【遺留捜査 season7】第5話 感想

遺留捜査
スポンサーリンク

第5話 ベンチャー争奪殺人!? 疑惑の社長夫人


ゲスト:石黒英雄、田中俊介、小宮有紗、青柳尊哉

脚本:たかひろや
演出:匂坂力祥


 釣り、1度やってみたいとは思ってる。



3分でわかるあらすじ

人気フリマアプリを運営する「ヌボル」の創業者・平中(田中俊介)が殺害された。長年海外生活中の平中は、1週間前に帰国したばかりだった。糸村は所持品の、小さな穴があいたプラスチック片が気になる。平中は10年前、現社長の若尾(石黒英雄)によって会社を追放されていた事が判明。経営危機に陥った会社を奪還しに来たのか!?そんな中、平中が若尾の妻・恵美香(小宮有紗)と会っていた事も分かる!遺留品が語る、衝撃の真相とは!?





3分で読めるかもしれない感想

 特撮関係者が多かったよ第5話。おかげで感想検索が全然できませんでした。検索妨害だw

 やっぱり今期は、糸村さんが重要な証拠を見つけたりする頻度が上がってる気がする。これは意識してやってるんだろうな。主人公が本筋に当たる殺人事件に無関係・無関心(に見えてしまう)のはどーなのさ……みたいな。
 私は、『遺留捜査』の肝は3分タイムなワケだから、そこさえしっかりしてくれてれば事件なんてオマケでもいいぐらいだと思うんだけど、そういうワケにもいかないのかな……難しいね。

 今回はその3分タイムが「知らんがな」の感想になってしまったので、あまり評価は良くないです。「言えばいいじゃん!」で終わっちゃうし、言えない理由もそんなに重たいものでもないしな……という。
 そこまでの捜査が3分タイムに繋がってたかっていうとそうでもないし。
 それにルアーを作ったホテルの備品、それゴミじゃねぇから! みたいな、野暮なツッコミもしてしまった。持って帰ってもいい物だけど、別にまだゴミじゃねぇから! ホテルの備品から作ると、若干メッセージ性変わっちゃわない!? とか、なんとか。そんな細けぇこたぁいいんだよ! って話なのかもしれないけども。

 あとサブタイ。別に社長夫人は犯人でもないし、怪しげな行動はしてたけどそこまで事件に関係なかった。なのにこのサブタイ、社長夫人役の人は有名人なのか? よく知らない……

 それから「村木繁」の話。結局沖田くんのせいでしたという話になったけど、アレ正直笑えませんでしたわ……冤罪被害が出るところでしたからね。村木さん相手にはみんなあんなに詰めたのに、沖田くんには優しい対応になってない? なんかズルくない?
 「村木さんになら何してもいい」みたいなのがイジメを生むと思う。半分以上は冗談ですけど、それにしても笑えない箇所だったんで、とりあえず書いておきます。あそこは村木さん、もうちょっと怒ってもよかったところだと思う。



1分でわかる次回予告

 次回のゲストは藤真利子。
 老人ホームのスタッフと母娘のように交流していたらしいが……!?

タイトルとURLをコピーしました