【警視庁強行犯係 樋口顕】第1話 感想

警視庁強行犯係樋口顕
スポンサーリンク

第1話 正義

ゲスト:塚本高史、前野朋哉、サンシャイン池崎、天木じゅん、大河内浩

脚本:大石哲也
監督:児玉宜久


 時間がないのと、他ドラマと2時間でかぶったのと、体調があまりよくないので、今回は簡易で。


全く伝える気がないから公式をちゃんと読んでほしいあらすじ


 ジャスティス!!!!!



この話の見どころ(簡易)


◆樋口さんの涙


 まずこれ。
 これは特殊性癖とかじゃないと信じてますが、内藤さんの絶望顔とか泣き顔が……私は好きです……
 やっぱり内藤さんは、生々しい感情を吐き出してる時が一番好きです。他のそうじゃないキャラがダメとかじゃないんだけど。
 なもんで、終盤のあの問答は内容には殆ど興味なかったけど、樋口さんが泣いたり怒りを顕にしてたんでめっちゃ好きです。冷静なだけじゃないのが樋口さんのいいところ。


◆正義とは? 警察の存在意義とは?


 それだけに、このテーマから逃げちゃうようなオチになったのは残念。あんな配信見せられたら、世論は一気に警察寄りに傾くに決まってるじゃんみたいな。照美ちゃんを誘拐して樋口さんに迫るなんて、犯人のやってることにひとつも正当性がないのだから。
 そして、その後の世論の様子を見せなかったのも逃げを感じる。逃げというか尺の問題かもしれないけど、それでもそこは残念だった。
 いや、あの演出からするに、世論=視聴者であり、その後の結末は視聴者に委ねたいってのはわかる。わかるけど、そこには委ねたらダメな部分もあったんじゃないかな。せめて、「樋口さんの行動は称賛された」「しかし過去の警察の怠慢は避難された」とか、それぐらいの顛末はあってもよかんべ。なんのための矢田亜希子だよ。そのためのマスコミじゃねーのか。
 っていうか、あの照美ちゃんのコートに付いた血は一体誰のものだったんだろ。言ってたっけ?



簡単雑感


 「私は内藤さんのどういうところが好きかな」ってのが再確認できたので、今回はよかったです。
 照美ちゃん、相変わらずたまにトンチキなことも言いつつ、着々と「刑事の娘で不運枠」になりつつあるな……



次回予告とか。


 次回からは1時間。
 サブタイは「蹉跌」だそうです。

タイトルとURLをコピーしました