━━━━(゚∀゚)━━━━!!
もっと最終回間近まで引っ張るかと思ってたけど、割りかしあっさり藤堂さん討ち取られちゃったね。佐野史郎、ここで終わりなのかしら。残念だわ。
でも藤堂さんと奈津子さんの繋がりは明かされてないし、早映子さん絡みもまだまだ謎が多いから、これから話に絡んでくるのかな。というか、絡まなかったらびっくりなんだけど。
ラスボスは眞島秀和なのかしらん。ちとびっくり。それとも、他にも黒幕がいるのかな。電話の相手とか。誰なのかなぁ。

次回は1週飛んで5月9日!

自転車事故の謎に迫る!
って、当たり屋(?)やってんの、『仮面ライダー鎧武』でフルーツパーラーやってる弓削さんか。

兎にも角にも一段落(?)、新たな謎に向けて次回も楽しみ! なんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました