【特捜9 season4】第11話 感想

特捜9
スポンサーリンク

第11話 完全黙秘

ゲスト:伊東四朗、岡本あずさ、岸田タツヤ、小須田康人

脚本:山岡潤平
監督:鈴木浩介


 ヒリヒリするような取り調べ、という意味では、前期にあったよねそんな回。


この話の見どころ


◆村瀬さんへのメール


 特捜班みんなからのメール。これは事件発生前に送られてきたって感じですかね。みんなで送ってきたってことは、小宮山さん辺りが発案してみんなでいっせーの!で送ったのかな。

 『生きてるか?
 お前がいなくて毎日仕事がやりやすいよ
 ただイマイチつまんねぇけどな
 (すごい空白行)
 と、新藤が言ってます。』


 青ちゃんからのメールはツンデレ。新藤くんに罪をなすりつけるんじゃないよw
 素直じゃない青ちゃんの性格が出てますな。

 『村瀬さん
 早く戻ってきてくださいね。
 (ハートのAAで)スキ』


 矢沢さんらしい器用なAA使いだとは思うが、どういう感情で『スキ』って打ってんの!?

 『村瀬さん

 浅輪です。

 村瀬さんがいないとおかしがへりません。
 早く帰ってきておかしいっぱいたべてください。

 じゃ小宮山さんとリハビリがんばって下さい。
 まってま~す(うんちの絵文字)』


 浅輪さんからのメール。最後の絵文字はたぶん、文字化けだな……と思いたいw
 っていうか、『小宮山さんとリハビリ』って何!? やっぱりみんなもそういう認識でいるの!? 偽夫婦!

 『村瀬さん

 お見舞い行けてなくてすみません!
 村瀬さんのいない特捜班もだんだん慣れてきました。
 
 冗談です(笑)(絵文字)

 先輩は村瀬さんのいない特捜班に
 さびしさを見せないよう、から元気です。

 小宮山さんはやはりさびしそうです。
 青柳さんはケンカの相手がいなくなって
 静かなのが逆に変です。

 矢沢さんはそんな青柳さんにいつも以上に
 よりそっているように思います。』


 これ以上は画面の都合で見えない新藤くんからのメール。君、本当に愛され力高い部下っぽい文面だな。
 小宮山さんと青柳さんは寂しそう、らしい。小宮山さんはわかる。青ちゃん、静かなんだ……そうか……

 『村瀬 健吾様

 お疲れさまです。

 その後具合はいかがでしょうか。

 今は少しでも早い復帰を目指すことが
 あなたの仕事です。
 ですがくれぐれも無茶だけはしないように。

 あなたがいてこその、特捜班です。』


 国木田班長からのメール。学校の先生だ……!
 きっちりかっちり復帰を願いつつ、無茶はするなと釘も刺す。
 国木田班長が本当にこの特捜班に馴染んでるんだなぁという、そういう感動がありますですよ。

 このメールたちが、どうやら村瀬さんの気持ちを変えた……らしい。
 じゃあ先週ラストの辞表、なんやってん! 1週で反故かい!
 いやいいんですけど! 嬉しいんですけどね!?


◆vs猪狩さん


 今回のメインイベント。
 所轄の取り調べでは完全黙秘だったという猪狩さん。

国木田「親交の深い浅輪主任になら、腹を割ってしゃべるんじゃないかって期待されてるみたいですね」

 親交が深い、となるとそれは加納係長なんだが、今はいないからね。
 そして猪狩さん、『9係』後半からは第二の舅さんみたいなところあったしな……
 ってなわけで、今回はvs猪狩さんの取り調べがメイン。……なんだけども、まぁ猪狩さん、殆ど重要なこと話さないから、その感じはちょっと薄かったかな。序盤ののらりくらりぶりはさすがだったけど。


◆小宮山さん、娘の顔


 血の繋がりがあったらそれは他ドラマになっちゃうわけだが、こちらでも小宮山さんは実質猪狩さんの娘みたいなもんだからな。
 今回の小宮山さんは終始、娘の顔をしていた。それでも殆ど取り乱さず捜査に当たれていたのはさすが警察官。


◆矢沢さんの包帯


 前回のスパナアタックのアレか。


◆青柳「冷静に状況証拠だけで考えて」


国木田「青柳くんの言うとおりです。『猪狩さんだからやっていない』――その憶測は、危険です」

 俺らが知らないただのそのへんのチンピラだったら間違いなく疑ってるでしょ、と敢えて言いにくいことを言う青ちゃんが好きよ。
 そして自らの過去も踏まえ、敢えてきっちりと方針を示す国木田班長には惚れざるを得ない。
 今回の国木田班長は、全体的に切れ者ぶりが出ててカッコよかったですよね。ね!?


◆佐久間くんの出番はここだけだけど


佐久間「真相、突き止めてください。どんなことになっても。猪狩さんだからって手ぇ抜いたら、猪狩さん、怒ると思うんで」

 鑑識の弟子なんだけど、出番ここだけ……で、活躍具合もそこまで……なんだけど、S1の頃と比べると君は本当にしっかりしたな……と感慨深くなるシーン。
 でも、もうちょっと出番あってもよかんべ。普段は大活躍なんだけどなぁw


◆間に合ってる? 間に合ってない?


 「恋人レンタル」のワードを出されただけで、間に合ってるだの間に合ってないだの超テンパる新藤くん。初心なのか?
 そのまま青ちゃんに借り出される新藤くん。まさかあんな目に遭うとは思いもせずに。


◆矢沢さんの背中


浅輪 「背中が寂しい~!」

 青柳さんのパートナーポジションを取られるとしょんぼりする矢沢さん、かわいいな……
 そんな矢沢さんに付き合って車載カメラ映像チェックを一緒にやってあげる浅輪さん、優しいw


◆ちょっとうるさい青ちゃん


 料金やら延長やら延長料金やらで大声を出し、新藤くんに「ちょっとうるさい!」と言われちゃう青ちゃん。
 先週のかっこよさはどこへ。いや、こういうところも青ちゃんの魅力のひとつなんですけれども。でも新藤くんに怒られて、すんなり静かになるところが私は好きです。しょんぼりってほどじゃないけど、怒られてちょっと凹んでるように見えるところが。青ちゃんかわいい。


◆国木田SEIJI


 字幕情報。効果音とともに酷いw
 今現在超売れっ子と言っても過言じゃないイケメン俳優にこれをやらせる『特捜9』素敵。
 青ちゃんプロデュースの新藤くんがひどすぎワロタ。これはイケメンでも許されないw

新藤 「なんで班長の名前使うんすか?」
青柳 「年寄り向けのサービスなんだろ?」
新藤 「じゃあ、青柳さんの方が適任じゃ……」
青柳 「なぁーんですってぇー! ぷんすか」

 青ちゃん、間違いなく「面白そうだから」このプロデュースしたよな。班長の名前使ったよなw 全身のコーディネートもたぶん青ちゃん。髪まで染めさせて……
 「ぷんすか」は間違いなく中の人のアドリブw 青ちゃんはぷんすか系男子。なにそれ。


◆封筒を探す国木田班長


 なんか探し方とかが、切れ者のそれだった。
 サッシのホコリに気づいたり。結果的に封筒を見つけたり。カッコいい……
 小宮山さんに力仕事をさせてようと、カッコいいものはカッコいいんです。こういう切れ者の国木田班長が見たかったんですよ……!


◆本当のこと言ってよ


 倫子ちゃん、浅輪さんの大好物・ウニを黙って食べたことを告白。
 イチャイチャしてんじゃねーよ!!!!!
 かわいい倫子ちゃんのためならウニぐらいなんだ!
 この二人、もうアラフォーもいいとこだろうにまだこんなかわいいことでイチャイチャしてんの?
 くっそ! 浅輪くっそ! 爆ぜろ!!!!!!


◆字が綺麗な公也さん


 ドラ息子の割には手紙の文章も字もしっかりしてるんだよなぁ。本人の生前の性格がわかるようだ。
 猪狩さん、特捜班をなんでも屋とか思ってない!? 一応、捜査一課なんだよね特捜班。なので公也さんが頼る先としては間違ってないんだけど、「困った時は」で紹介する相手でもなくない!?


◆国木田班長カッコいい!


国木田「あなたは全国の警察官を裏切った。恥を知りなさい」

 これは……毒ハブさん……!?(違うよ)
 ピシャっと叱りつける国木田班長カッコいい!


◆仲良しの青ちゃんと新藤くん


 動きがシンクロしている。仲いいなぁ、この二人w
 なんか年の離れた兄弟って感じで、ワルい兄貴に染められる素直な弟って感じなんだよな新藤くん。もちろん、ワルい兄貴は青ちゃん。
 今回の臨時コンビは面白かったけど、いつも一緒に組んでたら新藤くんに悪い影響が出そうなので、今回限りでいいですw


◆国木田班長は強い


 今回、国木田班長が真犯人を取り押さえたことに驚いている人は、S3最終回を思い出してほしい。
 この人、浅輪さんを油断させて手錠かけて拘束した上に、俊敏な動きで去っていったんだぞ……
 その動きを覚えていれば、この捕物は全く違和感ない。そう、国木田班長は出来る切れ者なのです。それが見られて私は嬉しい。
 笑顔で余裕のピースぶちかますとは思わんかったけどね。強いな……!


◆特捜9


 これ、正式名称なのか……という驚き2度目。以前にも神田川警視総監が言ってましたよね。特捜9。
 何が「9」なんだよ、みたいなところはある。元「9係」的な意味合いなんだとはわかってるんだけど、そうすると9係じゃなかった新藤くんとか班長とかが可哀想でねぇ……(別にそうでもない?)


◆村瀬さん、気を取り直す


 さっきも書いたけど、辞表はゴミ箱へぽいー。
 先週の引きはなんだったんだよ!
 いやでもよかったけど。よかったけど!!!!!!!
 みんなからのメールと小宮山さんのファインプレーで気を取り直した、ってことでいいのかね。いやでも、ホントなんやってん……


◆これは経費で落ちません!


 字幕の「国木田SEIJI」がまさかの伏線。
 名前の漢字が合ってたとしても、たぶん落ちなかったと思うw
 そして新藤くん、なんだかんだ青ちゃんプロデュースを楽しんでたことが判明。そりゃダメだw あれを楽しめるセンスは素晴らしいと思うけど。


◆小宮山「猪狩さんも楽しかったのかな?」


 ここの小宮山さん、完全に娘。真実さんじゃん……
 しかし公務員に15,000円は高い! というところでオチ。まぁ、高いなw


簡単雑感


 vs猪狩さん、という割には取り調べシーンが薄味でなぁ。「完全黙秘」だから仕方ないのかもしれないけど。
 そしてなんだか要素が多くて煩雑な印象を受けた。もう少しスッキリした話にできなかったかな? vs猪狩さんに焦点をあわせることはできなかったかな? と、ちょっと残念な気持ち。
 カッコいい国木田班長を見られたのはよかった。そう、切れ者なんですよ国木田班長は……! 決してただの面白お掃除好きオジサンではないのです!



次回予告とか。


 次回は資産家の死。
 海に浮かぶ死体とコーヒー豆の謎!?
 そして、村瀬さんが襲われた事件にも動きが……!?
 一体どうなる!?




タイトルとURLをコピーしました