【警視庁・捜査一課長2020】第12話 感想

警視庁・捜査一課長
スポンサーリンク

第12話 ヤギは見た!? 都心でメェ〜と鳴いた4人の美人容疑者

ゲスト:柳生みゆ、しゅはまはるみ、ねお

脚本:深沢正樹
監督:木川学


 サブタイがわかんない……wikiに載らなくなっちゃった……

※サブタイつけたしました


全く伝える気がないから公式をちゃんと読んでほしいあらすじ


 その境界線はどこでしょうかね。



この話の見どころ


◆ブランクさんのボケを拾わない大岩一課長


 あの鳴き真似はブランクさんなりのボケじゃないのか。
 どっちにせよ、拾ってあげないで流す大岩一課長、罪深いと思うんだけどw


◆武藤さんの真似する大福かわいい


 かわいい。


◆動画撮影のスマホにピースする大福かわいい


 かわいい。


◆武藤さんの薀蓄を受け流すヤマさん


 ボケを受け流すのもツッコミスキルのひとつ、なんだけど、それをやれるのはヤマさんぐらいだからな……


◆それってどっち?


大福 「私の上司も時々なんか変な無茶振りしてくるの、本当嫌なんですけどね」

 これは……大岩一課長のことなのか、ヤマさんのことなのか、判断に困るな……
 大福がこういう軽い調子で言うならヤマさんのことなんだろうけど、「無茶振り」っつーたら大岩一課長な気もするし。でも変な無茶振り、っていうたらやっぱヤマさん……?
 ここで迷われるからアレなんですよ大岩一課長。普段の行い!


◆科捜研の人の後ろ姿


 どこかで見たことあるよ! 木曜夜8時に見たことあるよ!


◆板木「実は私も靴底をすり減らすのが趣味なんです」


 ドMは言い回しがオシャレだな。
 しかし、このセリフの元になったヤマさんは、別に趣味で靴底すり減らしてるわけじゃないんですけどもね……


◆飼い猫の鳴き声も区別つかない飼い主の恥


 大岩一課長。ビビちゃんの鳴き声もわからないなんて、愛猫家失格っすな!
 いやあの、冗談です。私も区別つくか怪しい。
 しかし小春さんは区別つく。さすが小春さん! ついでに、鳴き真似かわいいよ小春さんかわいい。


◆大福も照れるのか


 大岩一課長の前だからですからかね?
 鳴き真似しててもかわいい大福、テレてもかわいい。


◆YouTuberと一緒に撮影している笹川刑事部長


 本来ならばめちゃくちゃインパクトあるシーンのはずなんだけど、普段の行いと今回の話のせいで、まだマシというか理解できるシーンになってるのホント酷いw
 ちなみに、笹川刑事部長と大岩一課長は以心伝心の仲なんだそうです。そうかなぁ?w


◆今回の発見は板木さん


 めっちゃ嬉しそう。こっちまで嬉しくなる。よかったねぇ。



簡単雑感


 「鳴き真似」でごまかされてるが、「何をもってパワハラとするか」論みたいな話だった。
 こういう話って要するに「受けた側の気持ち次第」みたいな結論になるしかなくて、だからどうしてもモヤモヤが残る。だって、「受けた側の気持ち次第」なら、加害者側にも一理あるみたいな話になっちゃうじゃない。
 こういう話って難しいよなぁみたいな感じだった。別に『一課長』だからとかじゃなくて。



次回予告とか。


 次回は偽シンデレラの話。はくばのおうじ!




タイトルとURLをコピーしました