damp damp

雑記
スポンサーリンク

暑いのもしんどいけど、まず何より湿気だ。湿気がまずい。本気で湿気の中に沈みそう。もう本当は、人間が「地上」と思ってるこの場所も水の中に沈んでるんじゃないか?





誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

ショカツの女12 新宿西署 刑事課強行犯係
×
ここまで来るといっそ泣けるな。話の支離滅裂さがすごかった。
色々あるけど、とりあえず結局通り魔事件は最後に新聞で解決させるぐらいならいらなかったんじゃ。というか、立てこもり云々からダラダラやってたくせに通り魔事件含め、メインの殺人と立てこもり以外は全部ぶん投げたよな。なんだコレ。
なんかみんな、常識だったり良識だったり感情だったりが振り切れてて、正直ついていけませんでした。見てて一番ホッとしたのがヤナさん、ギリギリ青野くんぐらいだっていうのがなんとも。
立てこもりの人質になってしまったあの子は、事件には本当に全くもって関係ないのに、ただ犯人の元恋人だってだけなのに、しかも捨てられて身籠った子どもを流産してるぐらいなのに、(犯人に殺意はなかったとはいえ)銃まで向けられて可哀想に。アレは解放後にぶん殴られてても文句は言えない。
ある時以降からのこのシリーズは、色々と設定やら展開詰め込みすぎ・盛り込み過ぎのくせに終盤ダラダラしてラストは尻切れトンボみたいな印象しかないんですけど、これは誰が悪いの。ナンチャンの演技がどうこう以前に話がダメすぎてどうしようもない。


警視庁南平班 七人の刑事9

誘拐事件発生してて人質も救出できてねーのに、お前ら揃いも揃って呑気だな! 犯人に人質への殺意はなかったっぽいのは早々に見破られてたけど、真相知っちゃうと、あれは下手したら殺されかねない感じだったけどな。
全部あのクズ親子が悪い。誘拐被害者の美咲さんは本当に純粋な被害者なので、生き残ったあのクズ親子+自分の父親をぶん殴っていいぞw
結局、南平班貯金はこれから先なしなのかな。南平さんが出してた数万円の行方は一体。
そういえば、作中じゃマエケンについては触れられなかったな。公式では一応触れてるけど。急な代役だったみたいだから脚本変えようがなかったんだろうけど……





『逆転裁判 その「真実」、異議あり!』。第14話・第15話の『再会、そして逆転』をまとめて。

第2クール突入でストーリーも『失われた逆転』を飛ばして『2』へ。OPにも『失われた~』のメンバーはいないので、飛ばされること確定。マコちゃんと黄色いバナナ……
OPもEDも、第2クールの方がアニメーションも曲も気合い入ってないか? どっちも第1クールより今期の方が好き。
OPには矢張いるけど、もしかしてアニメには出てくるんだろうか。原作の『2』には出番ないけど。
EDはまさかのはみちゃんメインキャラ。+タイホくん推し。そして動物勢大集合と「かわいい」推し。……タイホくんだってかわいいだろ! いい加減にしろ!

確か原作のこの話では、メイントリックでなるほどくんの推理ミスがあったとかで話題になったけど、アニメ版では一応回避されてる……のかな。まだわからんが。袂の弾痕の代わりの御冠なんだろな。
でも霧崎先生が拳銃を持ってた理由はちゃんと明かされててよかった。原作だと謎だったもんな。
「扉をぶっ壊します! いいですね? 扉の修理費の請求は成歩堂法律事務所へどうぞ!」がなくなってて悲しい。でもその分、ナツミさんが(まだ)マトモになってるからトントン、みたいなもんなのかな。扉ぶっ壊して中に踏み込む判断するところは男前すぎた。

肝心のはみちゃんだけど、声がついて動くだけで破壊力すごいな。かわいすぎる。全国のロリコン歓喜。EDでもメインキャラだし。法廷の助手席にロリはみちゃんのままいるのが見られるのは貴重だよな。原作だと千尋さんが降りないと、いるのかいないのかわかんないもんな。
で、霊媒のことにきちんと裁判長がツッコミ入れてて笑った。それでも誤魔化されてしまうのが裁判長なんだけど。

もうひとつのメイン追加キャラ・冥ちゃん。なんか想像と違う……あまり滑舌がよろしくないな。舌っ足らずというか、ちょっと引っかかる感じがある。でもかわいい。声はこれぐらいパキパキしてる方が冥ちゃんのキャラに合ってると思う。

で、久しぶりに現世に降りてきた千尋さん。アニメで見ると本当にギリギリすぎて笑うw 「さすがにムネがキツいわ」のインパクトがヤバいわw 一応、アニメのなるほどくんははみちゃんin千尋さんには照れるんだな。
なんかアニメの流れだと、霊媒されなくても千尋さんは普通に現世の情報手に入れられてるようにも見える。留置所内で真宵ちゃんが千尋さんを降ろした様子もなく、普通にいきなり裁判中に呼ばれてきても現状把握してて、なるほどくんに的確なアドバイスしてるもんな。千尋さんマジぱねぇ。さすがなるほどさんのお師匠様やで。
そういえばアニメだと、真宵ちゃんは1回しか千尋さんを霊媒してないんだな。たぶんこのままの様子だと、留置所で会うこともないだろうし。そしたらあの恐怖演出もないわけか。
っていうか、個人的にどうビジュアル表現されるか楽しみにしてたサイコロックが、アニメだとカットされそうで驚いた。でも確かに、サイコロックって原作の探偵パートを単調にしないための工夫だそうなので(『2』のコラムより)、単調になりようがない(むしろ尺が足りてないぐらい)アニメだといらないのか。それに、原作でも意外にサイコロック否定派いるらしいし。





時代が変わるかもとか変わらないかもとか、世の中では様々な風が吹いてますが、とりあえず我が家にも新しい風が。
超弩級機械オンチの母と妹が、ガラケーを切り捨てゆくウェブサイトの時代変化についていくため、とうとうスマホへ機種変更。機械オンチなのに、説明書なんかハナから読む気ないのが本当に困る。
そのくせ『これ一冊でよくわかるスマートフォン入門』みたいな分厚い本は買ってきてる。「あっ、ひとりで家電量販店行かせられない」と思った瞬間。
このまま放置してても絶対にすぐまたショップへ駆け込むはめになることが予測されたので、私が初期設定をしながらよく使うアプリの簡単な操作説明をしよう、と思いきや、少し目を離した隙に2人揃ってスマホを上下逆にケースに嵌め込んでしまい、スマホがケースから取れなくなる非常事態。
母と妹は「血は争えないねー!」と笑ってましたけど、割と笑い事じゃないレベルでスマホがガッチリとケースにハマり込んでてどうしようかと思った。なんであんなガッチガチなんだ。なんとかケースを壊さず取り出したけど、力ずくだったのでその時に指の皮が剥けて痛い。
そもそも「機械オンチ」なんてレベルにも到達していなかったことが判明したこの2人のスマホライフをどうサポートすべきか。
そこに、私よりも早くスマホを持っていたのに何故か未だ私にスマホの操作方法を尋ねてくるし、下手したら私にやらせようとする父も加わり、我が家で「よくわかるスマホ操作入門講座」を開くはめになる三連休。
人に何かを教えるって、本当に難しい。家族相手でもかなり体力気力が削られるんだね……2時間ぐらいみっちり教えてたら、本当にちょっとぐったりした。
妹は若さ故の柔軟性と吸収力でどうにかなりそうですが、問題は父と母だな。どうしよう。



タイトルとURLをコピーしました