ダンス&ショータイム!

雑記
スポンサーリンク

最近、「ほぼほぼ」って流行ってんの?



以前、スマホのテレ朝サイトから応募した『京都地検』グッズが当たりました。
やった!
自慢じゃないけどこの手の懸賞は一度も当たったことがないので嬉しかったです。テレ朝からの封筒がものすごく嬉しかった。
「これはもう今年の運使い切っちゃったんじゃないのー?」とか思いながら封を開けました。

DSC_0010.jpg

なにこれ。
えっ、いくらなんでもショボくね?
ゴメン、前言撤回。いくらなんでもこれに今年の運を使い切るのは嫌だ……
ちなみにこれ、光ります。ボタンを押す度に光るパターンが変わります。
動画で御覧ください。(FC2動画に飛びます)
妹に見せたら、「ふーん……だから?」とのことです。まあ、大体その通り。





誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

密会の宿10
×
「映画を撮りたかったんだよぉ!」
相島一之が久々に犯人役やってた気がする。しかも完全に自分のためだけに人を殺したクズ。放送当日の関東テレ朝再放送は、よりによって相島一之がゲストの『科捜研』でした。新4の3話だっけか。そんな感じで最近は「怪しいんだけど実は犯人じゃありませんでした」パターンばっかりだった気がする。
隆さんは官能小説のお気に入り濡れ場シーンに今後の参考としてマーカーで線引いてるムッツリスケベ、ということはよくわかった。お前、それを女将で試そうってのかオイ。
あとラストで岩城滉一が腹をぶっ刺されてんのにずーっと主人公たちの語りに巻き込まれてたのがある意味面白かった、とかぐらいですか。
それ以外は特に……


山村美紗サスペンス 黒の滑走路3

前作辺りよりはかなり見やすくはなってました。主に浅野ゆう子のキャラが。なんか前までのあれは「ドS」ではなくてただの性格ひん曲がったオバチャンだろうっていう。
コメディタッチなエンケンとコミカルにやり取りをする浅野ゆう子、中村靖日のキャラ、お馴染みのもみたんとかは堪能しました。
事件は、悪くはないけど入れ替わりトリックであることは序盤から明らかだったし、そもそも入れ替わった彼女が現場にとどまる意味が不明なので……うん。
でも最後まで浅野ゆう子の「綺麗事」を否定し続けた犯人たちは新鮮でした(最後に泣いたのも、死んだ夫の冤罪が晴らされたからだしね)。
そういや今回、金10枠の「なるようになるさ。」の浅野温子とのW浅野対決だったわけだな。今度秋ぐらいに「抱きしめたい!」のスペシャルドラマをやるんだったか。W浅野対決だと温子が勝ち組なんだよな……


天才刑事・野呂盆六8
×
ここ数回このシリーズをやる度に毎回言ってるけど、もう長坂先生に脚本を書かせるのはやめろって。もうこのシリーズ終わらせて『赤かぶ検事奮戦記』やろうぜよ。土ワイOPの橋爪さんだってあれは『赤かぶ』さんだべ?
ということでお話は前作よりはかろうじてマシだったけど安定のダメさ加減だったし、今回のヒロイン兼犯人の大地真央がもう目も当てられん。前回の萬田久子に勝るとも劣らないダメさ加減。元々が舞台の人だから多少は大目に見ようと思ってが、それ以上にダメだアレは。
それとパソ子とマタハリはただの被害者です。パソ子なんにも悪く無いじゃん……そんなに気に病む必要はないよ。マタハリも死んじゃって可哀想に。
ということで、ヒロイン兼犯人をもっと魅力的な人にして脚本家をすげ替えてくれれば後は特に言うことないです。橋爪さんがかわいいです。



あとは日常とか映画の感想とか。


来週の土曜日、8月17日の正午からBS日テレで火サス『分岐点』を再放送するぞー! 内藤さん主演の変則シリーズのアレですよ。
シリーズで唯一再放送してくれないとかケチ! とか思っててすんません。やってくれてありがとう。
忘れないようにしないと。





なんか別のところで以前書いた気もする土ワイOPネタ。
私が現行2サス枠の中で特に土ワイを贔屓しているのは、OPがちゃんとあるからというのも大きいです。しかもクオリティ高いよね。月ゴーはOPないし(ダイジェストみたいのはあるけど)、水ミス・金プレはアイキャッチ並の短さだし。今はなき火サスはOPがあって素晴らしかった。



個人的に覚えてるのは3番めのヤツからなんですが、なんで使用期間が短いこれを覚えてるのかっていうと、たぶん『あなたの愛になりたい』を使ってた時期だからだろうなあ。私としては今でも土ワイEDと言ったらZARDでもKiroroでもなく辛島美登里ですよ。どれも名曲だよね。
4番めのヤツはBGMがアリプロなんだよね。これはガチで怖かったよね。でも見るとワクワクするよね。
で、現行のOP。フォトレタッチで各長期シリーズの主人公たちがいるということで、一度自分の目だけで確認してみようと思ったら無理だった。
なのでwikiさんに頼ってみたらば、こういうことらしい。

法医学教室の事件ファイル西村京太郎トラベルミステリー火災調査官:紅蓮次郎温泉若女将の殺人推理タクシードライバーの推理日誌救命救急士・牧田さおり牟田刑事官尼さん探偵シリーズ赤かぶ検事奮戦記終着駅シリーズ事件京都殺人案内家政婦は見た!江戸川乱歩シリーズ・明智小五郎

ああ、なるほど!
特に中盤のごちゃっとしてたところがわかってすごく嬉しい。すげぇ!
しかしケチをつけるわけじゃないんだが、ひとつわからないことが、
最初の『法医学教室』『トラベルミステリー』の間、扇子持った着物の女性が出るけどこれは誰だ? 私には片平なぎさっぽく見えるんだけど、なぎさの土ワイシリーズで着物を着るシリーズなんかあったっけか。それともこれは『トラベルミステリー』のワンシーン? え?
ご存知の方、情報提供お待ちしております。
私は4番めの金田一耕助風と現行OPが好きです。それにしても現行OPになってからもう10年近く経ってるとか嘘だろ。





妹と映画を見て来ました。
土日に行こうね、と約束していたんですが一家で風邪をひいたりなんだりで長引いてたので。

「じゃあ、映画行こうか」
「んー、でも風邪がなぁ……んんー」
「なんだよぉ、その反応……じゃあ、私ひとりで行こうかな」
「……ぐすっ」
「またあんたはそういうこと言って! ダメじゃない、この子は一緒に映画を見に行くの楽しみにしてんのよ!?」
「え、あ、ごめん。嘘だよ嘘。一緒に行こうね」
「……うん」

そんな小芝居があったとかなかったとか。
ということで朝早く起きて映画館に出かけたのですが、いやぁナメてた。夏休みの日曜日ナメてた。子ども含めて客がいっぱいいて、開場に間に合わなかった……チケット買うだけで15分以上かかったぞ。おかげで冒頭見逃したし。
私はテレビ版のキョウリュウジャーも仮面ライダーも、何回か妹と一緒に見たぐらいでおおまかな設定しか知らない状態で見ました。なのでトンチンカンなこと言ってたら申し訳ない。ネタバレ全開でいきます。

『劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック』
正直に言う、美琴ちゃんの胸と太ももばっかり見てた正直スマンかった。いやぁ、最近の子は発育がいいねぇ。程よい露出だったし、美琴ちゃんが何かする度に胸がぷるんぷるんしたり谷間が見えたり太ももがちらちらしてたり。程よくむちむちしてて、実に素晴らしかった。
冒頭5分を見られなかったせいか、話の始まりがよくわかりませんでしたが、それでも面白かった。
テレビなどでも見るように、相手の攻撃をよけながらサンバダンス変身をするキングを見て隣に座っていた男児が「すげー……」と心奪われてました。
話自体はテレビシリーズ同様、実に王道なヒロイン救出物語でした。しかし圧倒的に尺が足らん。30分ほどの作品だったのが本当に惜しい。
一番の収穫は、キングもまた男性主人公の恋愛方面スキル「難聴」を会得してたことでしょうか。いやぁ、こりゃあアミィちゃんも弥生ちゃんも先長いわ……
と思ってたら、今日のソウジ回もソウジ回で酷かった。何がってスペシャルドリンクのどろりん加減もそれを飲んだみんなの反応も、その感想を作った本人に伝えちゃうソウジ含めたキョウリュウジャーみんなが酷かった。
ついでに言うと、敵が低反発まくらで攻撃防いでYes/爆炎まくらで攻撃したりしてたぐらい酷かった。いや、褒め言葉ですよ。

同時上映、『劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land』
ギャグもシリアスも程よくあってよかったです。瞬平くんや凛子ちゃんだけじゃなく、輪島のオッチャンとドーナツ屋店長が変身しても全くおかしくない世界ですよ。劇場内で一番どよめきが起こってたのは、輪島のオッチャンがポーズを決めて変身してたとき。しかもラストでオチに使われてたし……
こちらは冒頭を見逃したわけじゃないんですが、いきなりコヨミちゃんが金色の魔法使いに捕まってて「え? テレビシリーズに出た?」とか思ったけど妹曰く出てないらしい。なんという端折り方。
魔法使いだらけのこの世界では魔力を持たない者は異端であり出来損ない、それに対してコンプレックスを抱き続けて歪んじゃった(歪まされた)マヤ大王も、母親を失い魔力も失ってしまったふんだり蹴ったりの少年シイナも、元の世界では幸せそうで何よりです。うむ。
魔法使いばかりの世界ではファントムが一般市民にフルボッコにされてて、むしろファントムにとっての絶望の世界じゃねーのコレ。いやこの魔法使いだらけの世界もファントムだったソーサラーの陰謀だったわけだが。
そんな世界に飛ばされて、相手の大切さを改めて感じた晴人とコヨミちゃんの壮大な愛の話でした。一体、劇中で何回お互いのことを呼び合い相手の手を取ったのか。コヨミちゃんかわいい。
今回のラスボス、仮面ライダーソーサラーでありファントムである陣内孝則が超ド悪党すぎて、スマンちょっと笑ってしまった。いや、普段とのギャップが……
「たったひとりの絶望が世界を巻き込み破滅させる! それこそが最高の『悲劇』だ!」(うろ覚えだけど大体こんな感じのことを言ってた)とか、いやぁオーマ大臣マジで超ド悪党。惚れるわ。そのためだけに家臣を演じ続けるとか、気が長いというか回りくどすぎることするなぁ。
瞬平くんも凛子ちゃんもカッコよかったけど、仁藤さんもカッコよかった。仁藤さんにとっちゃ、ファントムの魔力を喰らう必要がない分魔法使いの世界の方がよかった、のだろうか……
その魔法使い世界は、ソーサラーがクリエイトリングの力で元の世界を書き換えて作ったもの。ウィザードがソーサラーを倒したことで上書きされ直し、魔法使い世界は消えたってことでいいんかな。もしあのまま魔法使い世界が残ってたら、マヤ大王は市民を騙したことで責められるだろうし、シイナは敵の陰謀の生贄にされて母親が骨になってるってことでものすごくエグいので、たぶん上書きされて消えちゃったと思う。思いたい。
こっちも、あともう少し尺がありゃーなーとか思いましたが、子どもの集中力を考えるとこれが限界の尺なのかも。私が見た劇場では割と皆さん静かに見てらっしゃいましたけど。
あー、あとひとつだけわからんのは、なんで魔法使い世界ではマヨネーズが生きてるの? これもまた魔法の力なんでしょうか。しかしなんでマヨネーズが泳ぐんだ……泳いで何の得、いや意味があるんだ……

タイトルとURLをコピーしました