【警視庁・捜査一課長 season5】第8話 感想

警視庁・捜査一課長
スポンサーリンク

第8話 ○×クイズ殺人!? 賞金1000万円を奪う女と謎のギター男

ゲスト:井桁弘恵、森田甘路、川村エミコ、マツモトクラブ、石崎ひゅーい

脚本:おかざきさとこ
監督:大山晃一郎


 言えばいいじゃん、ではないお話でした。


この話の見どころ


◆大福の観察力


 2本の飲み物と1本のストローで、女性の存在を感知する。
 初歩の初歩なのかもしれないけど、やっぱ大福のカンは特別。
 そうだよな、普通は飲み物に口紅つくの嫌だよな……(気にしないガサツ勢のコメント)


◆ポンポコ様の祟り


 大規模停電の原因がタヌキだったんですって。
 それが一面に来る毎朝新聞、平和か?


◆牛柄のネイル


 「ダルメシアンです」と言ってたことが、後の回想で泣きポイントになるとは思わんじゃないですか。
 でも牛柄でもダルメシアンでも、どっちでもかわいいと思う。かわいい。


◆大福の追い込み


 クイズになぞらえてしつこく追い込んでくる大福、やり手の刑事さんみたいだな……(刑事さんです)
 大福、グイグイ行くのはいつものことなんだけど、たまに聞き込みの方法が怖いことがあるw まぁ、やり手の刑事さんだし。実質、この『一課長』の主人公って大福でもあるしな。大岩一課長は安楽椅子探偵に近いw


◆クイズにうるさいブランクさん


 ちょっと得意気だけど、演技棒々鶏だなこれは……
 クイズの答えはハズレだったけど、「被害者の最期の想い」と捉えれば一応、方向性はあってたわけだから、そんなスルーしてやるなよヤマさんも大福もw
 そして捜査本部宛に届いた暗号はきっちり解くブランクさん。
 なんだろ、こういうパズルみたいな、知識が要求されるものには強いってことでいいのかな。確かブランクさん、一応物知りキャラだよね。
 ホワイトボードの字が意外と綺麗なブランクさん。なんか腹立つw


◆根っこがしっぽのネコは、どんな顔でしょう?


小山田「『根っこがしっぽ』……そりゃ、悲しい顔だろうよ」

 ヤマさんの答え、かわいすぎか? 相変わらず椅子は逆向きに座ってるし。あざとさマックスおじさん……
 そこに得意気に割り込んでくる棒々鶏ブランクさん。ブランクさんの答え、聞きたかったw この分だと普通に正解だったのかな。


◆板木さんの指示


 声を張り上げる板木さんが好きです。


◆見つけのヤマさんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


 スキル発揮、久々じゃない?
 いつもながら、神がかり的なスキルである。超能力というか超常現象というか……


◆笹川刑事部長キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


 いつもより早い笹川刑事部長タイムだった。
 ○を突き破ってくる笹川刑事部長を映すこと4回。戻すんじゃないよw
 笹川刑事部長は某有名私立大学のミスターコンテストで優勝したことがある。マルかバツか。
 速攻で「バツです!」と答えるブランクさん、それはどんな確信を持った上での答えなんだw
 で、結局答えははぐらかされたけど、どっちなんですか!? 気になる!
 いい感じに一課長を応援して、バツに突っ込んで退場。メガネを外してるのは安全対策っすかね。いやもう、なんかこう……すごいな……


◆あざといオジサン・ヤマさん


 ビデオ通話の操作ができない。
 スマホのインカメラに入れたかどうか、「入った?」と尋ねる。
 大福がスマホを伏せた後、画面が見えなくなったのでずっと「平井?」と尋ねている。
 あざといオジサン!!!!!!
 もうこれ言うの何度目だよって話ですけど、ホント今期はヤマさんがあざとかわいいオジサンになってると思う。何? 何推しなんですかこれは!?


◆幸せを運ぶ動物


 実は元々は牛柄だと思ってたネイルが、被害者との付き合いを経て幸運を運ぶダルメシアン柄になる。
 めっちゃエモい話やん……被害者が亡くなった後もダルメシアン柄なんだぜ……
 今回、ぶっ飛び話に見せかけて切ないお話でしたけど、こういうところが上手かったと思う。玉森さんと被害者の交流、心境の変化がちゃんとあったのがわかるって、大事。


◆大福の頭をちょんってするヤマさん


 クイズのカードを覗き込む大福の頭をちょん。
 大福とヤマさんは普段からイチャついているが、ここのやり取りはなんかドキドキした。
 別に性的ニュアンスがあるからとかじゃなくて、私の中の性癖が反応したということです。ヤマさんみたいなオジサマに頭をちょんってされたい……


◆陶芸教室に通う小春さん


 結構出歩いてるのかな、小春さん。一時期に比べたら結構「外行ってきた」みたいなセリフが増えたと思う。一時期はマジで引きこもってんのかと思うレベルだったし……
 ビビちゃん連れていけるの、いいなぁ。ネコ同伴可の陶芸教室、実際あったら繁盛しそう。


◆今回の大捜索


 省略されてはいたけど、総当たりもいいとこだな……
 いつも以上の大捜索といってもいい。ブランクさんまで駆り出されてるわけだし。珍しく大福もこの手の大捜索に出張ってる。
 まぁ、それらの理由は今回のアーティスト枠に繋がるわけですが。


◆日向石雄


 今期もアーティスト出演枠あってワロタ。
 GLIM SPANKYのお二人より、演技が自然だな……(GLIM SPANKYのお二人も好きですよ)


◆お前……誰だ!?


 リアタイ時、どこから出てきた犯人かちょっとわからなかったw 被害者の同僚だった人ね。名前がセリフで出てきたのは、たぶん真相解明時が初です。
 この犯人さん、『一課長』の犯人の中でもガチクズ度が高かった。目的は金、殺人の理由は断られて逆ギレですからな……しかも罪をなすりつけるオマケ付き。大岩一課長の対応は優しすぎるくらいだぜ。

海野 「1000万円をもらったダルメシアンは、幸せになったでしょうか」

 言うまでもなくこれは玉森さんのことで、このセリフを見るに海野さんも玉森さんからの気持ちに自信が持てなかったんだろうなぁ(そりゃ玉森さんと揉めてたし)と思うと、切なさマシマシである。


◆アイシテル


 これ、ガチでコナンくんで同じネタ見たぞ。
 というぶち壊しの一言はともかく、ここは大福もとい斉藤さんと、玉森さんもとい井桁さんの演技がすごいよかった。女優さんってすごい……


◆モテテク


 空気読めないクイズ脳かと思えば、海野さんなりに、玉森さんに合わせようとしてたんだなぁ……
 ってところがマジでよかった。今回、こういう小技が効いてたと思う。泣けるぜ。


◆根っこがしっぽの答えは


 小春さんが答える。
 ビビちゃんの「寝顔」かわいいー!
 これ、撮影する時、どうしたんだろう。ビビちゃんが寝るまで待ってた……?
 っていうか、「はぁ、スッキリした」ってまさか大岩一課長、今回ずっとこれ考えてたとかないっすよな!?



簡単雑感


 被害者のクイズのくだりは演出含めてやはり完全に『遺留捜査』なんだけど、今回はゲストヒロインの勝利である。井桁さんよかったよ。終盤の表情とか、視聴者の涙腺が潤んだもの。『仮面ライダーゼロワン』、途中から見なくなってスマンやで。やはり東映特撮モノに揉まれた人は違う。
 被害者も、「コミュニケーションド下手でクイズがコミュニケーション代わりの人」みたいなのがちゃんと出てた。不器用すぎる。この被害者はちゃんと「愛してる」を言おうとしてたんだなぁ、ってのがわかった。
 あとさっきも書いたけど、今回はちゃんと被害者とゲストヒロインの心の交流が事件に沿って描かれててよかった。流れからはみ出て不自然なことになってるみたいなことがなかったんでよかったです。
 大福が被害者のクイズまで解いちゃうのは、大岩一課長じゃなくてええんか……とは思ったけどw
 まぁでも、『一課長』はチーム戦なので、必ずしも主役が出張らなくてもいいと考えると、遊軍担当の大福が解いちゃうくらいでいいのかもしれない。大岩一課長は犯人逮捕の決め手になるフリーペーパーに辿り着いたのでそれでよし。



次回予告とか。


 最先端殺人事件。技術の話ではなさそうです。
 被害者は寺門ジモン。ダチョウ倶楽部コンプリートやんけ!
 次回は深沢さん脚本。今期はメインライターじゃなかったね……




タイトルとURLをコピーしました